(2)平凡な人生

質問者:ハイル禅師 僕は高望みはせずに
平凡な人生で良いと感じています 
どう思われますか?

私:世間よく 身の丈に合った生活をするのが
良いと言われるが この身の丈が分かるには
極端な体験を色々した方がよいのです

お釈迦様は難行苦行の末に弦はきつく締めすぎても
緩すぎてもダメであり 「中道」が良いのだと悟られ
ましたが 奢侈贅沢な王族生活の中にも 出家後の
難行苦行の中にも真理を見いだせなかったからです

私が言いたいのは若い内から「平凡な人生で良い」
と言っていては平凡どころか 下の下の人生しか
送れないという事です

現世は邪気邪霊が蠢く波動が荒い世界である為
覇気と根性を持って精進努力していく目標がなければ
並の生活も厳しいからである

少年よ大志を抱け!というクラーク博士の言葉があるが
この場合 大志とは「野望」と解釈してもよく 目標を持ち 
日々向上心を持って努力しても五十歳になれば 平凡な
人生かも知れない

若い内から 儒教の「中庸」や仏教の「中道」に拘ると
萎縮してしまう恐れがあります

個性もなく ごく普通のありきたりの人生であったら 
どこにあなたの価値や足跡が残るでしょうか?
気迫や気概を持って精進努力してほしいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



淡路島渡島船中にて