(96)突然の災難死

質問者:ハイル禅師 地震や災害 或いは事故などで
若くして亡くなる方がいますが 偶然なのでしょうか?

私:決して人の運命に偶然はなく 特に一般的に若くして
亡くなることを夭折と呼び 阿含の桐山清雄氏は応変死
の因縁という言い方をしておりますが 実は生まれながら
に「天の命数」で決められているのです

詳しく言えば若くして亡くなる方の過去世に原因があり
例えば70歳で寿命の男性が50歳で自殺をすると
残り20年の課題をクリアしていないので 課題を
来世に持ち越すのですが この場合 寿命が20年と
決められてしまいます

これを「再生御魂」(さいせいみたま)といいます
要するに来世は前世の残りの寿命となり その年齢が
来ると地震・事故・災害などで強引に寿命となります

このようにあまりに若くして亡くなると私がこれまでに
述べてきたような 徳を積んで寿命を延ばす造命
(ぞうみょう)もできません

私自身の体験では 私が24歳の時に観音様に因縁を
半分抜いてもらいました 執着を捨て御玉串をドンッ!
と出したので恩赦を施されたのです

私自身 24歳で悪因縁を五割抜いてもらっていなければ
本能的な直観では27歳が寿命だったと思っています

寿命を延ばす機会もなく 若くして亡くなる方がいることは
非常に残念に思いますが それが神より与えられた時間
なのでありましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて