(56)転生の間隔

質問者:ハイル禅師 人間が再び生まれ変わるまでには
何年かかるのですか?

私:いわゆる「輪廻転生」にかかる時間は平均して
三百年前後と言われていますが 勿論これより長い人も
短い人もいます

中には三十年以内で生まれ変わる人もいますが
こういう場合は「再生御魂」と言います

再生御魂の人の前世は戦争で非業の死を遂げた人や
自殺した人など この世の課題をやり残した方が多いが
幼少時の事故死者なども結構いるのです

はやく生まれ変わってくる方の寿命は短いものです
自殺した人などは前世で60歳まで寿命があったのに
40歳で死ぬと「20年」だけの寿命で生まれてきます

20年経つと事故や地震などで寿命が強引に来ると
いうことですが 本人はなぜ自分が!と思っております
前世の記憶がないから当然だが 再生御魂の人は
急死もある為 死後に混乱する人も多いのです

また苦しくても自殺は駄目です 現世からの逃亡罪の
烙印を押されて強制重労働や暗い霊界で長い間つらく
苦しい思いをさせられるからである

逃げ場がないと思って前進するしかありません
スポンサーサイト

(55)シャム双生児

質問者:ハイル禅師 生まれてきた赤ちゃんの二人が
くっついている人がいるけど理由は何でしょうか?

私:生まれながらに二人の赤ちゃんの体や頭やお尻が
くっついてくる人は心中者の生まれ変わりなのです

過去世に於いて愛し合う二人が正当な理由もなく
一緒に死ぬと神の怒りを買って死後も二人はくっ付けら
れてしまうのだが霊界でも来世でも本人達は恥ずかしい
思いをする

霊界もこの世と一緒ですから みんなにじろじろみられる
訳です またくっつく部位は同じ情死者が師匠と弟子で
あれば上下にくっつきますが これが一番不自由です

さらに自殺罪だけでも重い罪なのに同時自殺の罪は重く
霊界修行で浄化しきれずに この世に未浄化のまま生誕
する人もたくさんいるのです

この人達の一部が「くっつき赤ちゃんです」この世的には
「米軍の枯葉剤の副作用だとか親の薬の副作用とかの
原因」となりますが真の原因は私の言う通りであります

(54)土地の因縁解脱

質問者:ハイル禅師 私のマンションは7階建なのですが
あちこちの階や部屋でポルターガイスト現象が起こったり 
階段に武士の鎧の恰好の変な人が突っ立てたりします
住民全体が恐怖のどん底です 原因は何でしょうか?

私:あなたが購入されたマンションの土地因縁に問題が
ありそうです 墓苑の跡か古戦場の跡だと思われます

はっきり言って普通の神職や僧侶がお祓いをしても
収まらないか しばらく収まってもまた出る可能性が
高いと思います 陰陽師系や真言宗系の霊能力者でも
完全には抑えきれないはずです

それだけあちこちの世帯で問題や怪奇現象が起こると
いうことは かなりの数の不成仏霊が徘徊しております
この場合 観音力を駆使する妙法院光悦氏のような方
でなければ無理だが 彼は一代限りで引退されている

負のマイナスエネルギーの凝結により ちょっとやそっと
の「因縁解脱」では無理かとおもいます

特にそのマンションにお住まいの方で守護霊が弱い方や
先祖の状態が良くない方は死亡事故に繋がる危険性も
あります

残念ですが あなたが他に引越しされる事が最善であり
強く転居をお勧めします

(53)魂修行の場所

質問者:ハイル禅師 人は魂修行のために地上に肉体を
持って生まれてくると聞きましたが それなら霊界で修業
した方が年取らないし死なないので効率的だと思いますが
如何思われますか?

私:肉体を持って生まれる事で人は四苦八苦を味わう
生きる苦しみ・老いる苦しみ・病の苦しみ・死の苦しみ
を四苦と言い また八苦のうち愛別離苦と言うのは
親しい者と死に別れる苦しみを言い 怨増会苦とは 
嫌な人物と出会う苦しみを謂う

それではなぜ人は地上に肉体を持って生誕するのか

それはあらゆる制約や苦難を持つ肉体のほうが
霊界より百倍以上の速さで修行が進むからです

中有霊界のように時間の制約もない
死の危険もない世界は居心地は良いですが 
人(霊)は努力しにくいのです

また自分のいる霊層界が天国であれば 
困っている人がいないため
慈悲を施すことも徳をつむこともできません

自分が地獄界であれば人を助けるどころか
苦しい毎日と言うだけのレベルの世界です

つまり 現在霊界の各階層にいる方はすべてのランクに
於いて自分の霊層界を上に進めることが難しいわけです

私達は地上に生誕することにより 死後の霊界のランクを
飛躍的に上げる事が目的なのであります

(52)菜食主義の是非

質問者:ハイル禅師 お坊さんにも多いのですが 
菜食主義は体に良いのでしょうか?

私:仏教では「山川草木国土悉有仏性」と言う教えが
あり この世の万物にはすべて「霊」(仏性)が宿ると
言われております

僧侶でも宗派によっては菜食主義がありますが
慈悲を実践する為に動物の肉やたんぱく質を避けて
いるのです

だが厳密には鉱物<植物<虫<魚<動物<人間と
いうように「霊」にもランクがあります

人間が健康で長寿であるためには一番遠い「鉱物霊」
(上記参照)を食べるのが良いと言われております

セレ二ウム・マグネシウム・ゲルマニウムなどの
ミネラルを多く含む鉱物は実際 成人病治療に効果が
高いものです

その次に「植物霊」(ビタミン・ミネラルなど)が体によく 
次に「魚霊」にはDHAやEPAなどの成分もあり人体に
有効です

私の結論としては人間は自分より遠い「霊」上記参照
に当たる食物を摂取することが長寿の秘訣であります

ですが 私は菜食主義を推奨するわけではありません
動物性たんぱくや肉も人体には有益なところもあるから
であり 植物も霊なので慈悲の実践も完全なものでは
ないからです

あくまでも摂取比率を上記を考慮されて自分で判断され
れば良いと思うが 肉も野菜も無一物として神仏に感謝
して頂けば それが真の意味で最善だとも言えます

(51)井戸霊と木霊の祟り

質問者:ハイル禅師 井戸を埋めたり 大木を切ったり
すると祟りがあると祖母から聞かされましたが
本当なのでしょうか?

私:井戸は作られてから7年もすると水気(すいき)が
擬結して霊力が強くなり「蛇龍神」と言う神が宿ります 
さらに長い年月が経過すると「水龍神」となり井戸と
同化するのです 之を「井戸霊」ミズハメノ神と呼びます

また御神木や大木には「木龍神」が宿る場合があります
木が小さかった頃には「蛇霊から蛇龍神」というように 
やや霊力が弱い存在なのですが 長い年月をかけて 
木と共に成長し強力な霊力を持つようになり 完全に 
同化しております 之を「木霊」(もくれい)と呼びます

ではなぜ彼らの祟りが人間に障るのかと言えば 
彼らが居場所を追い出されただけではなく
同化しているために 井戸を埋められると 
体の中に石を放り込まれた苦しさを味わうからです

木を切断された木霊も同化しているために
体が切断される強烈な痛みがあるのです
つまり 霊体もろともダメージを受ける怒りのために
祟りを起こすいうのが真相です

霊移し(たまうつし)をすれば木霊と井戸霊の障りを逃れ
ますが ほとんどの先祖は無視して実施しておりません

重要な事は日本人で木霊と井戸霊の憑依者が九割も
存在している事であり先祖が行ってきた事が子孫代々
霊障を受け継いできているのです

木霊による霊障は脳卒中・脳溢血・骨の切断などの
体に強烈なダメージを受ける病気が多く半身不随もあり 
井戸霊による霊障は「胆石・肺浸潤」など結石系統の
病気や体に水が溜まる病気が多いことが特徴と言える

(50)危険な石の収拾

質問者:ハイル禅師 私の主人が石を集めてくるのが
趣味で旅行先の河原や山などで拾ってくるのですが
中には仏様のような形の石など気味悪いのもありました
石集めを始めてから主人の体調が悪いように思います
原因は何でしょうか?

私:宝石や石には記憶が宿ると言われており 霊は人
だけではなく モノにも宿る性質があるのです
石類は特に霊や因縁が宿りやすいので元の場所に
戻されることを出来ればお勧めしますが 無理であれば
水晶で浄化や念抜きをすると障りが緩和されます

河原や山などで拾った石には昔合戦のときに亡くなった
武士の念(霊)とか河原で水死した人の霊が籠る事が
多々あります

むやみに拾って家に入れると障りが出ることがあるので
趣味を変更なさって下さい 先祖供養が行き届き守護霊
が強い場合は障りが表面化しないこともありますが
こういう人は少ないからです

宝石についても17世紀の王妃が身に着けていた
大きなルビーが時と共に宝石商から次々と富豪の手に
渡りましたが 持ち主が続々変死していくので 
宝石商は博物館に寄贈したという話があります

宝石には王妃の執着と念が籠っていたのと
宝石自体にも長い年月と共に強い霊力が籠り
プライドのような気(意志)が宿るからです

ですから富豪でも品位が低い女性が身に付けると
障りが出る事があり取り殺されることもあります

このように石や宝石には特に念が集まりやすい性質が
あるので気を付けて下さい

(49)幽体離脱と幽霊

質問者:ハイル禅師 幽体離脱した人でも幽霊と
呼ぶのでしょうか?

私:以前 宜保愛子さんの「私はあなたの霊が見える」
と言う本を私は購入して読んだことがありますが宜保氏
は幽体離脱が自在に出来ました

肉体と霊子線(霊線)が付いた状態での幽体離脱は
死後の幽霊とは異質のものです

宜保さんは結構数種の霊能が開いていて自分の意志で
幽体離脱が出来る特技を持っており 夏の蒸し暑い時は
肉体は家の部屋のベッドに置き霊体が抜け出て屋根の
上でよく涼んでいたのです

もっと興味深いのがドラゴンボールZの悟空たちのように
肉体から霊体(魂)が抜け出て東京から大阪駅まで
JRの線路沿いを飛んだそうである

その際の出来事では飛行の高さはビルの4階部分が
限界だったそうです また犬とはよく目線があったと
いいます

私の研究でも犬は霊が見えている事が分かっております

宜保さんはあまり遠くに行くと霊子線が切れて肉体に戻れ
なくなるのではと心配したといいます

サハスラ-ラ・チャクラを全開に開くとテレポーテーションも
可能ですが 人間の能力は未知数と言えるでしょう

(48)顕在智的学問と潜在智的学問

質問者:ハイル禅師 顕在智的学問と潜在智的学問の
相違点とはなんでしょうか?

私:顕在智的学問というのは三次元(現象界)に於いても
知識の学問に分類されます 例えば経済学 法学 科学 
医学 政治学 生物学 数学 哲学などのなじみの深い
学問のことです

潜在智的学問というのは「心奧意識」の学問に分類され
ます 古学 霊学 神霊学などの特殊な学問の事です

顕在智的学問を「頭の学問」と仮定すれば潜在智的学問
を「心の学問」と一応定義づけてもいいでしょう

しかし潜在智的学問とは実際はかなり奥の深いものであり
神道学「神界」(五次元)・仏教「霊界」(四次元)
儒教「現実界」(三次元)の心の部分に大別することが
できます

つまりどんなに学歴の高い者でも顕在智的学問である
三次元の知識部分の半分しか習得出来ていない

医学や薬学でさえ儒教の部分は含まれてはおりません
人体構造と言うのは次元別に分かれているのですが
三次元の肉体部分にしか注目されない現代医療では
不完全なのであります

医学も薬学も完成度が低く現在は過渡期であるが故に
副作用を伴う対処療法薬しか作られないのである

(47)徳数と劫数

質問者:ハイル禅師 徳数と劫数とは簡単に言うと
善行と悪行の事でしょうか?

私:徳数(とくすう)と劫数(ごうすう)というのは
神霊界用語であり 人の前世や現世での善のカルマと
悪のカルマの霊的計算上の数値的要素を言います

徳数が多ければ現世に於いて順調な人生を送ることが
できますが 努力したらそのまま実るというわけです

逆に劫数が多いと努力しても失敗続きの不運に恵まれ
たり 事故に遭ったり地震で亡くなったりします

寿命と言うのは損益決算表のように その人にとって
大厄が落ちた時がまさに寿命というわけです
(霊的借金を命で返して下さい)という取り立てのような
ものです

特に厄年には損益決算上の収支報告が行われます
この時に病気になったり亡くなったりする場合が多いが
或いは開運して出世や結婚したりする人もいるのです

最後に私が皆さんに劫数を減らすための
五段活用を示しておきます

1、貧乏で償う 2、病苦で償う
3、人間関係の苦しみで償う
4、職業の苦しみで償う
5、死の苦しみ(寿命で)償う

人は上記のいづれかで前世と現世での「劫」を償うこと
になっております

劫数が多ければ多いほど上記の要素が複合していくこと
になりますが 人は御魂の修行と徳積みと罪障清算である
カルマ落としの為に生まれてきているのである

(46)神罰の有無

質問者:ハイル禅師 神罰と言うのが本当にある
のでしょうか?

私:神聖な場所や特別な場所で人が不敬を行った時に
下されるのが神罰と言います 神罰は神霊が直接人に
罰を与えることはほとんどないのですが 位の高い僧侶
とか霊格の高い教祖レベルなら稀にあるぐらいです

だから厳密には神霊の眷属と言われる龍神・稲荷狐・
蛇神が神罰を直接行うものを指す言葉であります

神罰の度合いはその人の不敬の度合いによっても 
神罰を与える側の霊力や手加減によっても変わります

最悪 不敬が過ぎると半身不随にされたり 脳卒中や
事故死させられたりすることもあります

人間というのは基本無知であればあるほど傲慢で
無礼なことをする頻度が高くなるものです

霊能者か霊眼が開いていない者でない限り 霊は見え
ませんが確実に存在しており 死後はどの人でも霊能者
のように霊が見えるようになりますが 生きているときは
肉体のある生物しか見れないものです

結論として神域や特別な場所での行いは絶えず霊に監視
されていると認識して慎重に行動するようにして下さい

(45)コックリさんの危険性

質問者:ハイル禅師 コックリさんと言うのが昔学校で 
流行りましたが その際 数人おかしくなった子がいま
した 原因は何だったのでしょうか?

私:コックリさんと言うのは俗に「狐・狗・狸」さんと
いうのですが 低級な動物霊や悪質な浮遊霊を
呼び寄せる危険な儀式であるから絶対止めて下さい

コックリさんの儀式で目が虚ろになったり 態度がおか
しくなったりする子供がいますが 下手をすると元に戻れ
ないこともあります

この儀式で守護霊やまともな霊が来ることは ほとんど
ないぐらいの確率と言えます

興味本位でやりたくなる気持ちは理解できますが
かなりの危険が生じることを覚悟してください
ですからやらない方が良いのです

コックリさんをしようと言う子がいたら止めて上げて下さい
現在でも小・中学校でやっている人がいるからです

変な霊に憑依されると日常生活に支障をきたし 病院を
たくさん廻っても治療法がない為 自業自得と言えます

(44)犬神の祟り

質問者:ハイル禅師 犬神の祟りで殺された人達は
胸に犬に噛まれた跡のようなものが残るといいますが
本当に犬神の祟りはあったのでしょうか?

私:昔 日本の四国地方の忍者が犬を体ごと地中に
埋めて首だけを地上に出して餌と水を届かない位置に
置いてから犬が餓死するまでに「お前を苦しめている
ものは@@と言う者だ こいつがお前に餌をやっては
いけないと止めているのだ!」と言う風に言葉と思念を
犬に送り続けることにより 犬は壮絶な餓死を遂げた後
忍者が言っていた人物の所に行き 呪い殺すのである

忍者が複数の犬の死霊の念を使って相手を呪い殺す
呪法として実際関西地方でも存在しており 殺された
人には胸に引っ掻き傷が多く見られました

犬神の霊力は凄まじく 城主や敵対勢力の相手の首領
の暗殺などに一時期よく駆使されていたのであります
この怨念の霊力を解除するには限られた術者や霊能者
でなければできないほどであり 術者が弱ければ返り討
ちで落命してしまうこともあった

今では流石に犬神の祟りを行っている人はいないと思い
ますが 相手を呪い殺すと自分にも返ってくる事を知って
ほしいと思います

管狐も似たような役割で女忍者に使われた事もあります

(43)大乗仏教と小乗仏教の違い

質問者:ハイル禅師 大乗仏教と小乗仏教の違いは
なんでしょうか?

私:お釈迦様が入滅なさるまでに大勢の人に教えを
説かれましたが その教えを弟子たちがまとめたものが
俗に言う「御経」であります

御経には一口に八万四千と言われる膨大な数があり
お釈迦様の教えに従って口から説かれたものを特に
(小乗経典)といい その教えを深く解き明かしていった
御経を(大乗経典)といいます

明確な違いは小乗仏教では真の仏様は釈尊だけで
ほかの者は声聞とか阿羅漢と言う位にしかなれない
という考え方であり 小乗では人間の欲望は迷いの元
として自分を厳しく律していくだけに対して 大乗では 
大らかな心と他人の事を思いやる精神が主体となります

小乗仏教を蔑視する言い回しであるが 私の考えでは 
小乗によって己を練磨し大乗によって外で徳を積む
「上求菩提下化衆生」が正しい仏教のあり方であると
考えております

(42)宗教の必要性

質問者:ハイル禅師は宗教が必要だと思いますか?

私:本音を言うとあらゆる宗教が存在しない状態になる
ことが私は望ましいと思います ただしそれには地球
人類が私の三割に当たるだけの知識と霊性を向上させ
る必要があるでしょう

私のトピックに来ている「アンチハイル派」のように
私の1パーセントの知識も真理も存じていない人が
地球上に溢れております

神が預言者のモーゼを地上に遣わした頃 
人類の霊性が極端に低かったし 
肉体も魂も幼児レベルでした

だからモーゼに十戒を与え 殺人はダメ 姦通もダメ
あれもダメ これもダメという単純な教えだったのです

ですがそれから三千年あまり 人類は数十回の転生を
繰り返しながらも肉体は大人 頭(知能)は小学生と
名探偵コナンの逆バージョンで霊性が低い状態のままです

神は「あんたたち!いい加減にしなさいよ」ということで
人類の霊性を向上させるために数々の聖人や宗教を
世に送り出したのです

神は大愛ですから病気や悪因縁を抜く付加価値まで
付けてくれましたが神縁がある方のみの制約がある

私としては地球上から全ての宗教が必要でないぐらい
人類の霊性が向上することを切に願う次第であります

(41)宗教での安らぎ

質問者:ハイル禅師 宗教で心を安らげることは
出来るのでしょうか?

私:宗教とは心を安らげる場所と思っている方がいますが
私の実際の体験からは ぼんやりと出来る環境ではなく
智と徳を磨くために研鑽と努力をしていく場所なのです

宗教で心を安らげたい方は仏教系のレベルの低い講義
を受けて周りの信者さんとべちゃくちゃしゃべれる所を
探せば良いと思います

私なら疲弊した心を安らげるためには宗教に入るより
旅行でもして各地の温泉に入り 美味しいものを食べて
その土地の風光明媚な場所を探索したいですね

その方がよっぽど心の安らぎになりますよ

宗教に入ると気をつかうし人間関係も上下関係も厳しく 
疲れますからね

宗教で心の安らぎというのは実際は空想論のようです
限られた人生に於いて真理を体得し霊格を向上させる
ために神が地上に降ろされたものだからです

そのために人間は徳を積み続ける必要があり
「物施」「体施」「法施」というのがあるのです

*物施=献金や物で布施すること

*体施=御奉仕をすること *法施=真理を伝えること

(40)儒教とキリスト教の共通点

質問者:ハイル禅師 儒教とキリスト教の共通点が多い
と見られますが どう思われますか?

私:キリスト教は「愛と徳」を儒教は「仁と徳」を 
説いていますから 当然共通点が多く見られるのです

たとえばイエスは陰で祈りなさい 施しも誰にも見られず
に行いなさいと言われたが 之を儒教では「陰徳」という

イエスがなぜ陰で施しをしないと効果が薄いのか説明
されているが みんなから称賛されれば報われてしまい
天に積まれる徳がほとんど消えるからです

儒教でも「陽徳」は価値が低いという認識です
(賞賛を受け報われているからです)

また 聖書に「二つの門」という言葉があります

*狭い門から入りなさい 滅びへの門は広く~とあり
命への門は狭く そこに通じる道は細くて
それを見つけるものは少ない

之は儒教に於ける
「物心 之 危うく 道心 之微か也」と同じ意味なのです 

つまり目に見えない神や真理への道は限りなく狭く
即物的快楽(物欲・性欲)への道は広いという意味です

孔子はキリストよりも600年ほど早く生まれていますが
この二人の聖者の霊的神魂レベルは大差なく感じます

(39)如来教の存在

質問者:ハイル禅師は以前 江戸時代に「如来教」が 
出来たと書いていましたが 江戸時代にそのような宗教
が本当にあったのですか?

私:詳細にお話し致します 月神霊界が太陽神界に移行
する時期は日本の明治時代になるのですが 霊主体従
の法則により 霊界より一足はやくに地上に降ろされた
のが「如来教」なのです

1779年に宇宙創造の神が地上に遣わした「金毘羅
大権現」が教祖・きの に乗り移って始まった教団です

金毘羅大権現は龍神ですが 琴平大権現ともいい
言霊学ではコトヒラケ行くと解釈され 如来教をヒナ型と
して 明治以降宗教が続々誕生したのです

天理教や黒住教の宗教の教義が特に如来教に似ている
のは たとえば天理教 教祖の中山みき が 
如来教 教祖きの の系譜だと言われているからです

実際に天理王の命という神(龍神)が 中山みき にも
降臨されています

また江戸から明治に起こった宗教の教祖に懸られた神は
龍神・如来・菩薩などの眷属か仏であります

(38)霊界物語とは何か

質問者:ハイル禅師 出口王仁三郎氏の霊界物語とは
何を意味しているのですか?

私:大本教の出口氏が深山幽谷で修業した経緯から
神界や霊界・幽界などを探訪し 多次元構造の真意と
これから日本や世界で起こる神仕組のことまで書かれた
全八十一巻・八十三冊にも及ぶ深遠な教えと真理の物語
の近未来予言書になっているのです

王仁三郎氏は之を読むように信者やいろんな人に薦めま
したが 高度な学力・霊力・咀嚼力と予備知識がないと 
正しく読み切るのは不可能であると私は思います

それだけ内容が深遠で高度なのです

私がひとつ「夜・昼 転換の霊意」について解説します
 
夜の時代とは「月神霊界が主宰神のお釈迦様の時代
であり 昼の時代とは太陽神界が主宰神の天照大神様
の時代」のことであり 江戸時代の文明膠着の時代から
明治時代の文明開化の幕開けを意味する言葉が 
夜・昼転換の霊意です

これは数百年後の超高文明への幕開けでもあります

日本が世界のヒナ型になっており 「廃藩置県」が世界
規模で実施され各国の軍隊は消滅し治安警察に変わり 
世界連邦政府があと数十年ほどで出来上がるのです

(37)朱子学と陽明学の相違

質問者:ハイル禅師 朱子学と陽明学の違いとは
なんですか?

私:以前 その違いについてここに書きこみましたが
別の角度から述べてみましょう

朱子学も陽明学も儒教の流れを汲む学問ですが 
孔子が教えた儒教は「漢」の時代に入ると
「訓鈷学」が主流を占めるようになりました

つまり 教典の字句解釈・研究ばかりに
エネルギーの大半が費やされたのです

時代が下って「宋」に至ると訓鈷学を批判する四人の
賢人(程伊川・程明道ほか)が現れました

「儒教の形式ばかりに捉われないでもっと奥にある真実
を見るべきだ」と四人は主張したがそれをまとめたものが
朱子による「朱子学」であります

「人間は学ぶことによって 聖人に至る」と言うのである

これに対して 陽明学の王陽明は「聖人は我々に内在
している だが人の欲望が邪魔をしている為 欲望をなく
し続ければ眠っている聖人を引き出すことができる」と
している

これが朱子学と陽明学の大きな相違点であると言える

(36) 魂の受け皿

質問者:ハイル禅師 同じ物事を見たり 人の話を聞い
たり 同じ書物を読んでも善意に受け取れる人と悪意に
しか受け取れない人がいますが 何が原因なのですか

私:かなり以前から私は膨大な数の宗教者や霊能者の
書物をたくさん読んできました

もし私が悪意に書物の内容を勝手に決めつけていれば
「嘘ばっかり書いてるな」で終わってしまい その先の
書物を読むことはありません

特に潜在智的学問と言われる「古学・霊学・神道学」
などは目に見えないものを論じているわけです

書かれている内容が嘘か誠か 最初は判別できませんが
チェックして保留し地道に研鑽していくのです

私も知能が高く賢いのが弊害となり 当初は自分の見識
や常識が真理の掌握を邪魔しました

ですから自分の無知から来る偏見や観念や我というものを
まず捨てることから始めました

不信のためにキリスト教・仏教・儒教(朱子学・陽明学)
・神道などをすべて学んできたのです

悪意にしか受け取らない人は「無精であり 観念が強く 
知能が低く 頭が悪く 努力と研鑽ができず 批判に終始
するだけの人であり」 ゆえに魂のレベル(霊格)が
極端に低い人なのです

つまり魂の受け皿が整っていない人だと言えるのである

(35)天変地異の理由

質問者:ハイル禅師 天変地異は神様がなされている
ことでしょうか?

私:神様は基本 人の命を助けるときにだけ動かれる
慈悲の存在なのであります

神は人に対して「徳と戒め」を与える絶対者であります
が人のレベルが低く言うことを聞かないからと言って
懲罰的に天変地異を起こされません

天変地異の原因は人間が地上で生活する際に出している
悪想念や公害などのあらゆる「霊的汚濁」が原因であり
霊的汚濁が大きく溜まると 地球意識の浄化作用として
台風・地震・洪水・火山爆発が起こるわけです

確かにこれらを現象化させるのは神の荒魂が行います
が 後天世界にまで降りてきた劫はやむを得ないのです

これらは自然災害のように一見みえますが 
すべて「人災」だと言える訳であります

人体もそうです 病気に罹患して苦しみますが
これは人体の浄化作用なのであります
特に奇形や不具などは罪障の浄化作用と言えます

苦しむことによって清まるからです
大地もそうです 地震や台風などによって清まるのです

100パーセント霊的汚濁が清まれば 人体では病気も
なくなるし 自然界に於いても天変地異は絶対に起こらな
い理屈です

実は神は上記の理想社会の実現を仕組まれています

これをキリスト教では「地上天国」
仏教では「甘露台の世」 
神道では「弥勒の世」といいます

私達も善徳を積み地上天国の実現に貢献しましょう

(34) お盆時期の危険行為

質問者:ハイル禅師 なぜ夏のお盆時期に水に近寄ら
ない方が良いのでしょうか?

私:お盆時期に水辺に近寄らない考えは神霊世界の学問
を積まれている方の間では至極当然の話であります

夏の一カ月~2カ月の間でも特にお盆の時期というのは
四日間ほど先祖霊が子孫の家に帰ってきます

その際 地獄で修業されている霊も出てきます
お盆時期は拷問が停止されているのです

これを俗に「地獄の釜の蓋が開く」というのです
特に水には人を引き込みやすい性質があり 質の悪い
霊が生きている人間を引きずりこむことが多々あります

私の知る話で学生の男子二人がお盆時期に夜の海辺で
キャンプをして海にも入っていました 一人が海に入り
泳いだ後 岸に上がろうとすると海草のようなモノが足に
巻き付いたので動けなくなり 友人に助けを求めたが 
友人は真っ青な顔をしながらも全力で助け上げました

その後 テントに戻ると助けた友人は黙ったままだったが
その理由を執拗に聞くと無数の白い手が君の足を引っ張
っていたと述べた この話で不安を感じた助けられた人が
海の方を凝視していると無数の白い手が上陸して自分達
に向かって来た為 急いで寝間着のまま車まで走って
逃げた事で助かりました

お盆時期は川遊びも海遊びもプールも危険です
基本的に水辺に近寄らない方が良いのであります

(33)清貧は美徳なのか

質問者:ハイル禅師 キリスト教の聖書では貧乏な人が
幸いであるとか 清貧が美徳のような言い回しが多いで 
すが実際はどうなのでしょうか?

私:キリストが居たころの当時の時代背景や環境や
人々の霊的レベルを考慮する必要があります

キリストは布教対象を悪魔の手先となった王や権力者
から階層の底辺にいる人に変更したわけです

たとえば嫌われ者の「取税人」漁師(当時は賤民身分)
・売春婦のマグダラのマリアとかキリストとしては知識も
教養も学問もない人に対して 愛は大事・貧乏は美徳と
教理を単純化する必要があった

神霊界の実情では清貧よりも清富のほうが良いのです
自分がまず富み幸せになり栄えると 周りに分け与える
事が出来るからです

自分が裕福になれば多くの人を実際救済できるものです

財物を正しい手段で手に入れてまず自分と家族が幸福
になる それから 財産やお金を社会に還元するのです

神は社会に善行を施す まずその人自身の幸せを
願われるからである

キリスト教の教えは 真理を突く部分もありますが
あくまでも当時の底辺の人にわかりやすく説かれたもの
であり 現代の我々の常識では極端な過剰表現や比喩が
書かれてあると 甘受する理解や姿勢が必要であります


(32)宗教の起源

質問者:ハイル禅師 宗教は人が勝手に作った組織
なのでしょうか?

私:本物の宗教というのは神が三千年の神仕組の完成の
ために地上に降ろされたものなのです

神が最初に人類の霊性を上げ啓蒙するために地上に
遣わしたのがモーゼ・孔子・釈迦・キリスト・マホメット
などの聖者たちであります

彼らは人類の精神的な進歩に ある一定の大きな貢献を
されました

時代が進んでくると 江戸時代に神が女性に天啓を与え 
「如来教」という宗教を作らせましたが この宗教が現代
の神仕組宗教に於ける先鞭となります

その如来教が精神的な支柱となり 明治には大本教・
黒住教・金光教・天理教などの神道系の宗教が
正神界の龍神・菩薩の教祖への降臨で次々起こりました

仏教系の大半は日蓮宗(法華宗)の系統であり
神道系の大半は大本教の流れを汲んでおります

大本教からは世界救世教をはじめとする宗教が分かれて
行きましたが これらの神が降ろした様々な宗教は 
多くの人々を救済し大きな役割を果たしたのであります

(31)神との御縁

質問者:ハイル禅師は阪神大震災の時に「三分前」に
起こされたと書いていましたが 神の御加護ですか? 
どうすれば御加護を受けられるのですか? 

私:神仏の御守護を受けるには霊線を直接繋ぐ為の
「御縁」を結ぶしかありません

在家・出家を問わず「神仏」と御縁を結ぶことを
「結縁潅頂」と呼んでいます

神仏と御縁を結ぶ方法は
①正しい神がいる宗教に入る
②仏教徒なら檀家などに入る
③神社の神の御守護なら氏子になる
という方法があります

神社に行って100円とか1000円のお賽銭をして
一年間御守護してくださいでは無理です

ですが私の知りうる限り 相当に悪因縁のある人が
毎日神社に行って少しのお賽銭でも熱心に祈られる方
がいて悪因縁をかなり 抜いてもらった人がいます

この場合は「至誠 天に通ず」というように
神が熱意に打たれて悪因縁を抜いてあげたのでしょう

なぜ縁がないと神は助けられないのかと言えば
霊線が濃くないからである

神との霊線が繋がる事により 私の地震体験のように 
ここ一発の窮地の時に動いて頂けます

切れた電話も繋げてもらいましたが 断線電話が繋がっ
たのです 弟との一本だけが繋がりました

奇跡は本当にありますが 私も数多く経験しております

(30)因縁支配の法則

質問者:ハイル禅師 人は寿命で亡くなるといいますが
同じ地域・場所・乗り物などで同時に亡くなるのは
偶然でしょうか?

私:同じ電車・船・飛行機・建物・地域などで
同時に亡くなるのも偶然ではないのです

人は生まれたときに それぞれ先天運によって
8割以上の確率で寿命が決められています

さらに「袖触れ合うも他生の縁」といわれるように
あなた方の両親も兄弟も親せきも友人もすべて
過去世のいずれかの時代で「縁」があった方達です

乗り物でも偶然に乗り合わせたように思えますが
すべて必然性があり ある地域にお住まいの場合でも
似た方たちが自然と集うようになっています

芦屋の高級住宅街には似た生活レベルの人が住んで
いますし 西成区の貧民街にも似たレベルの方が住んで
いるようにです

つまり似たレベルの人々=似た因縁の人々が
ある一つの空間に集うわけです

それが乗り物か地域かという違いであるだけです

似た因縁を持つ方が事故や災害で亡くなる場合は
確率でも偶然でもなく必然性があり 特殊なこれらの
因縁法則は「宇宙意識のシンクロニシティー」と
呼ばれていますが 災害や事故で集団死する人達は
前世も似た死因を持っていることが多々あります

(29)人間と動物の霊の価値

質問者:ハイル禅師 人間と動物の霊の価値は
同じようなものでしょうか?

私:人間の霊(魂)は「神の分魂」であり
動物の霊とは 全く格が違い別次元のものです

山川草木国土悉有仏性と言うように この世の万物は
すべて「霊」です 鉱物霊・植物霊・動物霊・人間霊はそ
の代表です

よくある人の過去世が動物であったとする霊能者がいま
すが 厳密に人は人で生まれ変わり 50回に一度位は
動物と同化して生まれることがあるぐらいです

生まれ変わりというより同化です 人間は神の分魂です
から動物の霊になるわけがなく 見た目が動物で霊は
人間なのです

なぜ 動物の肉体で生まれてきたのかと言えば
①畜生のような行為をした人間 ②知性の低い人
③動物並の霊格だった人などは 死後畜生界に落ちて 
体が蛇・犬・猫・狸・狐等の姿となる人もいる
この霊が地上に生誕する際に動物で生まれる場合は
悲哀を味わうための最低ランクの修行のためである
 
神は人として誕生させたのに学問を学ぼうとはせず
動物のような行為を続けたということで 死後畜生界に
落とすこともあるからです

(28)宗教家の格付け

質問者:ハイル禅師 一流宗教家と二流の宗教家の
違いを教えてください

私:宗教家は「神」は愛と歓喜であり 善そのものである
と説く人が多い

しかし 神は「悪」も作られているのです

そもそも愛と歓喜と善だけでは この波動の荒い現実界を
生き抜いていくことはできません

二流宗教家とは きれいな花を見て褒め称えるのですが
醜い根の部分を見ようとしません

また自分で職業を持たず信者の献金だけで贅沢三昧
している者もおり 自分はさらに学ぶ事はせず向上心が
ない人も多いのです

私は純粋無垢な聖職者が献金だけで生活するのを 
非難しているのではなく 初心を忘れてふんぞり返って
贅沢をしている 二流宗教家に文句があるのです

一流宗教家とは 自分で生業を持つものが多く
絶えず自己を反省しながら研鑽することを怠りません

教祖として威張るのではなく 謙虚にさらに自分を磨き
向上させる努力をし続けています

ここが大きな相違点だと言えるのです

(27)下魂からの脱却

質問者:ハイル禅師 下魂から脱却するには 
どうすればいいんでしょうか?

私:一番簡単な方法は私が書いてきた語録の内容を
何回も反復して読んで学習することです

「鳴かず 飛ばずの人生から 鳴く声も麗しく 声高らか
に飛翔する人生へと御魂の大転換が起こるからです」

人の魂というものは真理に触れたり 新しい知識や学問
を身につけると「御魂」が輝くのです

御魂が輝くと霊層が向上して御魂に張り付いている
「邪気」「邪霊」が まぶしいのが嫌で外れていくのです

邪気はこう言っています 「こやつ アホなくせして真理
なんか学びやがって お蔭で俺様がいつけないじゃねえ
か 他のアホな奴みつけるかな」

自分の魂が正しい真理や真相を学ぶと霊格が向上して
邪気が飛び散るのです

これも一種の「御魂がえし」と言えるでしょう
ハイル語録厳選


01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



淡路島渡島船中にて