(71)天国界

質問者:ハイル禅師 天国界の話を一つお願いします

私:神位の霊能者が 十八歳の娘に憑依してきた
その娘の祖先である武士の霊から聞いた話があります

その武士の霊は 二百数十年前に 戦死した者で
生前 真言宗の熱心な信者で 
死後間もなく 弘法大師の団体に入ったが 
子孫の娘に降りて憑依した際 
霊能者の質問に 次のように答えている

自分が最初来た時は 数百人ぐらいいたが
年々 地上に転生する霊がここに戻ってくる霊を上回り 
今は百人ぐらいに減じている 

日常生活は 大きな伽藍の中に住んでいて
琴・三味線・笛・太鼓・囲碁・将棋・絵画などをやり
時々 弘法大師の お説教があり
それを聞くことが楽しみだと言う

弘法大師が 時々釈迦如来の下へ行かれる時は
この極楽よりも 一段上になり
非常に明るく まぶしい世界である

ここの大きな湖には 
二人乗りぐらいの蓮の葉が浮いており 
漕がずとも 意志通り動く

ここには 夜がなく 現世の晴れた昼間より 
やや暗く 光線は金色の柔らかい心地であり
ここの極楽に飽きて
最近では 救済活動に参加する霊も多いとの話でした
スポンサーサイト

(70)理解しない理由

質問者:ハイル禅師 正しい真理を説いても 
理解できず 信用しない人が多いのはなぜですか?

私:真理の八割は 目に見えない霊界部分の内容であり
ほとんどの人は 目に見える二割の部分で
全てを判断する癖が付いているからです

人間は 輪廻転生を繰り返しているが
過去世に あらゆる国籍や身分で
学んできた実力に違いがあり
これは無形の力の差であり 霊的な器の差でもある

厄介な事に 霊的な器の低い人ほど
低級霊に洗脳されており 猜疑心が強く
正しい真理を さらに 遠ざけている

実際の所 霊格が高い人とはある程度 人徳があり 
物事の真贋を見極める目を持つ者だが
霊界部分の話とは現世の全ての学問の最終段階となり
レベルが極めて高くなります

つまり 正しい真理を受け入れられない人の共通点とは
 ① 前世の身分が低い転生者で 学びが無い人
 ② 現世でも霊的実力が低く 正しく学ぶ学力が無い人
 ③ 間違った観念や思想に低級霊が憑依しており
  猜疑心が強い人 となる

霊格が高い人とは 過去世で
僧侶・武士・貴族・宦官・学者が多く
当時の学問を学び 輪廻転生のたびに
 グレードアップしながら修得してきた実力者である

(69)行いの記録

質問者:ハイル禅師 人の現世での善行と悪行は
記録されているのですか?

私:人間が活動する現世に於いての 
あらゆる行いは 事細かく記録され
死後 霊層界へ入る為の採点の対象になっています

私達人間は 学校や会社では試験を受けて
その成績や評価を気にするが
人生全体が試験だと言うことに気付かず 
悪を行う者が多い
 
悪人とは「目にみえざるものを信ぜざる人」であり
神仏の実在を否定する者が圧倒的である

悪人は 利欲の為に 人の目さえ誤魔化せば
如何なる罪悪も行う 虚無的思想者であり
欺瞞は普通事の如く行い 他人を苦しめ
人類社会に災禍を及ぼす

「人盛んなれば 天に勝ち 天定まって 人に勝つ」
という諺の通り いろんな悪や侵略戦争は
一時的には 華やかで盛んであるが
必ず 最後には 没落している

よく悪事をした者が自首したり 
捕まってから 刑罰にあうことを喜ぶ者がいるが
ある程度 良心の呵責がある人で 
神より与えられた魂が 
神から叱責されるからであり
全ての人の魂は 霊線によって 
神に通じているからです

結果 全ての人間の善行も悪行も
正確に冥官の閻魔帳に記録されているのである

(68)霊障

質問者:ハイル禅師 なぜ 偉い大臣が失言したり
地位のある者が 犯罪を起こすのですか?

私:現世的に見れば 驕りと 傲慢から 
過ちを犯すという見方があるが
厳密には憑霊現象から来る「霊障」なのです

人間の前頭内の貧霊は不眠症を起こすが 不眠の原因は 
後頭部右側延髄の固結にあり
それが血管を圧迫することにより起こる

貧霊部位は「狐霊の憑依」を呼び
 人間を自在に操るのだが 
霊の充実度が十とすれば 憑依できず
充実度が六になると
四の狐霊の憑霊の影響が出て 
充実度が四になり 狐霊が六になると
理性を失い 支配されるが
特に酒を飲んで豹変すれば
憑依数が常時多い人です

情緒不安定な人や 身分の高い人ほど
憑霊が強く出るが 五の線を破られると
滅茶苦茶な言動をし狂態を演じるが 長くは続かず
五の線以下に戻り 酷く後悔するのです

酷い憑霊の場合 五の線を長く破られ
完全憑依となり 形は人間でも 
心が獣類化し 露骨に残虐性を現わす

精神病者とは 重度の憑霊現象であり 
基本 狐霊の憑依に 乗じて
悪因縁が強い家系では 
地獄霊・怨念霊・凶魔鬼・狂衰鬼などが複合し
凶悪事件を起こすのが真相です

(67)素直な心

質問者:ハイル禅師 なぜ 人は心を素直にして
物事が理解できないのですか?

私:フランスの近代哲学者の
アンリ・ベルグソンによれば
人間は誰しも 物心が付き始めると 
色々な事を聞いたり
伝説や既成学問を詰め込まれるので 
それが「棒」になって
心を形成して支配していき 
「棒以外」の説を聞いても その棒が邪魔をして
想念の中に そのまま 入らないという

私がこの説に補足すれば「唯物史観」に
心が支配されて「唯心史観」を受け入れられないのです

つまり 子供のように純粋で「白紙」になれば
私の書いてきた内容も スッと受け入れられます 

よく子供が大人の言葉を聞き
返す言葉に感心を受けるが 
全く「棒」の邪魔がないからである

また ベルグソンは 直観の哲学で
「物事を歪めないで 真っ直ぐ見よ」と述べており
万物流転の項目については 
万有一切は 一瞬の遅滞もなく 動いており
微妙に過去と比べて進化していると述べている

正しく物事を思考できる人の言うことは 万国共通している

心を素直にし 自在性を持たせるには 
霊格の向上が必要だが 
外界の事物に対し 
自由無碍に応ずる働きを「観世音」の働きと言う

(66)神仏への献金

質問者:ハイル禅師 神仏への献金の適切な額と
神仏からの御蔭はもらい得になるのか 教えて下さい

私:神仏に対して 感謝の誠を捧げる場合 
仮に金銭にしても 多い少ないは問わないので
分相応の最大限度であればよいのです

神仏は 何もかも御存知であるから 
無理をせずとも お許しになるが 
その代わりに 世の中に善行をすればよく
要は実行である

また 神仏からの御蔭については
基本 神仏が 人の病気を治し
悪霊を外し 刧の抹消をして下さるのは
その人に 御神業や善行を積んでほしいからであり 
もらい得と考えて 神仏への感謝を忘れ
善行を行わない者には 霊界の
「神権裁判所」から督促が来て
「再浄化」が起こり「あの世行き」になることもある

神様が 悪因縁を祓って下さる救霊では
一般の縁ある衆生への救済もあり 
宗教に入信する人より 若干 功徳の質が下がるが
恩赦の形は同じです

霊界知識として大事なことだが
霊界から 借金をすると
高利貸しのような高金利が付くので 要注意であり
稲荷や蛇の祭神に祈願して御蔭を頂いて
お返しを充分しなければ 
祟りに合うのも この解釈の延長上にあります

(65)浄化作用とは

質問者:ハイル禅師 浄化作用とは 
病気の事を指すのですか?

私:病気は 勿論浄化作用だが
純粋に体内の汚物を排出する意味と
前世からのカルマの抹消の為に苦しむ
二種類の浄化作用から来ています

また 浄化作用と言う言葉 
広義では「霊体一致」の真理に外れた事柄
などにも使われている

例えば 浄化作用に於いて
原因の形によって 浄化の形に違いがあり
仮に 盗み・使い込み・分不相応の
贅沢等の罪穢は 金銭や物質で償わされる

世間よく 金持ちの道楽息子が親の財産を
湯水の如く蕩尽する者がいるが
親や祖先の罪障消滅をさせられており
例えば二人兄弟だとして 
小乗的に見れば蕩尽者は悪党に見えるが
大乗的に見れば 律儀真当な 兄弟より 
祖先の名を傷つけている当人の方が
先祖孝行者であるのです

理由としては
 ① 地獄の先祖が背負う鉄板が子孫の散在により
 軽くなることにより
 子孫の血筋が絶えにくくする為である

また 人間の目を誤魔化す罪は眼病 
耳に痛い言葉の罪は 耳の痛みや舌の病 
人の頭を痛める罪は 頭痛
自己の利益のみ腕を奮う罪は 腕の痛みなど
全て相応の理によって 浄化が行われます

(64)人の本体

質問者:ハイル禅師 人間の本体とは 
魂・霊体・肉体の どの部分ですか?

私:人間は 神の分魂であり
御魂を 完全な「水晶の御魂」にする為に
霊体が肉体に入り地上で 御魂磨きをして 
修業しているのです

人間とは 厳密には 多次元生命体であり
 五次元の「神の分魂」
 四次元の「霊体」
 三次元の「肉体」の 三層から成り立つ

人間の肉体は「借り物の器」にすぎず
本体は 霊であり 霊体は 霊界の霊層界に存在し
その霊界の霊体の位置が現実界の肉体の健康状態や 
運の善し悪しなどに 投影する 

また 霊体と肉体は 姿・形もそっくりです

人は肉体が 使用不可となるや 
肉体を脱ぎ捨て 新しい肉体に着替えるが 
これを「輪廻転生」と呼ぶ

人は輪廻転生で あらゆる国籍で生まれ
吸収した体験や技能や知識などは
御魂に蓄積され 来世に持ち越すので
同じ赤ん坊で 生まれても
能力や才能に差異がある

三歳で ピアノを弾く子や
五歳で 大人顔負けの 絵を書く子がいるのも
天賦の才であり これが理由です

結果 人間とは 霊であり
神が決めた肉体に 憑依し同化して 修行しつつ 
御魂を 磨き 神と一体となる為に
輪廻転生する 神霊的生物なのである

(63)人まね鳥

質問者:ハイル禅師 オウムやインコなどが
なぜ 人の言葉を話せるのですか?

私:私が知る範囲では
人以外に輪廻転生する動物は哺乳類の
犬・猫などだが その他の鳥類・獣類・虫類なども
一代限りではなく 転生しながら 
進化している可能性があります

動物の知能は 人が考えるよりも高等で
能力も高く 犬・猫などの意識レベルは
人間の小学生レベルであり
お腹がすいた・今日は寒いね・寂しいな
など 人間の感情部分と変わらない

特に鳥類は 死後 天狗界に入ると
複数の神道の霊能者が言われており
動物の中でも 鳥を殺生した時の霊障が
特に強いのは 知能が高く 念が強いからである

オウムなどは「桃太郎の話を全て暗唱する」ぐらい
高度な知能を有するが インコ類も同じであり
鳥籠の入り口をクチバシで開けるので 
ペットショップでは 鍵をかけている

鳥も大きさや種別によって 
天狗界での地位が変わり 小鳥などは
「木葉天狗」になり 伝令などを行い 
鷲や鷹のような猛鳥は 
人天(人間の神官・僧侶)などの
すぐ下ぐらいの地位となる

動物の魂の行方や進化については
解明されていない部分があり
これからの課題になるだろう

(62(死後の入信

質問者:ハイル禅師 生前 宗教に入信していた人は
死後も宗教に入信できますか?

私:霊界とは 現実界の 元の世界に当たるので
過去に地上で存在した あらゆる宗教が
霊界では 時間を超越して存在しており 
自分の宗教への入信は 
どの霊層ランクでも 基本 存在しているので
入信が出来る可能性が高いと言えます

例えば 天理教でも ワールドメイトでも 
地獄・中有・天国と どの霊層でも存在しているが
各霊層界に於いて 同じ宗教なのに
教義の内容が違うのは死者の精神性に合わせるからで
地獄界では「鐘」を鳴らして
祝詞で終わるとか 簡易なのに対し
天国界では 教誨師などにより
緻密な内容の講義を受けている

霊界は 過去・現在・未来が同時に進行している
特殊な世界である為 
現実界で消滅した宗教なども存在している

地上の人間で 例えばキリスト教の人は 
イスラム教や仏教者を異教徒と呼び
線引きを行うが 霊界では 
特定の宗教や宗派が偉いのではなく
個人がどれだけ真理に精通しているかが
重要であるので 
仏教やキリスト教信者の守護霊が 
ゾロアスター教や マニ教や 
バラモン教だったりすることもあるのです

(61)次元界の成立

質問者:ハイル禅師 次元界は どのように
できたのですか?

私: 宇宙が「点」から出発し
「点」の神が絶対権を持たれた状態が「ス」であり
 スの神(御親元素大御神)が出現すると
 次に 広がりが出てきます

無極の点から キ胞が広がるが
「キ」は 先天のモノであり 
これが後天世界に現れると「気」になるが
「キ」が集まって「キ胞」になり
そこから 九次元・八次元と
次元界が降りてきて 宇宙となる

点が「無」として 
十次元とすれば「有」が始まって 
スの神が出現されたプロセスは
十次元と九次元の間と言える

九次元は 極微な波動の世界で
「元素神界」や「極微神界」と言われ
八次元に降ると波動に色が付き 
七次元は「色魂」の世界となる

この七次元から上を別名「かくれみの神界」と呼ぶ

六次元 つまり 第六神界から
映像のような姿・形が出現し
人が知覚できる上限の世界となり
五次元になると姿・形に
光とエネルギーが加わり
神社の産土神は 五次元の存在となるが
五次元から上を「神界」と呼ぶ

四次元まで下ると 如来・菩薩などの仏様や
龍神・天狗などの眷属が存在するが 
物質次元の三次元と表裏の関係にあります

(60)終末の示唆

質問者:ハイル禅師 キリストの言われた
「世の終わり近づけり 汝ら悔い改めよ」とは 
人類の終末を示唆するのですか?

私:末法の世(現代)に於いて
新しい時代(弥勒の世)に突入するには
過去の人類の罪の清算が必要であり
刧が噴き出す現在の人類に
改心せよ!という警告である

巷の浅解者は「人類が滅ぶ」と言うが
正確に読むと世の終わりが近づいているが
改心すれば助かる意味もある

言霊では「世の終わり」とは
「夜の終わり」であり 
真如の月夜の世界から 
太陽の昼の世界に移るという
「夜昼転換」の意味である

今日まで 苦悩に満ちた暗黒世界は
夜の象徴であり 昼の世界とは
光明遍く 罪悪も苦悩もない歓喜の世界を示唆する

夜昼転換とは 幽幻界に始まり
霊界から 現実界に移写したもので
夜の期間中は 水素が主で火素が従であったが
昼の世界では 火素が主である為
霊界の「濁」が「清」となり
それが現実界に移写され 浄化速度が速くなる

従って全人類に「大浄化」が起こり
汚濁や罪穢のある者が 天変地異等で
迅速な速度での大量死が懸念されるが 
これを阻止する為に 
「三千年の神仕組」を スの神が降ろされたのです

(59)癌の治療法

質問者:ハイル禅師 ガンに罹患した場合の
最善の治療法を教えて下さい

私:ガンで 一番生存率が低いのが
「膵臓癌」であるが 血糖を司り 
なおかつ 発見しにくく 転移が速いからである

ガンに罹患した場合の現代医学の最新治療では
私の知る限り マルチCTで
放射線治療の照射部位を限定し
正常細胞の犠牲を最小限にして
ガン細胞を滅却する方法だが
最高度治療の為 数百万の治療費がかかります

この治療を三回ほど受けて快癒した人もいるが
体質改善がなされていないので
根本治療にならず 霊障ガン である場合は 
また他の部位にできる可能性が高い

ガンの原因は ズバリ 悪因縁による霊障だが
怨念霊などによる憑依の場合と
先祖代々の家系から来る地獄霊の
二種類の障りの いずれかである

ガン治療には 
① 霊障を外す
② 因縁を切る 
③ ビタミン・ミネラルなどの
食事療法の三つが必要であり
 腸管免疫を向上させることにより
 血流を改善し 体質を変えるのです

私は 抗酸化ビタミン・ミネラル
乳酸菌・食物繊維の 大幅な摂取で
ガン細胞の転移を防ぎ 治療できる根拠を発見したが
霊的・体的免疫機能の両方を上げる必要があります

(58)同化霊

質問者:ハイル禅師 動物に生まれ変わってくる
人間はいますか?

私:人が現世で生誕するシステムとは
母体が妊娠して 胎児の形が出来上がる
二カ月~三か月の間に 霊界の霊魂が 産土神の命で 
この胎児の肉体に憑依して同化することにより 
我々人間が生誕するのです

動物に生まれ変わってくる人間の
霊も存在するが これには理由があり
生前 鬼畜の如く悪逆非道な行いをした人間が
死後 地獄界の畜生道に落ちて ここから生誕した場合 
動物の母が妊娠した赤子に 霊界から憑依することにより
誕生するが 悲哀を味わう(狩られることが多い)
修行の為であり 厳密には生まれ変わりではなく
同化であり 魂は人間の霊で肉体が動物なのである

私の知る限り 犬・猫・蛇などの元人間の同化霊が多く
犬・猫などは「縁」により 自分の子孫に飼われること
が多いのも事実だが神の計らいであろう

また 田舎の家などで屋根裏に棲む「青大将」の蛇を
あやめた為に祟りを受けることがあるが
これは 蛇が自分の祖霊と同化していたからであり
霊力が強く 戒告されるからである

(57)似非善人

質問者:ハイル禅師 人間は なぜ悪を働くのですか?

私:人間は 神の分魂だが 半神半獣の要素を持ち
心によって 比重が決まり 悪を働くのは 
知恵があるからで ある程度 知能が高く
万物の霊長なるが故に 自分の利益などの為に 
悪を働くのである

人が現世に生誕して いろんな体験や
基本的な学業を修得していく過程に於いて
成人後に 精神的な欲求を強く持ち
真理に興味を持つ者は 神性の要素が強く(神に近く)
物質欲に傾倒する者は獣性の要素が強い(悪魔に近い)
人間なのである 

神は 人間に 最低 神の存在や
自分が霊的な存在に気付けるくらいの知恵は
持たせているので 真理の話が荒唐無稽な絵空事だと
断罪する人は霊層が極度に低い愚者である

人間が悪を行うには 知恵が必要だが 
本物の叡智を持つ人間は「カルマの法則」に気付くので 
悪を行わないが 世の中には 半端な知恵者が
圧倒的に多い

人は 純粋な心だけでは
確固とした信念や知識から来る根拠がないので
本当の善人ではなく 似非善人であり
本当の悪を心から追放するには 
叡智が必要で 善人と言う役を
五十年間演技し続けるのも 
人格が善人になる方法でもある

(56)真の善人

質問者:ハイル禅師 私は意志が弱く中途半端だし 
善行するにしても自分の得を考えてばかりで 
偽善のような気がします どうすればよいですか?

私:人間は 何か足らない部分があるから
修行者として 現世に生誕するわけで
どんな人間であれ 最初は「心」が弱く優柔不断であり 
功利的で保身的な生き物なのです

霊層の高い 白隠禅師でさえ
幼少時に地獄に落ちるのが怖くて
修行に入ったという動機であり
人とは 案外そんなものです

偽善でもよいので まず善行してみることです
よく芸能人が被災地に行って炊き出しするのを見て
「売名行為」だと批評する人がいるが
何もしない人より数百倍偉いのです 

禅師としての私からは「意志が弱く中途半端で軟弱な
自分を一切捨てよ!」と助言したい

臆病になり 何もしなければ何も始まらず 
何事も勇気を持って 行動してみることが必要であり
誤った部分があれば反省しながら修正していけばよい

あれこれ頭で考えるより
思い切って 第一歩を踏み出せばよく
偽善だと思っていても自分の良心に照らし合わせて
善行を継続していけば 気が付くと「真の善人」に
なっているものなのである

(55)神の推奨

質問者:ハイル禅師 見合い結婚と 恋愛結婚と
どちらを 神が推奨されていますか?

私:わが国には 都会はもとより山間僻地といえども 
必ず鎮守様(産土神)が鎮まる産土神社や
氏神様が存在します

これは ちょうど現実界に於ける
区役所のようなもので 
人間社会における冠婚葬祭はもとより出産等に至るまで 
産土神が担任されておられるのです

昔から子供が生まれると
お宮参りに行く習慣があるが
これは子どもを授けて下さった
神様にお礼参りをする意味であります

これと同様 結婚に於いても
産土神が男女を結合させるが 
恋愛・見合いを問わず
産土神の思し召しであるので優劣はない

ただし 霊障が強力な家系では
怨念霊が仕組む結婚もあるので
相手の家系や親戚の状態
(寿命や結婚生活の長さ)なども
よく調べた方がよいだろう

聖書の言葉に「神の合わせ足るものを
人たるもの 離すべからず」
「人はその妻に合い 二人の者一体となるべし」
「汝の妻をもて 足れりとせよ」とあるが
基本 この通りであるが あまりにも
両者が不幸になる酷い結婚の場合は 
離婚や再婚もやむをえないのである

(54)人間恐怖症

質問者:ハイル禅師 現世での 人間恐怖症なども
前世に原因があるのですか?

私:現世に於いて恐怖症を極端に持つ人は
前世の死因が原因となるトラウマを抱えて
転生している人が多いのです

例えば 人間恐怖症の人で 
前世に人込みに揉まれて押しつぶされて死んだり
独居を恐怖する老人は 
必ず玄関から外に出て 誰か帰るのを待つが
前世 死に際に急病で 人を呼んでも 
間に合わなかったとか 水で怖がる人は 海や池で 
溺れて 死んだ人などです

大体 トラウマを持って生誕する人は
霊界での充分な浄化が行われる前に転生する人が多く 
こういう御魂を「再生御魂」と言い
前世で不慮の事故で死んだ者や 
自殺者などの再生者も多くいるが
前世も現世も短命な者が多い上に 
早く転生するので 記憶が残存するが
概ね 死後三十年以内の転生者に多く見られる

また 早く再生する原因として 
本人の現世への執着のみならず 
遺族の執着が影響することもあり
世間よく 愛児が死んでから間もなく
妊娠して生まれる例があるが 
これらは 全く死んだ愛児が母親の執着によって 
早く再生するのであるが こういう子どもは
概して薄幸な人生となりやすいのです

(53)転生回数

質問者:ハイル禅師 輪廻転生の回数が多い人ほど
才能が豊かなのですか?

私:輪廻転生が多い人でも 何も学ばなかったり
短命の人が 回数多く生誕しても 
学習密度が低く 才能が豊かとも言えないが
一般的には そのとおりです

人は生まれながらに 賢愚の別があり 
これは 古い霊魂と新しい霊魂の
経験と学びの差異にあります

古い霊魂とは 再生の回数が多く 
現世の経験を豊かに持っているからで
これに反し 新しい霊魂とは 
霊界に於いて 新生して間もないものであるから
経験が浅く 愚かなのです

 *霊界でも 生殖作用で 霊魂は増えます

戦国大名で 前世から修羅場の経験を 
かいくぐって転生して来た武将ほど 
思考力があり 生残率が高く 
調略や人心掌握がうまい上に
「忍耐強い」特徴を持ちます 
歴史に名が残るのも 当然であり 
前世からの積み重ねたスキルと
才能がズバ抜けて 実力者だからです

転生回数が少なく
前世の積み重ねたスキルを持たない武将は
無理強引で 性急な作戦で 落命しているが
勇敢さや 猪突猛進だけでは
戦には勝てないのは 将棋でも言える事であり
読みと忍耐強さが 浅いからだと 私は認識しています

(52)徳積みの継続

質問者:ハイル禅師 現世で恵まれた生活をしている
人は死後も良い霊界に行けるのですか?

私:現世で良い生活が出来ている人は
徳がある人だが 特に悪事をしていない人でも
死後 低い霊界に行く人も 現実には多いのです

現世は 修行の場であり 
楽園ではないので 安逸に生活を享受し
娯楽に耽り 徳を積まなかった者は 
死後に 咎められ 来世は 貧乏人で転生します

巷の宗教者は 人は幸福になる為に生まれてくる
と言うが 幸福な人生でも霊界で罪を問われるなら 
幸福者ではない

現世では 徴兵されて強引に戦争で落命する人も
いる中で幸福な生活を享受できる人は 徳を積み
他人を救済する責任と役目を担う 使命があります

良い影響力を発揮できうる立場でありながら
娯楽と安逸を貪った 怠惰の罪と 徳を積み
先祖霊を救済しなかった罪は 
見た目以上に大きい大罪となる

子孫が善行をすると 低い霊界の先祖霊は
神から恩赦が施され懲役が軽減される仕組みになって
いるのである

現世も幸せで 霊界でも幸せで 
来世でも幸せになる為には 御魂磨きと徳積みは 
現世でも 霊界でも 謙虚に継続しながら
地道に続けていく必要があります

(51)善人の不幸

質問者:ハイル禅師 善人なのに不幸な人生を送る人が 
なぜいるのですか?

私:世間よく善人にして不幸な人がいるが
かかる人は 前世に於いて罪を重ね
死に際し 霊界で翻然と悔悟し 
自分は未来永劫 悪は一切なさないと固く決心し
その想念が霊魂に染みついており 
浄化不十分のまま 再生するをもって 
悪を嫌い 善を行うにも拘らず不幸の境遇を辿るのです

暗殺される善人も この理により
因果で言う 負のカルマを持ち
罪穢の払拭が 済んでいないからである

しかし 稀に ある期間不幸が続き
罪穢が払拭されるに於いて 一躍幸福者となる例もある

人の寿命とは 神よりの受命者として 
人生に於いて 霊体に罪穢が堆積し 
それと共に肉体も病気などで 
受命を遂行しがたくなるから 
一旦 身体を捨てて 霊界に復帰するが
これを「帰幽」と言う

昔から 霊の抜けた体を「ナキガラ」といったり
肉体を「カラダ」と言うのも そう言う意味です

霊魂が霊界に入るや 大多数の人は
罪穢の浄化作用から始まり
霊界生活に於いての高下と 
浄化次元の長短があるのも当然で

早きは 数年・数十年 
遅きは 数千年・数万年に及ぶ者さえ存在します

(50)御魂の質

質問者:ハイル禅師 最初に生まれた長子の赤ちゃんは 
御魂の質が良いと聞きましたが 本当ですか?

私:第一子で生まれてくる長子が先祖の期待を受けて 
徳が厚いのは 本当のことです

家代々を背負う「長男」が 最も御魂の純度が
他の兄弟に比べて良いとされるのは 
男女共に最初に 結ばれた第一子だからで
第二子・第三子と後になるほど 
母親の胎霊が曇り 御魂の質が低下する

白・ピンク・茶色・黒というように
胎霊の純度が落ちるのだが 
現代の風潮では婚前交渉が多く 
質の良い第一子を堕胎するケースが多いので
素直ではない 御魂の粗悪な人間が多い

長子は 先祖の期待を大きく受けて生誕する者が多い為
比較的 穏やかで聡明な人が多いが
第一子が「長女」である場合は 
長男ほど 家の因縁を受けません

怨念霊が長子から狙っていくのは 
家系の期待が大きく 御魂の質がよく
価値が高い事を霊的によく 知っているからです

徳が厚い御魂は 物事を素直に良く学び
まじめに勉学に励むので 聡明で成績優秀な者が多く
粗悪な御魂の者ほど 猜疑心が強く 
素直さが無く 勉学に取り組まないので
家族も先生も 手を焼くことが多い

(49)風邪の治療

質問者:ハイル禅師 風邪を治すには 何が一番
よいのですか?

私:厳密に言うと「風邪」と言う病気は無く 
咳・痰・頭痛・熱などの感冒の症状を総称して
呼んでいるのです

風邪とは 身体の浄化作用である為
本来 熱も38度までは 下げずに出させた方が 
治りがよく 無理に薬で下げると 浄化不十分となり
薬毒だけが身体に残ります

風邪に良いのは 抗酸化物質と呼ばれる
SOD用エキスや ビタミンA C Eだが
ビタミンAに限っては 過剰症があるので
ベータ・カロチンで採りいれた方がよく
私は リンゴ・人参ジュースをお勧めします

乳酸菌飲料も免疫力を上げるのでヤクルトもよく
特に 風邪に一番よいのは ビタミンCであり
サプリメントで 含有率が高い 天然ビタミンC である 
ローズ・ヒップなどが効果的です

インフルエンザの予防接種なども 
毎年推奨されているが 
厳密には 約5パターンのウイルスに付き
1種類に対応したもので
残り 4パターンで 型が違うと効果がない

私は 上記のように 身体の免疫力を上げる工夫をして
身体を温めて 日にち薬にしているが 
鼻水などの症状がきつい場合は
市販の薬を少量服用しています

(48)神力と霊力

質問者:ハイル禅師 神力と霊力の違いを教えて下さい

私:一般的に 先天修行での「神力」は他力 
後天修行での「霊力」は自力 と言われているが 
神力とは「謙虚に自分は神の力を取り次ぐのだと」
自我を捨てた人が授かる力で
霊力とは 自分の念の力であったり
背後の霊の力であるので これが 
神力と霊力の違いとなります

また後天修行では 天狗や行者霊に憑依されやすく
霊力でも 正しい霊がかかって 取り次ぐ者もいるが 
それでも神の力を借りる神力と雲泥の差がある

よく勘違いするのだが 人の病気を治したり
人を幸せにするのは 超能力者や 霊能力者自身ではなく
人の真心と努力に感応して 助力する神様の力となります

つまり 超能力者や霊能力者も 
神ではなく「神の取次者」なのである

本当に偉いのは「神様」であって
霊能者や宗教団体が偉いわけではなく
信仰の対象は 教祖様ではなく「神」でなければならず 
ここを多くの霊能者や 宗教団体の教祖や信者が
間違ってきた部分であります

従って 高級霊界の霊であればあるほど
神様の取次をさせて頂くという気持ちが強く
「私が 俺が」と言う人ほど 神力が弱くなるのです

(47)悪因縁の滅却

質問者:ハイル禅師 家代々の悪因縁をゼロに
できるのでしょうか?

私:悪因縁とは 前世の個人の宿業(カルマ)が
元凶になっており その重さに応じて
ある家系に生まれた際 
家系に憑依する因縁霊の霊障を受けて 
人は一生を送るのが現実です

個人の宿業(刧)が重ければ重いほど
霊障のきつい家柄に生まれますが
悪因縁とは厳密に「個人の刧」と
「家系の霊障」の二種類を指します

霊障のきつい家柄でも 兄弟によって
運の差があるのは 兄弟の順序や 
個人の後天的徳行によって 差異が生じるからです

地獄の先祖霊や怨念霊などは 表面的な霊障であり 
徳を積んで救霊を受けるか 大きな善徳を積むと
徐々に数を減らせるが
前世からの個人の「刧」は なかなかとれにくい

「刧」の正体は 地獄の奥底にいる祖霊からの霊線であり
これが医学的に遺伝や体質といわれている

このように 救霊で ある程度の霊障は外れるが 
刧が取れないのは 沈殿している霊障だからである

神の法則は 厳格であり 平等である為
悪因縁は 人の後天的な努力と徳積みで 
少し筒 苦しみながら 神に小難にしてもらいつつ 
清算していくのが原則となります

(46)霊界と現実界

質問者:ハイル禅師 霊界と現実界とは 
どこが違うのですか?

私:霊界は 四次元世界となり過去・現在・未来が 
同時進行される時間の概念であり 現実界の 
三次元世界とは 表裏一体の関係にあるのです

神界は まったく別の世界となりますが
霊界と現実界は 密接であり 
この世(現実界)にある痛みや苦しみも
すべて あの世(霊界)でも
同じ仕組みとなっている為 
自殺は 解決になりません

表裏一体なので 霊界の写しが 
現実界となる「霊主体従の法則」により 
例えば 現実界で胃癌になる人は
霊界の自分の霊体では
三か月前には 既に 胃に黒い影ができています

現実界は 霊界の写しの世界であることから
「現象界」と呼ばれ 霊界は「実在界」と
呼ばれる所以です

また 基本的に 霊界にあるものは 現実界にあり
現実界にあるものは 霊界にあります

霊界では 心が裸になるので 
容姿は 自分の想念や心のままの姿に変異するので
獣人の姿の 元人間もいるが
カルマの法則が厳格に速く働きます

御魂磨きや 徳を積む観点から言えば
霊界修行より 肉体を持って現実界で修業した方が
百倍以上 早く進むので 人は輪廻転生するのです

(45)原罪

質問者:ハイル禅師 アダムとイブが 禁断の木の実を
食べて堕落したから 男は労働を女には出産の苦しみが
課されたのですか?

私:禁断の木の実とは「知恵の実」であり
神が蛇を使って 人に食べさせたのは 
人に「分別の知恵」を持たせ 
地上で 文明を進歩発展させる為にした事の比喩である

バイブルに出てくる樹木とは「知恵」を指すが 
太古に 第六神界が開かれていた時には 
人間と神様が一体となり 神人合一していた

その頃は 人間も神様と自由に会話できたし
霊的な事も 現実的な事も理解していたが
これが バイブルで言う「エデンの園」の時代なのです

しかし 神様と仲良く幸せであったなら 
人間はそれだけの存在で終わってしまう
それでも人間は 幸せかもしれないが 
進歩発展することが無い

神の持つ 素晴らしい叡智・芸術性など 
次元の高いモノに向かって
生成化育・進歩発展することはなく
小康の安らぎに甘んじて 小さな幸せで終わる

神には もっと大きな御心があり 
人に より高度な生き物になってもらい 
神に近付いてほしいと望まれている

弥勒の世とは 輪廻転生で修行を積んだ人間が
再び 神人合一の時代に戻る世界の事なのです

(44)世界連邦政府

質問者:ハイル禅師 世界連邦政府は
どんな過程を経て 成立するのですか?

私:日本が世界の霊的な雛型であり 
明治維新の経緯がそのまま
世界連邦政府成立への流れになります

明治維新は 将軍の大政奉還や
江戸城の無血開城の御蔭で成立したが 
実は 清がアヘン戦争で英国に負け 
南京条約を締結させられ 植民地状態になったのを見て
政府軍と幕府軍が 講話を結んだのです 
江戸が荒廃すれば 日本も清と同じようになるからです

つまり 外圧があったから 
明治維新が出来たのであり 
世界連邦政府の樹立も
人類共通の危機が絶対に必要なのです

先進国の政府や国民も
自分達の生活レベルを下げてまで 
南北格差を縮める気は無く
後進国は 貴重な自然を台無しにしてまで 
工業化を進めている

世界の国々が 小異を捨てて 
大同についたり 個別の事情よりも
大義を優先させるには 
人類共通の危機である「外圧」が必要で
自国のエゴを放棄させうる「天変地異」が必要である

神は 人類の目を覚まさせる為に 
大きな危機を用意しているが 
天変地異は 刧払いや 自然の浄化や
人類を結束させる 一石三鳥の意味があります

(43)憑依の許可

質問者:ハイル禅師 人に霊が憑く事は
神が許可されているのですか?

私:厳密には 人間には 守護神・守護霊などの 
霊界の許可のある霊以外は憑依してはいけないのです

守護神は 神霊であり 守護霊は 高級人霊だが 
人を導くために許可を霊界から正式に頂いている
存在であり 死んですぐの身内の霊の場合は
「モグリの守護霊」となり 無免許で浄化不十分でも
あるので 子孫に 自分と同じ死因の病気などで 
迷惑をかける事も多い

家系に憑依している怨念霊や 
地獄から抜け出してきた先祖霊は
本来 人に憑依してはならず 1日 人に憑依すると 
1年の重労働などの刑に相当するほど重い罪となります

例外として 憑依霊は 子孫が神霊に詫びて
「救霊」を受ける為に御玉串を出すことで
「誠」を神霊が受け取り「恩赦」として 
その時点で 許された分だけ救済されるが
観音様や阿弥陀如来が不在では不可能です

良く巷の僧侶や霊能者が お祓いで霊を外すというが
神仏の許可がなければ お祓いで「因縁霊」は外れず
浮遊霊や動物霊が一瞬 外れる程度ぐらいのレベルの
モノが多いのです

(42)無限の根拠

質問者:ハイル禅師 潜在意識のパワーが無限である
根拠は何でしょうか?

私:潜在意識のパワーは確かに無限ですが
それは 個人の「我」の力ではなく 
神の分魂である 神力が発動するから 
奇跡が起こるのです いわば 他力の力です

古来より 賢者は 人の潜在意識の存在を知り
常人には理解できない 能力を発揮しました

その行いは「神技」「奇跡」と呼ばれ
洋の東西を問いませんが 西洋での近代科学の発達は
人間の本来持つ想念の力を「非科学的」と否定しました

潜在意識の力に再び光を当てたのは
フロイトやユングであり 
これら精神分析者達は 人の潜在能力を認め
常人は脳のパワーを3%しか使わず
97%は眠っていると解明した

最近では 脳波と潜在意識の関係を活用する試みもあり
大脳の前頭葉と呼ばれる前頭部から出る 
アルファー波が ベータ波やガンマ波を圧倒する時 
潜在意識がフルに発動すると説明したが 
その際 チャクラも開きます

事実 アルファー波と霊能が 
密接に関係し 霊層が高い人の 額から
脳波が放射するのは 守護霊にも みられる
共通点でもあり 精神性が向上した者は
常時 超能力や奇跡を発揮できるのです

ハイル語録厳選


02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



淡路島渡島船中にて