(4)先天と後天の修行

質問者:ハイル禅師 先天と後天の修行の違いとは
何ですか?

私:人は輪廻転生しながら御魂を磨き 最終的には
「神人合一」がゴールとなっていますが 大部分の
人はサラリーマンや自営業などを営み普通の生活を
されています

しかし何回も生まれ変わりせずに最短距離で神様
や仏様と合一しようとされる方がいます

それが後天の修行です 滝に打たれて精神や肉体を
鍛えて川下から上がっていくわけです

それに比べて先天の修行と言うのは行(ぎょう)は
行わずに毎日「神に祈りを捧げています」
それも内容の濃い祈りで純真で執着なく
自分の命を顧みない境地での祈りです

また後天の修行で成功できる人は1%にもいたって
おりません 少しでも欲心があれば邪気・邪霊に
感応するから非常に難しいからです

「この俺に霊能があれば世の中をよくできるだろう」
とかも駄目なのです

その点 先天の修行では神霊がかかりやすくなります
自分と言う我見を捨てて愛念が極まっているからです

先天の修行で神が降臨した人はジャンヌダルク 
中山みき(天理教) 出口ナオ(大本教)などです

後天では「役小角」が有名でありますが 彼には
神霊が直接降りて指導されているので先天の修行
に入ると指摘する人も居ります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて