(38)打算による祈願

質問者:ハイル禅師 悪因縁を神様に小さくしてもらったり 
神仏に商売繁盛を祈願するのはズルイと思うのですが 
どうでしょうか?

私:例えば北海道から伊勢に参拝された人がいたが 
神がまったく頼みを聞いてくれず がっかりしたという
話がありますが 旅行のついでの意味もありました

遠方から旅費をかけてわざわざ由緒ある神社に参拝
するのは確かに効果は高いのだが 一度や二度の
参拝では神様は余程祈願者に至誠を感じない限り
動くことはないのである

故に悪因縁を神様に小さくして頂くにも いくつもの条件
が必要であるし 商売繁盛を祈願しても人として最大限
の努力をする前提が必要であり 合致しなければ功徳は
薄いと言えます

神仏から功徳を頂くにも自分の努力とタイミングが必要で
あり時期を逸すると駄目であります

悪因縁は前世に自ら撒いた種であり自分が刈り取るのが
原則である為 神仏も縁ある衆生に悪因縁である霊障や
劫を一部祓ってはくれるが全部ではありません

神仏に功徳を頂いても一定の苦痛や苦難は背負っていく
わけで神仏も甘くは無いのである

商売繁盛祈願も同様であり 祈願者の至誠と努力で功徳
が授かる訳で 誰でも祈願すれば願いが叶う訳ではなく
ズルイと思う必要はないのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて