(8)供養の意味

質問者:ハイル禅師 人形供養や電化製品の供養祭など
が実際にありますが滑稽に思います 生物でもないのに
供養が必要でしょうか?

私:人形などのいわゆる「ヒトガタ」や電化製品などは 
人の念や霊が憑依しやすい性質があるが 供養祭には
霊を懐柔して除念する意味があり モノに対する供養は
無意味ではありません

現代人は科学的なモノの見方や唯物的な考えを持つ
ことが識者の箔のように思っているが 万象は霊であり 
物質とはエネルギーが変換した姿であるから 
人間が重視する物質や物体は形骸なのです

物質がエネルギーの変換であるから霊が空間に物質を
消したり地上に物質を出したりする事も可能なのである

長い間人間が家庭で使用してきた機器には人の念が
籠る上に微弱な電磁波が流れており 霊も電磁波で
あるから波長が合い憑依するのです

また人形でもヒトガタに近づくほど生霊や死霊が入り
やすく 髪が無制限に伸びる人形などは確実な憑依
の影響であり 独自の人格も持っております

故に物質や物体に対する供養と観ると滑稽に感じるが 
モノに憑依する霊や残留思念に対するものだと思えば
得心が行くわけで 供養祭は必要不可欠なのである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて