(50)先天運の意味

質問者:ハイル禅師 先天運という言葉を占いコーナー
で見るのですが どういう意味なのですか?

私:先天運と言うのは人が過去世(前世)に於いて
どれだけの功徳や悪行を行ってきたのか推し量ること
によって現世でのその方の命運を言い当てる為の
運勢のことであります

否定者もいますが人の生まれ変わりがなければ
気学・四柱推命・奇門遁甲・姓名判断・手相などの
易学も存在しない理屈になります

易学とは人の持つ「先天運」と「後天運」によって
人がどういう人生を送るのかアドバイスするための
学問の一つなのであります

手相は左手を先天・右手を後天として鑑定するのが
正しい観方になります

気学ではその人の「木・火・土・金・水」と生まれた星
(五黄土星とか七赤金星とか)と生誕月でその人が
初年運か中年運か晩年運かを特定できます

例に出すと五黄土星で12月生まれなら「晩年運」
になります

先天運と後天運を正確に鑑定することができれば
徳分の総量がわかり 徳分の膨大な方が宝くじで
高額当選させる年・月・日まで特定できます

吉方位である方角で自分の体内に祐気を取り入れさえ
(温泉に入るか食事をする等)すれば 高額当選すら
的中させることも出来ますが 厳密には距離の基本値
(100キロ以上)x滞在期間も関係します
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて