(93)霊主体従の法則とは

質問者:ハイル禅師 霊界と現実界の違いとは根本的に
何なのでしょうか?

私:霊界と呼ばれるのは「四次元世界」の事であり
私たち肉体を持っているものが死後行く世界です

現実界と呼ばれるのは「三次元世界」の事であり
肉体の衣を着た霊が住んでいる世界です
(人間・動物など)

厳密には霊界の事を俗に(実在界)と呼び
現実界の事を俗に(現象界)と呼んでいます

つまり 私たちが生きているこの世界の方が現象界と
言う「かりそめ」の暫定的な生活を送るための期間
(世界)であり 「うつしよ」と呼ばれているから
であります

実在界の「霊界」こそが本当の世界なのです

ほとんどの人間は生まれる際に記憶が消されており
この世こそが全てであると錯覚する方が多い

なぜこの世(現実界)が「うつしよ」と呼ばれるのか
と言えば霊界の写しの世界だからである

この事を「霊主体従の法則」といい 霊界で起こった事
が現実界に移写してくるからであります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて