(17)神罰の存在

質問者:ハイル禅師 神罰と言うのが本当にあるの
でしょうか?

私:神聖な場所や特別な場所で人が不敬を行った時に
下されるのが神罰といいます

神罰は神霊が直接人に罰を与えることはほとんどない
のですが 教祖レベルなら稀にあるぐらいです
実際は神霊の眷属と言われる龍神・稲荷狐・蛇神が
神罰を直接行うものです

神罰の度合いはその人の不敬の度合いによっても 
神罰を与える側の霊力や手加減によっても変わります

最悪 不敬が過ぎると半身不随にされたり
事故死させられたりすることもあります

人間というのは基本無知であればあるほど
傲慢で無礼なことをする頻度が高くなるものです

霊能者か霊眼が開いている者でない限り霊は見えません 
だが確実に存在しており 死後はどんな人でも霊能者の
ように霊が見えるようになりますが 多くの人にとっては
生きているときは肉体のあるものしか見れないものです

ですが神域や特別な場所での行いは絶えず監視され
ていると認識して行動するようにしてください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて