(93)印鑑の霊的な意味

質問者:ハイル禅師 親から譲り受けた印鑑を使用したり 
一種類を使いまわしにしたり また未婚の女性は名字が
変わるので 印鑑は作らなくてもよいのでしょうか?

私:印鑑の基本的な知識ですが 印鑑はその人の
分身となるわけで運を切り開くエネルギーを宿して
いることから 印相学と呼ばれる学問があるのです

まず親から譲り受けた印鑑は保管して あなた自身の
分身である印鑑を作る必要があります 印鑑はその人
の分身ですから当人に最適な印相によって作印されます

また印鑑はその方 一代で終わるべきであり 親の印鑑
を受け継いだり 子供に譲ることは好ましくない

さらに一種類の印鑑の使いまわしは運気を損なう為 
よくありません 認印・銀行印・実印と用途や運気の違い
があるからです 銀行印一本の場合は実印や認印として
の働きの運気が下がります

最後に未婚の独身女性の場合は実印と銀行印は
名前で製作して 認印を名字で作れば 結婚後も認印
以外はそのまま使えます 認印だけ作り直して下さい

個人用印鑑の場合は実印・銀行印・認印の三種類で 
ツゲの材質で合計十万円以内の印で充分です 
水牛・象牙は「邪気障り」を有する場合がある為 
ツゲが最善であります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて