(42)霊的ランクの違い

質問者:ハイル禅師 私は霊能者ですが邪霊や幽霊など
は自分の霊体で触ったことがあります だが神様や仏様
は触るどころか見たこともない なぜ見えないのか詳しく 
答えてほしい

私:神は五次元の存在ですから 神が見える人の霊格
は神位と呼ばれるレベルとなります 神は非常に繊細で
超微粒子のような微かな存在であり 神と同格のランク
でなければ見れません

だが仏様なら見れる霊能者は存在します 神より物質
次元に近いからです その仏様でもまだ見れなければ 
さらに自分の霊的ランクが低いといえます

住吉大社の神様がお爺さんの姿(現人神)で
大本教の出口王仁三郎氏が参拝に来た時に
声を掛けられています

「あなた両肩には国の将来が掛かっているので
頑張ってくだされよ」という内容だったようです

大本教の出口氏は神様が見えるレベルです

私も小さい頃 幽霊を見て体が動かなくなった経験が
あるし 弟もお爺さんの幽霊に会社の寮で腕を夜中に
捕まれたので掴み返したそうです

霊というものは高レベルで上の霊界に上がるほど繊細で
微粒子になり 下に下がれば下がるほど波動が荒くなり
粗粒子になるので 普通の人でも見えたり触れたりする

結論として 神が見える人は神界となり仏様が見える人
第一天国である如来界の霊層でなければ難しいと言える
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて