(28)輪廻転生する実体

質問者:ハイル禅師 人が輪廻転生している実体は
何ですか?

私:人は何度も生まれ変わり 大体平均すると三百年
に一度のペースで転生して その度に新しい学問や
能力を身に付けて真理を悟り 数々の経験を通して
神に近づくのが使命なのであります

肉体は長くても80年~100年で消滅するが では 
永遠の生命を持って何度も繰り返し生まれ変わる正体は
何なのか!というと御魂(神の分霊・分魂)なのです

80年程着た衣服(肉体)は 歯も抜け髪も抜け 
シワが寄りボロボロとなるが 人が傷んだ服を捨てて 
新しい衣服を着るように 老いた身体から新しい 
ツヤツヤの赤ちゃんの服を着るわけです

厳密には 神(大霊)より別れた分神が多種類あり
その中の一つ例えば大国主命の分魂を受けた人が 
日本人の山代惣吉 と言う名の人生を送ったとして
幾多の経験を積み70歳で他界すると 今度は英国人の 
エマエル・ヘルセンと言う女性での人生を送る感じです

このように何十・何百回と輪廻転生しますが その人の
御魂の正体は 大国主命の分魂なのです

分魂は幾多の経験を人生で積み重ねることにより
神に近い立派な御魂に育っていくのである
スポンサーサイト

(27)美男美女に生まれる三条件

質問者:ハイル禅師 美男美女に来世 生まれる条件を
教えて下さい

私:美男美女に生まれてくるには「三条件」があります
が魂が純粋でストレートの人は自然と容姿がよくなるの
です

魂は五次元の存在だが 霊体は四次元であり 肉体は 
三次元となるので 上から順次下位に移写してきます

愛念の美しい心の人は美人になりますが 例えば
前世が英国人だった女性が「捨て子」の面倒を見て
世話をしていたが その功徳で現世の米国人女性では
容姿の美しさでスカウトされ CMに起用されました

次のケースでは「肉体は生ける神の神殿」であり
神の宮でもあるので 肉体を清潔に健康的に管理し 
お化粧などで美容に力を入れた人も美人に生まれます

最後に音楽・芸術・絵画・真理などに打ちこんだ者は 
バランス感覚が優れてくるので御魂のバランスである
容姿にも投影されてきて美人になりますが これらは
先天的に「美人星」の波動を受けた人達です

以上 三ケース ① 精神的な献身や奉仕 
② 肉体を美しく維持したこと 
③ 芸術などで表現したこと
などが 美貌を授かる要因となります

(26)神人合一とは 

質問者:ハイル禅師 神人合一とは どんな状態に
なることでしょうか?

私:神と人とが一体となっている状態を「神人合一」と
言いますが 一瞬なのか継続的に一体なのか 或いは
神とは無縁なのかは その人の霊的レベルによります

神人合一の妙と言うのがあり 物事に没我没入すれば 
自分の我を無くし 一つの事に心身を投げ込むことに
なりますが 観念や頭も一切なくして集中没頭しており
必死になっている状態は 神人合一に近い状態である

本来 人は神の分魂であるので意識をすれば
我が出て神を閉ざし(自我) 無意識となれば 
我が消えて本来の神が神々しく 輝きます(無我)

瞑想や禅定では 静の無心なので 仏界(霊界)と
の一体がなされますが 没我没入の状態では 動の
無心であり さらに行為が伴うので 神界との一体が
なされるのです
 
つまり 静の無心より動の無心の方が圧倒的に上位に
あるわけです

しかも 瞑想や座禅の場合は 無の心境に達するのに 
年数と修行が必要であります

結果 自己が神となり 活動を始めることによって
外から神界の神が応援に合体しにくるのは 神の目的
と同じくして活動を始めたからであり 静では神界には
帰れず 「神界は功績が大事」なのであります

(25)霊体と霊光

質問者:ハイル禅師  霊体の大きさと 霊光の強さは
比例するのでしょうか?

私:生前に高い地位にいた者や 権力のあった人など
は霊界に行っても かなり大きな霊体を持つことになり
ますが これは念の強さであり その人の自信なのです

霊力の根源として 自信・やる気・夢・希望・気力・
根性・迫力・体力・集中力などが集まり 実力や
権力の源となります

つまり 自信を持った者は霊体が大きいと言え 例えば
霊界での豊臣秀吉の霊体は二千メートルというので 
大霊であることがわかります

またオリンピックで活躍するスポーツマンなどは かなり
霊体が大きいのだが 光が無い人が多いと言えます

光るには 学問・宗教・芸術・或いは悟りなどを
マスターする必要がある

かといって 学問と宗教に強く悟ってばかりの人は 
光は明るいのだが霊体が小さいのです

ようするに霊体も大きく光も強くするにはスポーツや
武道で励んだり 出世して地位を手に入れたり 或いは
企業経営などで 実力や自信をつけつつ 謙虚に真理
を学ぶ姿勢が必要であり 光っている人は 温かみと
人徳があります

ゆえに霊体の大きさと霊光は比例するとは限らないが
両方揃えて神人合一するのが転生の理由であります

(24)徳の相乗り法則

質問者:ハイル禅師 徳の相乗り法則とはどういう意味
ですか?

私:前世の徳がある人が 例えば100人救った家系に
生まれ 前世の劫がある人は 例えば100人殺した家系
に生まれることを「相乗り法則」といい 先祖が悪いから
自分が不幸になったというのは 責任転嫁でしかない

相乗り法則を「相応の理」とも呼びますが 同じ意味
です つまり ピッタリ不合理が無いように生まれるわけ
だが 「天網恢恢疎にして漏らさず」の如く 一点の
誤りも無いように精密にその人の徳・劫数が出ている
ので ふさわしい家系にピタッ!と生誕するのである

先天の徳分は四柱推命で推し量ることができ 寿命や
命運の傾向なども 80%以上確定します

また 徳の相乗り法則には 厳密にはもう一つ意味が
あり 無限の徳と有限の徳の持ち点も計算されているが
無限の徳とは 芸術・学問・信仰心のように何度生まれ
変わっても無くならないもので 有限の徳とは 前世に
一億円分を寄附した人は 現世で1憶円分以上の余慶
の幸福が来て それで消える徳のことです

このように 人は無限・有限の両徳が揃って 初めて 
人生に於いて満足に幸運が開花するのである

(23)御魂の形

質問者:ハイル禅師 御魂というのは 丸い形をして
いるのですか?

私:人魂というのが火の魂となって 自分が亡くなった
家の上空を徘徊する姿が稀に見られますが 本来の
御魂というのは 実は少年・少女の姿をしています

霊格の極めて高い人物が「天眼」で見ると 十五センチ
ぐらいの少年・少女の姿になっており 感性がとても
豊かであると述べている

この小さな少年・少女は 本人と同じ顔体型をしており
御魂でも「奇魂」部分である為 芸術などにも奇魂は
歓喜感動の本体であることから 多くの素晴らしい閃き
やインスピレーションを与えてくれる実体でもあります

御魂は 本来球体ですが天眼に写るときは このように
「小さな人形のような少年・少女」の姿で現れます

私達人間は 現世で既成観念を身に付けているので
理解しにくい部分がありますが 霊界上部はメルヘン
の世界と言え 私達は本来はそう言うメルヘンの世界
から出生してきており メルヘンの世界が真実であり
現世は「仮の世」虚像の世界なのであります

(22)定年後の急逝

質問者:ハイル禅師 定年後に すぐポックリ逝くことが
多いサラリーマンの原因は何でしょうか?

私:普通の人は会社で働くときはマイホームを建てる夢
もあり必死で頑張るが 定年でゆっくり余暇を楽しもうと
思うと ポックリ逝く人も結構多いようです この原因は
いくつかあるのです

生き生きと 生きている人は「御魂が発動」しており
守護霊のガードも堅いものですが 安穏怠惰になると 
邪霊を吸い集めてしまいます

例えば六十三歳の経営者がそろそろ引退して世界旅行
でもしたいとか 今まで忙しすぎたのでのんびり暮らした
いと思います

この人は霊体が非常に小さくなっており 志もないので
向上心もなく安穏怠惰になっておりますが この場合
「御魂が死んでいる状態」と言えます

もちろん 輝いていないので霊の光もなく家伝の因縁霊
(怨念霊等)がここぞと襲いかかって ポックリ逝って
しまうのです

定年後はお金もあって幸せな老後みたいだが 本当は
一番危険な時期なのです ほとんどの人は「救霊」
等とは無縁で事前に霊障を外していないからである

結果 人生に定年はなく 死ぬ瞬間まで目標と覇気を
持って生き続ける必要があるのです

(21)神と魔の違い

質問者:ハイル禅師 神と魔の違いとは何ですか?

私:神の働きと魔の働きと言うのは 陰陽の関係にあり
どちらも必要であるので存在するのだが 普通人には 
両者の見分けが付かないことも多いのである

例えば 神の働きと言うのは「御魂の向上」にあり
魔の働きは「御魂の低下」にあるが ある会社で
厳しい上司があなたの欠点を指摘して細かい事を 
ガミガミと言いせっかく打ち込んでも あなたの横に
いる同僚が「あなたは悪くないわよ 気にしないで
いいのよ!」と励まします

一見すると魔が上司で神が同僚に思えるが お互いが
優しくやっていける相手とは心地がよいので「もっと
頑張らないと」ではなく「そろそろ休もう」とか
「今日も疲れたわ」というように 安易で楽な方に
流されてしまうのです

私も学生の頃に講義は「さぼればいいじゃん!」とか
いう友人がいたが 自分は出席しており 魔だったと
いう事に後に気づいた次第であります

厳しい上司と言うのは 実は神で「観音の化身」で
あることが多いのです

その人の御魂を鍛えるという霊的観点から見れば
そう言う人は御魂を磨く砥石であると結論できます

(20)主の神(スの神)

質問者:ハイル禅師 なぜ 御親元素大御神様を 
主の神と言うのですか?

私:主の神(スの神)と言われるのは 文字通り最高神
であり あるじの神だからであるがそれとは別に「主」
には 深い神意が含まれているのです

主の字の上中下の横線三本は 天地人・日月地・
五六七・神幽現と言う意味で それを縦の棒が貫き 
一番上に「チョン」が載っている

これは 西洋思想と東洋思想が それぞれ離れ離れで
あったのが 時節到来 十字に結ぶ事になったと言う
意味を示しています

即ち 主の字の真ん中が十字であり 上下の横棒は
天と地であるが人間界は天地の間にあるから
人間界が十字に結ばれることを示唆している

カミとは カ(火)ミ(水)で火は縦に燃え 水は横に
流れる これが結んでカミとなり 神皇産霊(かみむ
すび)の働きという また 仏(ホトケ)は ホドケルの
言霊で それを結ぶのが神の働きなのです

キリスト教徒の十字架や胸で十字を切るのも結びの
意味であり 仏教の卍も同様で 十の字に結ばれると
左回転の霊で正の回転が始まり 逆卍になると右回転
の体で負の回転となるが それぞれのエネルギーが
発動するのである

(19)ヘルニアの治し方

質問者:ハイル禅師 私は椎間板ヘルニアで腰が悪く
手術を考えています でも 他に治療法があれば 
是非教えて下さい

私:椎間板ヘルニアで 手術を勧める医者は多いが
後遺症が残らず治った人は ほとんどいません

人には自然治癒力と言うものが備わっていますが 
実はヘルニアの治し方は「骨盤の矯正」にあるのです

ヘルニアは 脊柱に沿って伸びている神経に当たり
痛みが出てくるが この痛みを除く為にはみ出している
ヘルニアを手術で切除するのが 一般的です

だが 私の知りうる限り 手術後「痛みが取れない」
人の方が圧倒的です これは切除でも牽引療法でも
治りませんが 現代医療が稚拙なのです

即ち 骨盤を矯正することは仙腸関節のズレを治すので
腰痛だけではなく肩凝りも治るわけで ヘルニアと肩凝り
は 因果関係が同じである 真の治療法とは
 ① 骨盤と背骨の整骨をすること
 ② 万病一元を証明する「血液循環理論」から
 体全身の凝りをほぐし 血液の流れを良くすることで
 自然良能による治癒力により 根元から治すのです

(18)地上への生誕条件

質問者:ハイル禅師 霊界から地上に生まれ変わる際
中有界以上の霊層ランクからでないと生誕できないと
学びましたが 本当ですか?

私:仏教系や神道系の最先端の宗教団体では 霊人は 
いったん調和のとれた中有界以上からでないと生誕でき
ないと確かに述べていますが 事実はどの霊界からでも
生誕できるのであります

地獄からは生誕できないと言う霊能者や宗教家が多い
が 実際に霊界に行って見て来た深見氏によると地獄
からでも 転生の可能性があると言われている

私の研究でも 深見氏の見解が正しいと見ています
なぜなら 奇形や不具者で生誕する者がいるからであり 
いったん調和のとれた霊界からの生誕であれば比較的
五体満足で生誕するからである

また 私が書いてきた内容などを神に質問しても解答を
得られないのは 人が九十九%の努力と研鑽をしてい
ないからで 怠け者にさせないためです

霊界にも教会や科学研究所等があり 真理の探究が
行われているが 不思議なことに一定の霊層界で議論
している霊人の科学者や神学者よりも地上にいる私の方
が研究が進んでいる内容が多いのは あらゆる霊層の人
が地上に生誕しているからであります

(17)死因に至る過程の霊視

質問者:ハイル禅師 一流の霊能者の場合 ある人が
病気で死亡した際に 何が原因でどういう過程でそうな
ったのか説明できるのですか?

私:一流の霊能者とは 神の位に達した者であるため
太陽系の星から 犬・猫・草・花や 自分の内臓等とも
意識で会話ができるので具体的に説明ができるのです

例えば ある患者が尿毒症が原因で亡くなったと医師が
判断するが 神位の霊能者は尿毒で亡くなる前に腎臓
の左の上が悪く その前に大腸に疾患があり その前に
肝臓の右半分が悪く その前に心臓の右心房を痛めたが 
その原因が左目の奥の脳に憑依した「怨念霊の三体」
であると述べていた この患者は最初に左目が失明して
次に心臓が肥大して 肝臓が腫れて 結局尿毒が回って 
亡くなったので プロセスの合致により 聞いた親族は 
吃驚仰天している

例えば近代の大霊能者エドガーケーシーでも霊界通信
を受けて当時の医術に無い治療法で多くの人を助けて
いますが 病人の根本的な原因がわかるからであり
霊障の克服法や漢方薬の調合に精通していたのです

ただし ケーシ―の場合は目がさめれば ただの無知なク
リスチャンに戻りました

(16)死後の世界

質問者:ハイル禅師 人は死後 どのような体験をする
のですか?

私:人は死ぬと猛スピードで暗いトンネルを抜けて行き
気が付くと自分の遺体の上方から見下ろして家族や医者
なども見え 会話も聞こえています

四十九日の間は葬式を見たり 家族と名残を惜しんだり 
職場の引き継ぎを見に行ったりしているが この間は
霊界で死者の生前に於ける書類審査が行われています

だが四十九日までには肉親や天使等の迎えの霊に
従って幽界に行き 野原を歩き続けます

そこで脱衣婆に白衣に着せかえられて三途の川を渡り
ますが その際 生前の行いによって色が変わる

色分けが選別されたあと役人の鬼に連れられ 幽界の庁
の閻魔大王の判決を受けますが 三十年の執行猶予が
あり その間 その人の守護霊だった者や教誨師などが
改心等の指導をされ この三十年の間は子孫の供養が
届きます 暗い幽界で修業中の霊は子孫が花を供えると 
パッとその部分だけ明るくなります

改心出来ないものは判決通りの霊層に行き 改心出来た
者は 少しだけ霊層を上げてもらえます

霊達は天国・中有・地獄の大きくわけて この三段階の
いずれかの霊層界に入り 自分にふさわしい修行が 
始まるのである

(15)邪気邪霊の外し方

質問者:ハイル禅師 邪気・邪霊は自力で外せるの
でしょうか?

私:先祖代々から家系に憑依し続けている怨念霊や
不成仏の先祖霊は 神の許しのある「救霊」でなけ
れば外れないが 人生の途中で憑依した邪気・邪霊
・動物霊は 自力で外せる余地があります

たとえば 怠け者で部屋をゴミだらけにして汚くする人
は怠け者で不浄な人霊狸が憑依して眠くさせて無気力
にさせたり ドジをさせたりしますが 自分の意志力で
想念を転換し部屋をきれいに清掃すると邪気や人狸霊
は コソコソと逃げ出します

また邪霊は人の間違った観念部分 歪んだ骨の部位や
想念部分に憑依しますが 正しい真理を学び研鑽すると
「見破られたァ」と言って その人から外れるが なぜ
外れるのかと言えば真理を学ぶと霊層が上がり 御魂
が光り出すので 眩しくて憑いていられないからである

邪気も風呂場で天然塩を体に磨り込み シャワーで流す
と 外れる効果があります

人間の生誕理由が御魂磨きであるので 神は人間の隙
や欠点部分に邪霊等を憑依させて 修行させるのだが 
神に目を付けられた素質のある人ほど「魔や邪霊の
打ちこみ」が強くなる傾向があります

(14)理想的な夫婦の縁

質問者:ハイル禅師 夫婦の縁とは どのような縁が
理想なのですか?

私:赤い糸の伝説に於ける夫婦の縁にしぼり 具体的
に解説していきます

赤い糸というモノは 現代に於いては 三十本ほどある
と言われ そのうち濃いものが三本ほどあると神霊が言
われています

お見合いにしても 恋愛にしても 相手を自然に自分の
レベルに合わせて選んでいますが 前世のどういう縁で 
現世で出会ったのか 一番多いパターンが 前世で
 ① 親子 ② 兄弟 ③ 夫婦 だったという
組み合わせです

中には怨恨を持つ恨み同士と言うケースもあり この場合
刃傷沙汰に発展することもあります

一番良い組み合わせが前世で仲がよかった「父と娘」
が それぞれが現世で「夫と妻」になっているケース
です これが一番自然だと思います

逆のケースでは 前世の「娘と父」が それぞれ現世で
「夫と妻」となる場合で この多くは恐妻家と呼ばれる
「カカア天下」になります つまり 前世で権威があった
ものは 現世でも強いのである

では何の為に 現世で男になったり女になって生誕する
のかと言えば 男らしさや女らしさを学び 自分自身に
欠けている御魂や思考の歪みを修正するためです

ちなみに 龍宮界とは女性らしさを学ぶ霊界のことです

(13)霊障と劫の違い

質問者:ハイル禅師 「霊障」と「劫」とは どのように
違うのでしょうか?

私:霊障とは 守護神・守護霊以外の霊達が人間に
憑依して 悪い障り(病気・事故)を起こすことをいい
劫(ごう)とは地獄の奥底の先祖霊が 子孫に体質や
運命の悲運傾向などの影響を与えることを言います

主な霊障とは地獄の先祖霊を始め・怨念霊・動物霊・
水子霊・生霊などだが 劫というのは自分の家系で
地獄の奥底に沈殿している祖霊をいい 人間の背骨の
部分には多くの先祖霊がズラリと並んでいる為 まるで
人間の背骨は「動く位牌」のようだと言う神人もいます

正しく除霊をした場合は 人が取次ぎ 神仏が憑依霊を
救済するので 「霊障」は外れる可能性がありますが
「劫」は取れません

劫とは「負のカルマ」ともいい これに連動して霊障が
憑きます 劫と霊障は子孫の運命の傾向に大きく影響
を与えるが基本的には苦しんで取るしかなく 徳を積み
ながら苦しむのが抹消の方法です

観音様が降ろされているカルマの抹消法としては
「救霊」と「北極免因超修法」があり 現在ワールド・
メイトでのメイン秘技となっています

さらに因縁切りには「黒豆木祈願」と「血統転換秘法」
と2種類があったが 後者は数年前に無くなりました

(12)ローマ帝国の滅亡理由

質問者:ハイル禅師 ローマ帝国は なぜ滅びたの
でしょうか?

私:帝国や文明が滅ぶのは 無論「劫」など多くの者達
を弾圧してきた罪穢が溜まるからでもあるが 真の意味
は 崩壊しなければ 新しいものが生まれてこないから
である

これは 人が死んで生まれ変わる理屈と同じであります
輪廻転生とは 死んでも「無形の徳」は来世に引き
継がれるように 進化するための清算とも言えます

ギリシャが黄金文化を開いたのが紀元前五世紀頃だが 
それが次々にローマやアラブに攻め滅ぼされた理由は
崩壊しなければ 新しい文化が誕生できないからです
これは神霊界から見た解答です

ローマは ギリシャを政治的には征服したが 文化的に
見れば 逆にギリシャに飲み込まれたと歴史学者は
述べています

滅ぼされたギリシャの偉大な文化と文明を ローマ人が
独自の文化に融合させることになったからに他ならない

千年続いた帝国も東ローマだけとなり これも滅んだが 
物事には陰陽があり 栄枯盛衰に於いて「栄」と「盛」
だけが素晴らしいのではなく 滅ぼされて広まり 形を
変容して世界文化の礎となることも多いのであります

(11)理想的な夫婦の縁

質問者:ハイル禅師 夫婦の縁は 実際どのような縁が
理想なのですか?

私:赤い糸の伝説を 夫婦の縁にしぼり 具体的に解説
していきます

赤い糸というモノは 現代に於いては 三十本ほどある
と言われ そのうち濃いものが 三本ほどあると神霊が
言われています

お見合いにしても 恋愛にしても相手を自然に自分の
レベルに合わせて選んでいますが 前世のどういう縁で 
現世で出会ったのか 一番多いパターンが 前世で
 ① 親子 ② 兄弟 ③ 夫婦 だったという組み合わ
せです

だが中には 怨恨を持つ恨み同士と言うケースもあり
この場合は夫婦で刃傷沙汰に発展することもあります

一番良い組み合わせが前世で仲がよかった「父と娘」
が それぞれが現世で「夫と妻」になっているケースで
あり これが一番自然なだ形だと思います

逆のケースは 前世の「娘と父」が それぞれ現世で
「夫と妻」となる場合であり この多くは恐妻家と揶揄
される「カカア天下」になります つまり 前世で権威
があったものは 現世でも強いのである

では 何の為に現世で男になったり女になって生誕する
のかと言えば 男らしさや 女らしさを学び 自分自身に
欠けている面を御魂修正するためなのであります

(10)三界の教え

質問者:ハイル禅師 なぜ 神道が五次元の教えと
言われるのですか?

私:儒教・キリスト教が三次元 仏教が四次元 神道が
五次元の教えである理由は複数あります

神道には 神を敬い祖先を大切にする「敬神崇祖」と
言う考え方があり 他宗教が 神仏と人間が隔絶した
存在であるのに対し 神道では 自らの御先祖も丁重
にお祀りすることで 私達を見守って頂ける神 即ち
御祖神と深い繋がりがあります

神社の神が 人の魂の先祖にあたり 人の魂の出生は
「大国主の尊の系統とか 少名彦の尊の系統」とか
必ずあります 神道では 神代の時代のように 神と人
とが密接に交流することが本義であり 神が崇拝される
存在だけの教えは低く 人が霊格を向上して神と一体と
なることを 神は望まれています

つまり キリスト教・儒教・仏教が神と人との距離が
あるのに対し 神道は 「神人合一」が目的なのである 

無論 仏教でも 仏人合一や即身成仏などがあり
四次元なので レベルは高いです

三次元とは 現実界(現象界)の教えであり
四次元とは霊界(実在界)の教えであり
五次元の神道は 神界の教えとなるが 
これら 三界の教えを正しく学ぶ必要があります

(9)聖徳太子の子孫

質問者:ハイル禅師  聖徳太子の子孫は なぜ滅びた
のでしょうか?

私:聖徳太子は 門閥政治を防ぐために 自分の子孫
が根絶やしになるような墓相にしたのです

聖徳太子は 釈迦の前世記を存じており 釈迦が前世で
トラに身を捧げた様に自分も血族支配の門閥政治から
脱却するために 優秀な自分の子孫が絶えるように
仕向けました これは 厨子の中に描かれております

聖徳太子 亡きあと蘇我入鹿が人望の厚い太子の息子
の山背大兄王に戦を仕掛けたが 山背大兄王は数が多く 
戦えば勝てたと言われている

だが 多くの血が流れることを防ぐために 太子の血族
二十人余りで自決したのです

山背大兄王も徳のある人物で 父である太子の考えを
良く理解していたようです 太子が豪族の門閥政治を
防ぐために「冠位十二階」制度をつくり 家柄に関係なく
有能な者を政治家や役人に取り立てようとした事をです

当時は「和を以って尊子と為す」と言わねばならぬほど
門閥がひどく 太子は人望のある自分の子孫が権力を
独占することを阻み 息子もよく理解していたのである

太子は 真に日本を思うあまり 子孫が絶えるように
したのは 天と地に至誠を示す為でした

(8)神社参拝は最優先

質問者:ハイル禅師 神社参拝に行く際 他で用を足して
から参詣するのはダメですか?

私:「神は順序なり」と言われています 神社への参拝
以上に優先すべきことはないはずであり 用が主になり 
神仏が従になれば 参詣の意味がないのです

この順序とは 物事すべてに当てはまります 例えば
家を建てる際 子供部屋を二階にすると親の居間が
下位になり 子供が親の言うことを聞かなくなり易く
部屋に座る場合も 家長は上座に座り 妻が次 長男・
次男・次女と言うように順序よく座ると円満裡になります

また 部屋の入り口に近い所が下座になるが 玄関先
が一番の下座となり ここで寝起きすると 小間使いの
立場にされやすいのである

霊的に敏感な人が集会にいくと座席の順序がおかしい
と不快な空気が漂っていると述べていたが 下位の者が
上位に座っていたからで上の者が上位に座るべきである

また左右は 左が「霊」で上位であり 右が「体」で下位
になるが 右利きが多いのは「体」であるからであります

これらの理により 左大臣は 右大臣より上位になるの
であり 雛壇も原則的には左にお内裏様が良いのです

(7)人生の行き詰まり

質問者:ハイル禅師 私は人生に行き詰まりを感じます
どうやれば打開できるのでしょうか?

私:人生に於いて 行き詰まりを感じない人はいない
はずです 行き詰まりとは 心の閉塞感であり 叡智と
努力が足りない人が 打開に苦しむのです

よく人は 行き詰まりと言う言葉を使うが これはモノの
真相を弁えないからで 何事にも行き詰まりがあるから 
発展するのであって 厳密には行き詰まりではなく 駆け
出し過ぎては息が続かないので 一休みするのと同じわ
けで いわば「節」と言えるのです

これは「竹」を見てもわかるとおり 伸びては節ができ 
伸びては節が出来るから丈夫に育つわけで 伸びる
ばかりで節がなければ あの強靭な「竹」とはならない

従って 節の少ない「竹」ほど弱く 節の多いほど強い
のは そういうわけで自然を見つめればわかるものです

即ち 人生の壁や試練の少ない人は 弱くて伸びず 
壁や試練が多く それを乗り越えて来た人であれば
あるほど強くて伸びる人なのです

こういう壁や試練にぶつかった際に困るので 人は 
不断の努力で知恵をせいぜい磨いておくべきであり
真理の学問から来る叡智が 危急の際に助け舟と
なるのである

(6)因縁の調整

質問者:ハイル禅師 僕の家の御先祖は偉い武将でした
が大きな因縁を引き継いで不幸が多くあります 悪因縁
が深い家は やはり ダメな家柄なのでしょうか?

私:良き御魂は神によって「劫」を積まされる事もあり
因縁がきつい家というのは怨念霊も多いが 先祖霊も
意外と優秀なケースが多いのです

私の家系も 父方が地主で母方が武士ですが 身分が
高く粛清もしている御蔭で 私は幼少期に盲腸をして
おります

盲腸の手術は「因縁の調整」の意味があり 現世で人体
にメスを入れられる人は 前世に他人をあやめている
ケースが多くあります

因縁が深い家には 強烈な怨念霊が多数 家系に憑依
しているので脳卒中で半身不随にされたり ガンで殺さ
れたりするわけです ほとんどの人は運が悪い人だった
ね!というが 事実は 霊障が暗躍しているのです

私の家系も 脳卒中で半身不随になる様な家柄ですが
先祖は 高学歴で優秀な人が多い

悪因縁が深い家柄と言うのは 守護霊が優れている
場合もあり 必ずしもダメな家系とは言えず 私のように
「なぜだろう」と学ぶ人もいるので 幸福なら学ばな
かったと思います

ゆえに 必ずしも悪因縁「悪」ならずとも言えるわけです

(5) 真理や宗教の忌避

質問者:ハイル禅師 大部分の人は なぜ真理や宗教を
忌避するのですか?

私: 理由はいくつか挙げられますが ① 霊格と霊層
が低い無知な人が多いこと ② 霊格が低いマスコミの
人達が動物霊に憑依され宗教叩きをして世間を喜ばせ
ている事 ③ 特殊公益法人として宗教の団体を設立し
詐欺で荒稼ぎをするものがいることなどです

宗教が嫌われる理由は無数にありますが 宗教者や
宗教信者の言動の悪さや融通のなさも理由に多くあり
自在性がなく偏狭な固定観念に捉われている人がいる
事も 普通の人を遠ざけていると思います

宗教だけではなく 真理を忌避する人もいますが この
人達の共通点は前世も現世も学がなく目に見えない霊
の話は信じにくいからと抗弁するが 実際は 自分達に
憑依している邪気・邪霊や動物霊によって真理から遠ざ
けられているのです

こういう人達は「救霊」すれば ある程度 素直に物事が
考慮できるようになりますが お金に執着が強いので
縁がないでしょう

宗教とは 本来 神が人間の救済と啓蒙の為に地上に
降ろされたもので胡散臭いものではなく 真理を正しく
伝える役目を持つ 学校とか 教えのことなのです

(4)因縁支配の法則

質問者:ハイル禅師 神仏は なぜ人に霊障を憑依させ
ているのですか?

私:人は前世と現世で さまざまな罪穢れを蓄積させて
生きていますが 神が定めた「因縁支配の法則」があり
人の行い(カルマ)によって マイナス面が残れば 必ず
それを清算しなければならず その清算の媒介が家系の
憑依霊(先祖不成仏・怨念霊等)なのであります

家系に憑依する霊の種類は
 ① 地獄の先祖霊 ② 怨念霊 ③ 動物霊
 ④ 生霊 ⑤ 水子霊 ⑥ 木霊・井戸霊 
がメインとなり どの家系もこれらが複合的に憑依して
いますが 神仏は一石三鳥の考えで自分の先祖・他人
の怨念霊・子孫の三者が苦しむことで「劫」の清算を
させるのです

前世で善行が多かった人は 五十体のマイナス霊が存在
しても 守護霊も 必ず五十体以上で守護されているので
霊障が出ずに 百歳前後で老衰で亡くなります

前世で悪行が多かった人は 五千体のマイナス霊が存在
したとして 守護霊が二十体なら力関係により 霊障が
吹き出て ガン・脳卒中・心筋梗塞・難病奇病・交通事故
などで不幸に遭い または殺傷され寿命となります

これを「相応の理」といい 人は自分の前世の行いに
ふさわしい家系に生誕してくるのである

(3)肉体への同化時期

質問者:ハイル禅師 人が生まれる時 霊はどのタイミ
ングで 赤ちゃんに飛び込むのでしょうか?

私:人間として世に生まれるには 十月十日で霊肉が
一致して完成し出産になるが 胎児に意識が宿るのは
妊娠三カ月頃だと言われています

妊娠三カ月目以降に堕胎された霊は水子霊と呼ばれて 
不成仏のまま親兄弟にひっつくケースが多い

基本水子霊は霊障は起こすが 大病にしたり家運を傾け
るほどの霊力は持ち合わせていない 但し集合して霊力
が強化されると女性を不懐妊にさせる力はあります

江戸時代に 前世の記録を持つ勝五郎の話があるが 
自分は六歳で亡くなった際 黒服のお爺さんに連れられ
上に上がっていき草原でしばらく過ごした後 黒服の
お爺さんがまた現れ 今度は あのお母さんの お腹に
飛び込むんだよ!と言われて飛び込んで気が付いたら
生まれて来ていたと言う

このお爺さんは 鎮守様の産土大神ですが 霊界から
現実界の母親の妊娠した幼子の肉体に憑依して同化
する事実が判明しており ある大人の霊は 霊界で鎮守
様の池をのぞくと妊娠している母親となるべき人が見えて
その池に飛び込むと生誕していたと同じ事を述べています

(2)魂修行の意味

質問者:ハイル禅師 輪廻転生を繰り返す理由が魂修行
と呼ばれる御魂磨きだと聞きましたが病苦や貧困などの
苦しみや犯罪行為等を行い 何をしに生まれて来たのか
と思える人生の人もいますが どうですか?

私:人間とは肉体・エーテル体・アストラル体・メンタル
体・コ―ザル体からなる多次元構造の霊的存在であり
輪廻転生の記憶は コ―ザル体(ハイアーセルフ)が
記録しています

確かに人は徳を積むより 劫を積む人が圧倒的に多い
ので 寿命を老衰で迎えられる人が少ないのです

その結果 劫を多く積み 来世に あらゆる苦難に
見まわれる人は多い

だが 魂の進歩の見地から考えれば 輪廻転生の繰り
返しに於いて病気や貧困 或いは人間関係の苦しみなど
もそれらの困難が乗り越えられたときに内面的な霊性の
進化が行われ たとえ苦しみの期間があったとしても 
これらは 肯定的な学習効果としてのちに現れてくるの
です

人は輪廻転生に於いて 頂点の人生やどん底の人生も
あらゆる国で体験させられているがバランスがとれるよう
になっており 徳も劫も その人の霊的進化の為には
必要不可欠な陰陽の要素なのである

(1)霊主体従の法則

質問者:ハイル禅師 出口王仁三郎氏主張の霊主体従
の法則とは どういう意味ですか?

私:神道系の宗教では霊主体従という言葉がよく使わ
れるが 基本的な意味は 心が動いてから体が動くこと
から転じて 霊界に起こった事が現実界に移写してくる
様を言います

天使と言う者が霊界に存在するが善の天使は白い羽根
であり 堕天使は黒い羽根であるが 格が上がるほど
羽根も大きくなり 彼らが19世紀に二回大きな衝突を起
こし大戦争になったが 時間が経つと地上に移写され
世界大戦が二度起こりました

昭和三十七年頃から霊主体従の流れが速くなったので
急激に科学が成長して来たのです つまり 霊界から現
実界に科学技術などが移る時間が短くなったということ
だが 夜昼転換により 月の時代から太陽の時代に突入
したからであります

また 大天使ミカエルなどは高級神の化身であり 天使と
いうのは 元人間で 一度地獄に落ちていた者も意外と
多く 彼らが改心して一段づつ霊層を向上させてきた者
達が大半を占めていると 霊人は述べています

はじめに

現代社会に於いては 物質的にはある程度 満たされるよ
うになってきたが  現代人は真理に疎くほとんどの人は
仮の肉体や現実の目に見える物しか 信じようとしない

我々の本体は「霊」なのであり 肉体は一時的な借り物な
のである 多くの人が過信する科学も医学も未だに発展途
上の過渡期であり万能な手段になりえず 未解明な部分が
多いと言える

ハイル禅師語録では この未解明な部分に特に焦点を当て
あらゆる不幸や災難の原因を適切かつ明確に解説しており 
合わせて解決する手段も掲載させている 

本書を読むことで あなた方が正しい神霊知識を会得され
即実践し大いなる運命の改善と福徳の享受を祈る次第であ
ります

おわりに

本書を忍耐づよく完読して頂いた皆様は驚愕の真実に驚か
れた事だと思います 私の内容が嘘偽りでない事は 後日
読者自身が入念に研鑽し勉強されると明らかになると思い
ます
 
また独自に深く学問を研鑽された方や霊感の高い方 或い
は私と同じく奇跡体験や不思議現象を体験された方は 一
定の理解と得心が得られた事だと拝察しております

本書の内容を正確に読まれて理解できた方は輪廻転生に於
いて深い学問の研鑽を修得されてきた方です その為 霊
性の向上により本書と御縁ができ興味を持って頂けたのだ
と言えます

最後に読者の皆様が本書からいくつもの人生のヒントと解
決法を掴みとって下されば 著者としてこれに勝る喜びは
ない 皆様の幸運を心から祈る次第であります
ハイル語録厳選


05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



淡路島渡島船中にて