(79)改心の御魂

質問者:ハイル禅師 刧が重い人より 刧が軽い人の方が
善人なのですか?

私:俗に「改心の御魂」である人で 前世に重い罪を
作ったが霊界で深く反省して現世に生誕した人の場合 
本当の善人であるケースが多いのです 

だがこういう善人は人格者でも途中で暗殺されたり
事故死に遭ったりします 要するに真の善人とは
悪行経験からの改心者のことなのである

よって刧の軽重が善人かどうかを決定づけるモノでは
ないのであります

また刧とは神霊界からの判断では悪業のことだが
例えば多民族国家を運営する為には反対者の粛清や
処断なども厳しくしなければ国家が機能しない場合もあり 
必要悪の場合もあったのである

こういう改革者は 確かに来世で何かと批判されたり 
身体が半身不随になるなど 重いハンディーを背負う事
もある 

つまり良き御魂でも 神仏に刧を積まされる環境や
立場に追い込まれることも多く その試練に応じて
御魂を磨く為です

結論として刧が軽くて社会の役に立たない人よりも
刧が重くても 歴史を作る意味で活躍した人の方が
価値がある人物だと言える

因縁支配の法則がある為 自分のした行為は 
来世に因果として戻ってくるが 人間とは御魂修行の為
に生誕しているわけで 刧がある人の方が 
かえって霊的に進歩しやすい意味もあるのです
スポンサーサイト

(78)鏡の霊的な話

質問者:ハイル禅師 鏡を人からもらったり 
合わせ鏡をしてはいけないのですか?

私:鏡とは昔から人の姿を映し出すモノだが
中古の鏡や他人が使用していた鏡を受け取ると
言霊で先人の「苦」を移すと言う意味がある為
病難や災厄が伝播される事もあるので受け取って
使用しない方が無難だと言えます

ただし新品の鏡はこの限りではない
また鏡はむき出しにしていると
霊界と人間界の扉の役目をする為
霊道になり易く なるべくカバーはした方がよい

合わせ鏡についてだが 三面鏡は合わせ鏡に
なっているが 収納の為でもあり 一体のモノと
解釈するので気にしなくてよい
 
だが別個の鏡を意図的に合わせることはやめた方がよい 
また合わせ鏡実験では47個目まで置物を見ることが
できたと言うが鏡の中は四次元と繋がっており
魔霊などの通り道にもなりうる 

但しいくつかの悪条件が複合しなければ霊障が出ない為 
絶対に鏡にカバーをしなければならないとか 
合わせ鏡をしてはいけないわけではない

因みに御神体に鏡が多用されているのは明治に法令が
制定されたからだが 真の意味は自分の御魂を映しだし 
自霊拝する為でもある
 
御神体は依り代や御霊代があれば良いからであります

(77)徳の高い人

質問者:ハイル禅師 徳の高い人は怪我に遭ったり 
病気になりにくいのですか?

私:徳の高い人と言う定義は その人の前世の行いに
起因しており 悪因縁である「刧と霊障」が極めて
少ない上に守護霊の力徳も強く 霊衣も厚い為
怪我に遭ったり 病気になりにくいのです

例えば かの有名な「ぎんさん」の娘が四人とも
九十歳を超えても元気だが その一人が自転車で車と
激しく衝突しました だがボンネットに身体が乗り上げ 
自分は無傷でした
 
別の一人は 80歳の時に二階から一階に転落したが
普通なら死亡か 骨折で済んだらマシというレベルです
だが無傷で済んでいる

この家系の子孫は有徳者であるが一般に霊衣の厚さは 
普通の人で三センチ~五センチ 薄い人で二センチ以下
である
 
ぎんさんの娘兄弟の場合は 三十センチ以上もある

普通の人なら大怪我になる所が彼女らの場合は
自動車の霊や大地の霊と接触しても霊衣が極めて
厚い為 弾力性が有りダメージを受けないのです
 
科学的に言えば奇跡だが 奇跡の原因は霊界の守護と 
自分の徳分にあります

徳の高い人達は 怪我や病気が逃げて行くのが
共通点であり 天佑神助を得るためにも
「徳」の重要性がよくわかります

(76)心霊スポットでの事故死

質問者:ハイル禅師 有名な心霊スポットなどに行き
事故死などに遭う人は やはり障りなのですか?

私:有名な心霊スポットには必ず地縛霊や浮遊霊が
存在しますが その中には凶悪な霊も居て 自分と
波長の合う人間に憑依して殺めることがあります

心霊スポットに行きたくなる人は悪因縁がきつい人が
多いのだが ① 守護霊が特に弱い ② 本人の徳が
ほとんどないなどの人は かなり危ないと言える

例えば女性霊から見れば スポットに来た男性が女性を
弄ぶタイプで無責任な者かどうか一発で見抜きますが
こういう男性には憑依しやすいのです

複数の人が車で心霊スポットに来て 一人でも守護霊が
強い人がいると怖い思いをしても助かる可能性が高い

つまり守護霊が強い者以外が全員憑依されて霊の意志
通りに動いても 残った一人が霊と対決出来るからです 

だが全員守護霊が弱く悪因縁が強い場合の方が多く
私の知る話で 車で五人心霊スポットに行き運転者が
霊に取り憑かれた後 車のハンドルを爺さんの霊に
奪われてしまい 対向車にぶつけられてしまった
 
四人が即死 一人が重傷でしたが この重傷者の証言で
運転席下から 年配の爺さんの血まみれの霊が出てきて 
混乱した瞬間にハンドルを取られて対向車にぶつかって
いたと言う

このように ハンドルやアクセルを霊に奪われると
霊に悪意が有った場合や自分達の守護霊が弱い場合は
事故死させられる事があります

(75)堕胎の時期

質問者:ハイル禅師 母親が堕胎する場合 いつから
水子霊が存在するのですか?

私:人間の霊魂は 霊界から母親の胎内の胎児に
憑依同化する形で飛び込んできますが
その時期は精子と卵子が結合した瞬間から
ある程度 赤子の形ができた三か月から五か月の間に
一体化するのであります

つまり三カ月以内には霊が胎児の肉体と同化していない
と言えますが 精子と卵子の結合から 九十日以内に
堕胎すれば ただの肉塊に過ぎない為 水子霊には
ならない可能性が高い 

だが九十日を超えてしまうと母親の個体差にもよるが 
一日経過するたびに水子霊になる可能性が高くなって
いき 百二十日経った段階で 多くの胎児に霊魂が宿る為
それ以降に堕胎すると「水子霊」となります

堕胎は現在の刑法でも 罪になるが軽いと言える 
だが霊界の法則では罪は重く 国津罪となるわけです

一般に水子を作る家系には 強い悪因縁があるが
水子を作らない家系は先祖の状態もよく 
比較的 子女のモラルも高い

結果 先祖の不成仏霊や怨念霊が多い家系に限って
水子を作り易いが 無論 先祖の状態が悪い為
水子は成仏できず 家族に憑依しているケースが多い

(74)生霊について

質問者:ハイル禅師 生霊について詳しい解説を
お願いします

私:人間の霊魂は自由に体から抜け出すことが
無意識で行われることがあるが その霊力は強力であり 
死霊の三倍以上を有しています

生霊の大部分は 怨霊の祟りや恋慕の執着が多いが
生霊を出した本人は 普通は気付いておらず
生霊は独立した意志を持つ為 自分が相手に捨てられて 
別の人と結婚して自分の恨みが消えていても 
生霊は前の相手に一生付きまとい苦しめるケースが多い 

だが稀に生霊が守護霊のような働きをするケースもあるが
愛情から来る温かい祈りによる念付けによるのです

また自分の生霊を見る「離魂病」や「影病カゲワズライ」
などの ドッペルゲンガ―現象や 生霊に自分の意識が
乗り移り 自分自身を外側から見たり 或いはもう一人の
自分を他人や自分が目撃するケースもあるが 
こういう人は寿命が残り少ない場合が多い

戦死の間際に魂が遊離して 遠い故郷に帰り
身内に目撃される場合も 生霊の一種であり
黒魔術や 丑の刻参りなども
生霊を悪用して他人を呪詛します

恨みや呪詛の場合 生霊を出した人の御魂が欠けており 
その部分は般若の顔になっております

(73)幽界からの転生

質問者:ハイル禅師 人が死んだ際 三途の川を渡ったり
閻魔大王に接見せずに転生する人もいるのですか?

私:人間には御魂のレベルに応じての修行が有り 
例えばインドや中国の山間僻地の集落の人などは 
死後に幽界に留まり すぐに前世の集落に転生する
ケースが多いのです

狼に食われた前世を持つ あるインド人や中国人が
言うには最短で死後三日 長くても十年以内の転生が
多い為 前世の記憶があるが 他人に話すと頭痛が
する人が多いのは自分の御魂が現世修行に打ち込む
ようにする為です

彼らの多くの証言では死後に神仏や守護霊とは合わず
自己反省の場もなく 幽界の入り口で留まり
妊婦の腹が大きくなったのを見て 飛び込んで
気が付いたら赤子になっていたと言う

私の今までの霊界裁判を受ける内容は文明国に生まれて
御魂のランクが一定のレベルに到達している人の話であり
御魂のランクの低い人は 死後すぐにまた前世の集落に
転生する為 周りの人は自分の前世の父母兄弟だった人
が多いのです

彼らが自殺した際も 重労働や罰を受けずに 
すぐ再生するが 御魂のレベルが低い人は
頻繁に死んで 頻繁に生まれ変わる為
霊界教育もないが ランクの低い修行者である為です

(72)御魂の天命

質問者:ハイル禅師 御魂が天命を知るとはどういう
意味ですか?

私:御魂部分は五次元の神の分魂の事であり
いうなれば深層潜在意識とも言えるが 
往々にして人間の三次元の顕在意識とは
言動や思考が乖離する事が有ります

例えば前世に於いて悪業を積んだ人がいるとして
御魂磨きを兼ねて その刧の清算の為にも
現世で出生しますが 顕在意識(自分の表層意識)では 
普通に人並みの幸福を願っています

なぜ自分だけが不幸に巻き込まれたり 不運なのかと
嘆くのだが 神の分魂である御魂の深層潜在意識から
見れば天命として贖罪の為に棘の道を歩んでいくことを
知っている

記憶を消されて生まれてきた自分の表層意識では
そのような前世の事など知る由もないから
理由がわからず 不満足で思い通りに行かない人生に
不平がでるのだが 宿命として避けがたい運命となります

天命とは大きな御魂の尺度から見たモノで
自分の御魂が霊界で神に誓った命題であると言える

この表層意識と深層潜在意識が合一した状態が
一種の神人合一であり 御魂の天命に沿う人生こそ 
本来現世に生誕した目的に沿う人生となります

(71)アレルギーや皮膚病の根本的改善

質問者:ハイル禅師 アレルギーや皮膚病などは
根本的にどこを改善すれば良いのでしょうか?

私:人間の持つ最大の免疫器官は腸内免疫にあります
この腸内の免疫力を向上させればアレルギー・皮膚病
・ガン・糖尿病の根本治療となるのです

現代医学は対処療法であり 慢性病やガン・糖尿病を
治すことが出来ないのは「骨髄増血説」を前提として
いるからであり 現代医療の致命的欠陥と言える

昔読んだ本に ガン治療として便秘を治し宿便を取り
粉ミルクにヤクルト・バナナ・オレンジジュース・
卵を入れた ミルクセーキを続けた人が胃ガンを
治していたが 医者はガンが消えたのは奇跡だが
馬鹿げていると一蹴していた

だが私はゲルソン博士の栄養療法にも精通していた為
この話は嘘ではないと気づいたのである

なぜなら「千島学説」では主として小腸で血液が作られ
免疫細胞も同時に作られるとあり 千島博士の学説こそ
正論だからである

結論として腸内免疫が重要であり プロバイオティクス
とは乳酸菌等微生物で腸内フローラのバランスを
整える事で免疫向上を目指す意味だが
特に老人は乳酸菌が皆無に近い為 免疫が落ちて 
ガン・糖尿病の罹患率を高めるのである

(70)お経の意味

質問者:ハイル禅師 お経の意味は死者になれば
分かるのでしょうか?

私:お経も種類があり 浄土真宗では無量寿経や
阿弥陀経等の「浄土三部経」 日蓮宗系では「法華経」 
禅宗系では「般若心経」が使われており 
共通点は お教を唱える僧侶は故人や参列者に
功徳を与えるとされる部分であります

代表的なお経は釈尊入滅後に弟子が釈迦の法灯を
後世に書き残した「般若心経」であります

この般若心経は「この世のモノは何も無いから
執着を捨てて此の岸から彼の岸に渡れ」と説いているが
現世で不勉強の者が死者になって理解できるはずもない
 
ただ徳の高い僧侶が唱えるお経は「光の玉が口から
ポンポン出ていて死者にとっては気持ちがよく 
狸憑きの僧侶のお経は気分が悪くなる」と感じる
だけである

死者も当然五感があります

お経は供養の意味もあるが 供養すれば御霊が向上する
宗教観があり 祭文の代用にもなるわけで 
確かに霊界では遺族の供養は故人にとって
一部罪障恩赦の意味を持ちます

龍神でも祭祀を欲しがるが霊界での地位が向上して
神上がり出来るからであり 霊界に於いては祀りや供養
は 諸々霊達の霊的地位の改善等の意味があります

(69)九星気学

質問者:ハイル禅師 良い引越し先を選択するには
九星気学が良いのでしょうか?

私:九星気学とは生まれた生年月の九星と
干支・陰陽五行を加えた九星術と気学の融合であり
これらの組み合わせにより 方位の吉凶を知る為や
開運の佑気を受ける方角を知る方法として
有力であります

要するに生年の本命星と生月の月命星などの九星と
十二支との関係で各方位の吉凶を知るわけです

九星気学は最有力の易占だが絶対ではありません
例えば 現在自分の霊層界の位置が天国界に位置して
いれば自分が思った方向に行けば必ず満足できる住居
に住む事になり 自然と大吉の方位に移動します

つまり天国界の霊層の人は「悪い方角の悪い家相の
悪霊がいる所」には移動できないのである

逆に悪因縁がきつく劫が重い人は霊障も多く
自分の思った方位や会社の転勤等で引越しすると
大凶の方位しか取れない

要するに我々人間でも幸福度が厳密に定められている
わけで根源的に命運を改めるには継続的に「善徳」を
積み重ねるしかないのである

九星気学で良い引越し先を選択しても 劫が重い人は
遅くても晩年には火災に遭って焼死したり殺害される事
もあり 一時的な幸福の享受期間と解釈したほうが良い

(68)「二足のわらじ」の意味

質問者:ハイル禅師 私は主婦ですが パートをしながら
ネットで株投資をする事は一般的に「二足のわらじ」と
言うのでしょうか?

私:二足のわらじとは「二足の草鞋を履く」という言葉を
省略した意味であり 元々は江戸時代に博打うちが
十手を握り捕吏を兼ねていた事から 同一の人が
異なる二種の業を兼業する事を一般的に
「二足のわらじを履く」と言います

つまり昼間はパチンコ屋で夜はスマートボールで働く人
は同種に近い為 この場合は「二足のわらじを履く」
とは基本的に言いませんが 相反する二種の業とは
言えないからです

だが現在では拡大解釈で 同種・異業種にかかわらず 
単に二つの仕事を掛け持ちする事を
「二足のわらじ」という人もおります

またパートをしながらネットビジネスをする事は原則的な
意味に於いても「二足のわらじ」と言えます

ただ実働拘束時間があるパートと株投資のネット
ビジネスの両立は意外と難しく パートをしながら 
ネットでのモノの仲介や販売の方が容易かもしれない

現在主婦で「ニーサ」を利用した株取引をネットでされる
人が急増していますが ニーサ口座では百二十万以内
無税と言っても 逆に言えばこの口座で損失が出ても
他の口座と合算できないデメリット等もあります

(67)霊感体質者の霊の憑依数

質問者:ハイル禅師 霊感体質者は 普通の人より 
霊の憑依数が多いのですか?

私:先天・及び後天的に霊感体質者の人もいるが
霊に敏感な人は 霊もわかるので寄ってきやすく
頼られたり いたずらをされる事もあります
 
基本的に霊感体質者は霊の憑依数が桁違いに多い為
救霊で霊の数を大幅に減らす事を勧めております

霊感体質の理由は過去世に原因があり 
① 霊的な仕事に就いていた人
② 霊的な刧を積んだ人 
③ 神職に就いていた人など 千差万別である

霊障に悩まされる人は 霊的免疫力が低く 
過敏症であり 刧がきつい人である

ごく普通の人で 家柄が良く 先祖が長生きしており
夫婦円満で無病息災長命な家系では 一人あたり 
二十体以下の先祖の不成仏霊がいるぐらいです
 
だが少し家系に問題があるだけで 軽く五十体は超えて
おり 霊障に悩まされる人はありとあらゆる数百体以上
の霊が複合的に憑依している場合が多い

救霊を受けた際 まず 先祖の不成仏霊や動物霊が
外れてから 霊障を与える悪霊が外れる

だが霊感体質者の憑依数が尋常でない為 奥の奥に居る
怨念霊には数回では届かない場合が多いが それでも 
徳を積んだ事により霊障は軽くなっているのであります

(66)人の魂の誕生過程

質問者:ハイル禅師 人の魂は どのような過程を経て
誕生したのですか?

私:創造神が大宇宙を創造され 天地自然の宇宙法則
を定められたが その際に自分の大霊意識体を分霊と
する形で神を作られました この神とは顕現神であり 
働きの神のことである 

この働きの神が自分の意識体を分霊とする形で 
作られたのが人間です

だから人間は意識で創造神と繋がっており 
宇宙とは 高次元の九次元から徐々に下り 
三次元物質界は最後に作られた世界なのです

無論 創造神から分霊を繰り返し御魂を増やしてきたが 
この場合は 分霊されて後から作られた霊的存在は 
霊格と霊力で一つ前の本霊に劣る

だが地球上の進化の起源から見れば 後から誕生した
モノが優れているのだが これは物質世界特有の性質
によるものであります
 
神は人間を物質化させる前に 恐竜 その他の試作品を
作り それらの遺伝情報などを元に顕現神や人格神が 
人を神の似姿にしたのです

*恐竜以前から存在した人間は現在生きている人間とは
種族や性質が違います 現在の人間の起源は二十万年前
の中央アフリカ付近とされている

宇宙創造の過程が高次元から降りてきたのに対し
三次元物質界では逆に進化の過程を取ったのは
霊界は想念で出来上がるのに対し 物質界は想念だけ
では完全に具現化出来ないからであります

(65)邪気とは何か

質問者:ハイル禅師 邪気とは どういったモノを
言うのでしょうか?

私:一口に邪気と言っても 広義の意味では
風邪や結核菌のウイルスなどから 
人間の口から出たマイナスの言葉や悪い念 
或いは欲望の波動 邪霊の出す障気まで
たくさん存在している

人間社会は現在 霊的汚濁で満ち溢れています
不平不満や愚痴・嫉妬・呪い・怨念などだが 
これらは霊的クモリとなり 有る程度集溜すると
天地の浄化作用が始まる 

浄化作用では暴風雨・台風・地震・洪水・火災などが
起こる原因なのであり 異常気象が多いのは
それだけ人間の心が荒んでいるからである

地獄界では毎日地響きや噴火が起こる霊層もある

また浮遊霊や地縛霊がたくさんいる不浄とされる場所も
邪気が集溜している為 霊的・体的免疫力が弱い人は 
邪気や邪霊に取り憑かれやすい

さらに結核菌や風邪の病原菌も空気中に漂っているが
霊的免疫力が高い人は 守護霊の加護が厚く
オーラが全身から出ている為 体に取り込んでも 
うまく駆除している 

こういう人は体的免疫力も しっかりしている

霊感体質者は特に邪気を吸い込むと
偏頭痛・しびれ・嫌悪感などが起こり 
具合が悪くなり易いので 地道に善行に励み 
悪因縁の清算に励むべきです

(64) 天徳を積む為の徳分の蓄積

質問者:ハイル禅師 私は世の為 人の為に頑張りたい
のですが 神仏に祈願しても条件が整いません 
なぜでしょうか?

私:世の為・人の為に尽くしたい気持ちがあるが 
健康面や経済面で不安が有る為 神仏に祈願しても
叶わない人の方が実際には多いのです

なぜなら神仏とは 縁が有った衆生の霊障や刧など
人間の努力では不可抗力な目に見えない本質的な
部分を改善してはくれますが 露骨な助けと言うのは 
ほとんどないからです
  
現世は人間が主人公の世界だからです

だから神仏に祈願をした場合 御利益があるときでも 
必ず「人の手」を通して本人に功徳を授ける形をとります

また世の為・人の為に頑張りたいと大本教や天理教の
亡くなった信者の霊も多数いるが 仕組の時に生まれて
来れずワールドメイトに「縁」が無かったのであります 

同じように生きている人間でも 条件が整わない人は
徳が薄く 世の為より まず自分の環境を整える事
が先決となり やはり神業に縁が無い

結論として必ず神業の為・世の為に生まれてくる人は
前世や霊界に於いて周到な準備をして現世で徳分が
開花しており 条件が整わない人は事前の準備が全く
出来ていない人達なのであります

(63)祈りとは「意乗り」

質問者:ハイル禅師 祈りとは神仏に対する
祈願の事でしょうか?

私:本来の祈りとは言霊で「意乗り」となり
自分の意を乗せる事で 神仏に対する
祈願とするのです

無心に自分の意志や想念を神の境地まで高めていくと
神の意に通じて願いが叶います 

なぜなら神の境地にまで愛と誠を持って高める事により
波長が同通するからであります

また祈りの進歩とは 神に意を乗せることから始まり
自分の意を神なる意にまで高めて乗せる事を指します

基本的に祈りを神の境地にまで高める方法とは 
自分個人の小さな利益を超えた利他の利益や
利他への幸福祈願を行うことです
 
そうする事によって 神が祈願者に注目するが
その後で 自分個人の小さな願い事も最後にする
わけです
 
これが神に祈りが通じる条件の一つとなる

昔から狩猟や戦地に向かう夫や息子の無事を
妻や母が神仏に頼り 熱心に祈っていた事が 
祈りの原点となります 

この場合も まず祈りは感謝から入ります

実際 祈ってもらった夫や息子には 
温かいオーラの光がまとい かなりきわどい 
窮地を脱する事が出来た人も多いのです

(62) 金運招来の開運策

質問者:ハイル禅師 私は金運がなく 故に実入りが悪く
カゲツ(成り金草)などの金運が付く植物や 
霊峰富士・ガマ財神・白蛇財布などの購入も
効果が無いのですが 開運策はありますか?

私:基本的に「金銭の刧」が重い人は 前世に於いて
身分が高く その力徳を他人に施さなかったカルマを
持ちますが その結果 現世では家族・親戚・職場・
友人関係に於いても複数トラブルを抱えているケース
が多いのである

なぜなら金運とは本来「人の手を通して自分に与えら
れるモノ」だからです
 
金運が弱い人は概して人脈も悪く 徳が全般的に薄い為 
実力や能力があっても 引き立てを受けずに悶えている

逆に才能が無くても前世に徳をたくさん積んだ有徳者は
早く出世したり 良い就職先に御縁がある 

カゲツなど金のなる木や大黒天や霊峰富士の額には
「補運」の効果があるが 金運の元は無論 その人自身
の先天の徳分の総量にあるわけで 極めて少ない人は 
補運の効果は かなり減殺されます

このように金運が悪い人は 人生全般の運気も停滞気味
だが 開運策としては 神仏に祈る習慣を身につけ 
少額でも貯金する習慣を大事にし 少額でも継続的に 
神社やユニセフ等に寄附を継続していくことである

(61)下座の行

質問者:ハイル禅師 巷でよく言われる「下座の行」とは
どういう意味でしょうか?

私:「下座の行」とは「上座の行」と 対を為す言葉で
ありますが 平たく言えば 難行苦行や下積みの事を
指します

「下座の行」とは 人間処世上 重要な意味があり
然も信仰者に於いて 殊に然りである
 
新興宗教の教祖などには 焦りがあるのか 
充分な「下座の行」に於いて深い学問の研鑽と咀嚼や
苦しい霊力修行をせずに「上座の行」から入り 
神仏気取りの人も多い

「下座の行」が全く足りていないことが 私には書籍を
読めばすぐわかり そう言う教祖は馬脚を現している

昔から諺に「能ある鷹は爪を隠す」とか
「稔るほど頭を下げる稲穂かな」と言う句が有るが
いずれも「下座の行」に於いて修行ができた者たちを
指している

神様は慢心を非常に嫌うのだが「謙譲の徳」と言い 
「下座の行」とは実に尊いモノで下積み苦行となる為
「徳」をすり減らすことなく霊的貯金になります 

書籍の出版や講演会ばかりをしている教祖は
「上座の行」となる為 先天の徳分をすり減らし 
晩年凋落するので 信者諸氏は よく教祖の言動を
注視すべきであります

(60)アレルギー体質が多い理由

質問者:ハイル禅師 なぜ最近の子供には 
アレルギー体質が多いのですか?

私:恐ろしい事実だが 日本人が世界で一番 農薬や
抗生物質を体に取り入れている現実があります
 
これら化学物質に対するアレルギーであるケースと
先祖供養が生き届かず 不成仏の祖霊などの
霊障が複合したモノがアレルギーの真因なのです

日本は世界でも有数の輸入大国だが 船舶の中で
防腐剤・防黴剤・殺虫剤などを野菜や果物に
直接散布しており 小麦粉など うどん・そば・パン
の原料になるモノや 魚類にも ほとんど農薬や
抗生物質が混入されています

無論 畜産農家の鶏・牛・豚の飼料や健康管理にも
抗生物質が多量に使われている

さらに病院や家庭で使われる医薬品などの抗生物質が
一年に500t以上が消費されている

これら抗生物質には必ず耐性菌が出現するが
MRSAを超越した耐性菌も実は出現しており
強い抗生物質とのいたちごっこだが 医者が言うには 
抗生物質が効かない病原菌が出現するとはっきり
言って人類は滅亡らしい

子供のアレルギーの罹患率は 5%を超えているが
日本人の食生活や医薬品などの見直しが必要であり
日本政府が本腰を入れて 早急に取り組むべき
最優先課題の一つであると言えます

(59) 深層潜在意識の記憶

質問者:ハイル禅師 僕はヒゲソリの際 カミソリを首に
近づけられると癲癇が起きて汗が吹き出るほど
怖いのですが なぜでしょうか?

私:例えば ある「キーワード」の言葉を聞くだけで
吐き気や頭痛がしたり 失神する人もいますが
これは「プライマリーショック」と呼ばれるもので
前世の言霊による呪術的な儀式に関与していたなど
相応の因縁があります 

現世では仮に「血」「首」「実験」という単語が
キーワードであり 前世の単語と音霊の繋がりがあれば
深層潜在意識の中で忌避反応が起こるが この場合は
一種のアナフィラキーショックとも言えます

実際カミソリを首に近づけられて癲癇するほど恐怖を
感じる人は前世で首を落とされた人が多いのです

深層潜在意識が覚えているわけで肉体が反応するのだが 
人ごみで押しつぶされて死んだ人は人ごみに入るのが
恐ろしいし 海や池で溺れて死んだ人は 水に入る事に
極端な恐怖心がある

前世の特異な死の体験や呪術的な言霊で縛られて
支配された人には言葉や 出来事や モノをきっかけ
として極端な忌避反応が出るのだが 前世での宗教的な
儀式や 死に際に対して強烈な印象と記憶を刻み付けて
いるからであります

(58)信仰と夫婦

質問者:ハイル禅師 信仰と夫婦についてですが 
片方が信仰心がない場合 早めに別れた方が
良いのでしょうか?

私:元来 夫婦の縁と言うのは霊的に言うと大した違い
がないのです つまり同じ様な霊層の者がくっつきます
だが一方が信仰に入って霊的に向上すると非常に
両者の霊的レベルが乖離する事になります

この場合 下位の方が生き別れるか 死に別れるか
しないと どうしても釣り合わなくなります

夫婦の霊的レベルが離れすぎると いくらくっつけようと
しても くっつかないが これは産土神が自然に別れ
させることもあるし 夫婦の合意で別れるなら 
それが最善となります

だから下位の方が一心に信仰して霊的レベルが上がれば
一緒のママで居られるわけです

また妻が非常に真面目で夫が極悪非道の場合もあるが 
これは妻の方に前世の罪障があります
 
よって極悪非道の夫が相手でも霊的には同じ位置にある
から結婚したのです 

この逆で悪妻の不倫妻と真面目な夫の場合でも
夫の前世に罪障があります

要するに配偶者に苦しめられる劫は 自分が徳を積み
霊的レベルが向上すると自然に別れるようになるわけで
敢えて配偶者に信仰心が無いと言う理由だけで
無理に別れる必要はないのであります

(57)大震災等で亡くなった家族

質問者:ハイル禅師 大震災等で亡くなった家族を見たとか
会話をしたという話がありますが 幻覚なのでしょうか?

私:NHKで大震災後の心霊的な番組が放送されていたが
内容自体はスピリチュアルの視点から見れば 全て実際
にある話であり この放送に対する心霊現象を否定する
唯物論者の批判は愚かであります

東北大震災後に幽霊の目撃談が多くあり 突然死の
ショックにより家族を探し求める浮遊霊が多かった為
霊達の傷を癒したり 自分が死んだ事を自覚させる為に 
ワールドメイトでも救霊師を派遣してボランティアで
霊の救済を行いました

家族に対する執着が強いと成仏できず 
浮遊霊として彷徨するからです

遺族の中に亡くなった二人の子を目撃した父親がいたが
二人は やや大きく成長していました 

霊の場合は一年で一歳年を取るのではなく
霊的覚醒度に応じて成長する

亡くなった家族を目撃出来る人は霊眼や霊聴など
やや普通の人より霊感が高い為 他の遺族は
幻覚を見たと思うのです

実際の話 死者が生前の家族の様子を見に来ており 
鈍い家族にも自分の存在を知らせようと 
エクトプラズムのような物質化現象で
空の花瓶に白い花を置く例もありました

(56)エーテル体とアストラル体

質問者:ハイル禅師 エーテル体とアストラル体の違い
は何でしょうか?

私:エーテル体もアストラル体も 俗に神智学で言う
霊的質量を表す名称であり エーテル体(幽体)とは
人間の霊体を形成する粒子の中でも最も波動が荒く
一番レベルが低いモノであり 肉体と不可分に密着して
いるのである

エーテル体は肉体の活動時のバランスを保ち
チャクラを活性化させ 宇宙エネルギー(気・プラーナ)
を体内に取り入れる働きを持つ 

また霊眼で人を見ると多色のオーラが見えるが 
これもエーテル体の発光体である

人が死ぬと通常エーテル体は徐々に消滅していくが 
死後二ヶ月は残存し続け その間 人は幽界でエーテル
体を纏った半物質半霊として存在する 

ゆえに生前に自分が居た物質界に半ば入り込んだ状態
であり 念が強く執着の強い霊は物理現象を引き起こす
事も可能だが ポルターガイストの大半は この期間の
エーテル霊体の仕業であります

だが行力を生前に身につけた者や執着・怨恨が強い霊は
エーテル体が崩壊しても 物理現象を起こし続ける事も
可能である

最後にアストラル体とはエーテル体を覆っているが
エーテル体よりは精妙であり 人が物質界の生を終えて
幽界や霊界に移行した時の体となります

(55)大日如来と阿弥陀如来

質問者:ハイル禅師 大日如来と 阿弥陀如来とは 
どう違うのですか?

私:大日如来は 金剛界・胎蔵界などの
両界曼荼羅に見られるように密教に於いて
宇宙の根源神であります 

阿弥陀如来は西方極楽浄土の主宰神となり
薬師如来は東方浄瑠璃世界の教主となるように 
まず定義が違います

大日如来は 天照大神の化身仏だが大日如来は
曼荼羅の中央に位置するように中心の車軸の仏様
であり 周囲の仏達が「働きの仏」となります

つまり 不動明王や文殊菩薩などの仏も
全て大日如来の化身であり 大日如来の一面の役割を
分掌しておられるのです

不動明王は 厳密には国常立大神の化身が
圧倒的に多いのだが 基本的に高級神は高級仏に
化身し 高級仏は「働きの仏」に化身出来るのが
真相であります

また西方極楽浄土の主神である阿弥陀如来は
観音菩薩と勢至菩薩を脇侍に侍らす如来だが 
阿弥陀氏が何度も発願を持って何万年にも及ぶ
修行をした結果 西方浄土の如来の主になられた
と言われている 

実は阿弥陀氏は高級神の分魂です 
*観世音菩薩だけは創造神直轄の化身仏です

結果「大如来」でも 五次元の神の化身仏であったり
発願成就による元人間の化身仏であったりするので
多種多様の違いがあるのです

(54)良き御魂とは何か

質問者:ハイル禅師 御魂は清らかで汚れが無く 
霊層が高い人が最良なのでしょうか?

私:上記の条件の方は 自分自身は神の願いに応えた
素晴らしい人物だが 清らかなだけでは魑魅魍魎が蠢く
現実界を良く出来ないのである

シスターを何度も体験して 死後天国界に上がれても
現実界では世の中をどう良くしようかと神仏が腐心されて
いる時に彼女らが守護霊となっても荒い波動の振動数で
生活する人間に神の意志を届けるには パワーが弱く
他の霊障に妨害されます

なぜ神が人間を作り 人が地上で罪を作り
カルマに苦しむ事も存じていながら 
修行させるのかと言えば 本当の意味で 
パワーのある役に立つ人間を誕生させる為です

故に悪も人類の生成化育進歩発展には必要であり 
例えば 「天地に仁なし万物をもって芻句となす」と
言う言葉のように大きな改革を断行するには 小善よりも 
大善が要求され その過程に於いて粛清なども行うが
良き御魂でも「刧」を積まされます

刧を積まされた良き御魂は地獄で修行した後
恩赦で上げられ 強力なパワーを持つ
守護霊として現実界で役に立つので 
清らかな人が最良ではないのであります

(53)物を識る文化人

質問者:ハイル禅師 真理の内容を書いている禅師に
中傷や議論を吹っ掛ける人がいますが 
どう思われておられますか?

私:現世では 目に見えて霊層界の階級が無い為
下位にある者が上位にある者に とやかく意見する
ことができるが 肉体を持って地上に生誕した人間
の特権でもある為 致し方ないと思います

私に議論を持ちかけてくる人は卑下慢を隠し 私の話に
当初から疑心を持っている事が多く 自分の齧った見識
を ゴリ押しして強弁してくる事が多いが こういう人は
本質的に物を識らないからである

「物を識る」とは 深遠微妙にして意味深長な言葉で
あるが 実際に世の中の不思議な奇跡体験をし
透徹した深い学識を持ち 真理の実態を掴み
的確に表現する人 と言う意味であります

物を識る私は例えば ある難問題に対して的確に
唯一の問題の急所を発見し助言することができる

それに引き替え 物を識らない卑下慢達は大人気ない
小児病的議論を振り回したり 軽率な行動に出たりするが 
根本的に勉学の研鑽量が少なく 霊格が低いからである

私のように真理の研鑽の為に膨大な時間と費用をかけ 
多くの奇跡体験をし 神からも功徳や御蔭を頂いている
者こそ 本当に「物を識る文化人」なのであります

(52)無神論者について

質問者:ハイル禅師 無神論者について 禅師は
どう思われますか?

私:天と地の間には日月星辰 気候の寒暖 風雨等 
有形無形の天然現象から人間・動物・昆虫・山川草木
等 あらゆるモノは大自然の力によって生成化育され 
確実に進歩発展しております

冷静に客観的に自我を捨てて物事の事象を見つめると 
一定の法則を持って世の中が厳格に運営され 
上手く成り立っている事が分かると思います

人間は大自然に於ける真理を何千年も前から解明しよう
と学問を作り 探究に専念しているが 今日までごく一部
が判明したに過ぎず 人間の知識や知恵は現在に至るも
九牛の一毛にも当たらないと言える

故に人間は大自然に追随し その恩恵に浴する事こそ
最も賢明な生き方であり この悠久無限の宇宙や
天地茫漠・無限無窮の存在である人間の作り主が
必ず存在するのが道理なのである

神が存在せねば 万有も 無神論者自体も存在せず
これに気づかぬ人間は動物レベルのままだと言える 

なぜなら動物には探究心も意志想念も知性もないから
であり 動物的人間から動物性(獣性)を抜き 
無神思想を打破し 真の人間に進化させるのが 
私の気宇壮大なる人間改造事業なのであり 
ハイル禅師の解答の役割でもあります

(51)自害や自殺の是非

質問者:ハイル禅師 なぜ自分で命を絶つと 
いけないのですか?

私:人が現世に生まれてきた理由とは神の命令による
「魂修行」であり御魂磨きとなります

人には人生の途中で自害する自由意志はあっても
自分の生命は 自分の所有物ではなく
神から授かった命であり 神の管轄となる為
自害は地獄に落ちるほどの重い罪となります

自害者には それ相応の理由が確かにあるのだが 
自害に追い込まれるほどの「前世の刧」があるから
なのである
 
その清算の為に 現世でいろいろ追いつめられるのだが
自害をすると霊的借金を現世で苦しんで返済出来ない為
自害直後 幽界で縛りつけられたり 足枷を付けられた後 
霊界に復帰した後も地獄界での強制重労働等の厳罰を
受けるのであります

自害者の多くは 現世と霊界の狭間である幽界で彷徨して
おり 自害前の痛みや苦しみが取れないことから
後悔する霊が あとを絶ちません

しかし自害と言っても自分の命で多くの人が助かるケース
や 責任を取って潔く自決する場合に於いては 
霊界では評価されることもあります 

要するに動機と想念次第で 天地の差が生じるが 
エゴで自害すると地獄修行で余計に厳しくなると
肝に銘じておくべきです

(50)奇跡体験や解答を頂く方法

質問者:ハイル禅師 神仏から奇跡体験や解答を頂く為
には どうすればよいのですか?

私:基本的な事だが 人並み以上の体験を得ようとする
なら人並み以上の努力が必要であり 流した汗と努力と
研鑽の量に感銘して神仏は動いて下さるからであります

私の場合は 二十歳前から 真理の書物を大量に購入し
真摯に努力と研鑽に励んできました

霊能力の有無を知る為にあちこちの霊能者を巡り歩き
真理を知る為に複数の宗教を巡り 費用も掛けてきたが
その結果 目に見えない神仏から様々な証や奇跡を頂き 
実在を体験しました

私は書籍の内容を覚えていますが それでも忘れた事が
あると どの本を読めば 解答があるのか迷った時
適当に手に取った本のあるページをめくると
「解答」がそこに掲載されていたこともあり 守護霊様が
教えてくれたのだと感じた奇跡経験もあります 

神仏から解答を頂くには 人として九十%の研鑽と努力
が必要であり そこまで努力しない人は無視されます 

残りの十%まで 苦労して悩んで自分で煮詰めた時
神に祈ると スッと「天より解答が降りてくる」のです

人が奇跡体験や解答を神から頂くには 充分な努力と
研鑽による「受け皿」が必要なのであります
ハイル語録厳選


02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



淡路島渡島船中にて