(71)火魔からの回避力

質問者:ハイル禅師 近所で火災が起きたのですが
風が北から南に吹き次々と家屋が延焼しました
しかしある家のそばで火が方向転換しました
相変わらず風は南に向かって吹いていたのですが
その家は無傷でした この理由を教えてください

私:基本的に火や水と言うものは清めの意味を持ち
浄化作用の働きがあるのですが 燃える理由が
なければ火が移らないのは自然の理であります

理由としてはその家の方が特別な人だった可能性が
あります 例えば先祖代々善徳を施し 家の悪因縁
も個人の悪因縁もほぼ消滅状態であったか
或いは家の代表が神職などに就いていた上に
先祖代々そういう家柄で「劫」(悪行)がなく
霊的汚濁がなかったために火が延焼しなかった
のでしょう

地震で回りが倒壊して潰れたのに自分の家だけ
無傷とか空襲で全部焼けたのに一軒の木造民家
だけ無傷と言うケースも実際にあります

また火災が起きる地域には「動物霊」が巣食っている
ケースが多く 霊的にもかなり汚染された地域であり
なおさら浄化作用が起こりやすいと言えます

動物霊などで穢れた地域では付け火を快感に思う
精神異常者の「火魔」も出やすいのが特徴です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて