(34)家系が断絶する理由

質問者:ハイル禅師 家系が絶える理由は何が原因
なのでしょうか?

私:神霊学的見地から言えば 人智を如何に尽くそう
とも家系の場合 絶える時は絶えるわけで 絶家状態
になるには家系の「劫」が重かったと言えるのである

*ただし不犯を誓った聖者等は例外です

孔子の家系の場合 現在でも家系が絶えずに
立派な福耳を持つ子孫がたくさん居ます
 
これは孔子の大きな徳分によるものであり
子孫達もご先祖様の威徳に習い代々徳を積んで
きているのが子孫繁栄の最大の理由であります

家系学的見地から言えば 子孫が祖霊祭祀を疎かに
していた場合や この家系の先祖が不徳な行いを
代々継続してきた場合も家系がいずれは絶える
運命となります

先祖の不徳が多い家系の長男は特に先祖の悪い影響
を受けやすく 長男の運気や健康状態等を見ると
その家系の相対的な運勢が分かる事実がある

長男が健康であり社会で成功して良い家庭を持って
いる場合 その家系は先祖の功労が高く
逆の場合は先祖の罪障が多いのです

子孫が絶えて心配だとか墓守の心配もあるだろうが
憂いても絶える時は絶えるのが天意である為 
当人は自分が出来る限りの徳積みを行う事で
来世に希望を繋げば良いのであります
スポンサーサイト

(33)養子の先祖供養義務

質問者:ハイル禅師 養子でも自分が入籍した家系の
先祖供養をするべきでしょうか?

私:養子であっても自分が他家に入籍した場合は
霊籍がその家系となる為 先祖供養が必要であります

血脈が繋がっている実父母の先祖供養もされた方が
良いですが 自分が養子で入った家の先祖供養が
優先であります

血脈が繋がらないから必要ない!という人もいるが
血脈も確かに大事だが 家系の霊籍も血脈に劣らぬ
濃さがあり その証拠に心疾患の家系が怨念霊で
殺られる場合 血の繋がりの有無は関係なく
家族全員が同じ心臓病の死因になる事が多い

理由としては人は偶然にある家系と縁があるわけではなく
自分のカルマ相応に縁があるわけで
例えば「前世の家系だった」と言う事もある

また現世日本人に生まれると日本人が先祖となり
来世ドイツ人で生まれるとドイツ人が先祖となるが
自分が「縁」があった時代において
供養出来る環境であればするべきです

WMの血統転換秘法は背骨に繋がる御先祖を数十代
遡って霊層を数ランク上げるから血の繋がりが重要だが
普通は養子でも入籍先の先祖供養をされれば
血の繋がりがなくても霊籍供養になる為
その家系の祖霊に守護してもらえます
ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて