(32)仏を敵にした信長の真意

質問者:ハイル禅師 織田信長は天下布武の名の元に
比叡山延暦寺や石山本願寺とも戦いましたが
なぜ仏を敵に回す戦をしたのでしょうか?

私:寺院への手出しは当時も道徳的に御法度だったが 
信長が敢えて禁じ手の寺院に触手を伸ばしたのには
理由があるのです

戦略的な要衝に石山本願寺や比叡山延暦寺があり
反信長で結束したから力で弾圧したのが表面的な
理由だが 霊的な理由はもっと奥が深い

織田信長の前世に曹操孟徳があるが 実は弘法大師
空海も前世の一つであり 仏の道を自身で極めた人
であるから信長で生誕した時には「僧侶は酒を飲まず 
女を近づけず 武器を持たず」が当然の姿であり
実にけしからん!と憎悪したのである

そこで自身は地獄に堕ちようとも天下布武を掲げ 
敢えて鬼となった

また織田信長の守護霊に実は伝教大師最澄がいたが
最澄も同感であり 信長に比叡山焼き討ちをやらせた
張本人なのである

前世では最澄は空海からよく経文を借りていた間柄で
したから この縁で織田信長の守護霊になっていました

最澄は僧侶が肉を喰らい 酒を飲み 武装して権力を
持った寺院に天誅を加えるべく信長に霊的に働き
かけたが 自分が残した天台宗が本来の姿では無い事
が神仏に対して大変申し訳ないと感じたからである
スポンサーサイト

(31)畜産霊の障り

質問者:ハイル禅師 養鶏や養豚の畜産をしたいのですが 
畜産霊の障りはあるのでしょうか?

私:霊格の低い巷の霊能者や宗教家の中には
「蓄霊は一切祟らない」と断言する人もいるが
深い学識と全国霊能者巡りをした私の体験では 
大量に殺生される畜産霊の場合 合体して巨大化し 
畜産家に祟りを及ぼすケースがありました

豚・牛・鶏の全ての畜産家で霊障が存在しております
 
例えば子供の肩から肘がなくいきなり手が生えている
とか 尻尾が生えたとか あまりにも異型の為に両親が
離れ等に隔離していたのである

霊障は親よりも子供に来る頻度が高く 私の知る限り 
生まれてきた時点で既に不具だったケースが多い

畜産動物も 宿命的に食われる覚悟はあるが
処分されることに悪感情を持つのは確かであり
一匹の霊力は弱くとも数千・数万の霊が合体すれば
霊力は絶大となる

しかし一般消費者は畜産家の御蔭で肉を食べられる
わけで無益な殺生では無い為 神仏の罰ではない 

だが畜産家も心の在り方が大切であり 家畜=金で
はなく 家畜も命を持つ動物なので 感謝の気持ちを
絶やさず 六ヶ月~一年に一回でも「慰霊祭」を
神職に頼んで行えば霊障が露骨に家族に出ることは
抑えられます
ハイル語録厳選


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



淡路島渡島船中にて