FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

現代社会に於いては 物質的にはある程度 満たされるよ
うになってきたが  現代人は真理に疎くほとんどの人は
仮の肉体や現実の目に見える物しか 信じようとしない

我々の本体は「霊」なのであり 肉体は一時的な借り物な
のである 多くの人が過信する科学も医学も未だに発展途
上の過渡期であり万能な手段になりえず 未解明な部分が
多いと言える

ハイル禅師語録では この未解明な部分に特に焦点を当て
あらゆる不幸や災難の原因を適切かつ明確に解説しており 
合わせて解決する手段も掲載させている 

本書を読むことで あなた方が正しい神霊知識を会得され
即実践し大いなる運命の改善と福徳の享受を祈る次第であ
ります



スポンサーサイト

(99)想念の世界

質問者:ハイル禅師 想念の世界が大事だと言う話が
ありますが 何故なのでしょうか?

私:人は現世では物質的なモノに捉われて生きていますが
物質の実現には想念が深く関わっているからです

例えば想念で こういう一戸建てに住みたいと強く念じると
霊界に家が建ちますが これを現実界に実現させるには 
時間と努力が必要です

また現世の人の縁にも「類は友を呼ぶ」の法則があるが
「他は己の映し」の如く 自分に見合った人を呼び込む
のも想念です

さらに人の「器」と言う言葉があるが 霊格以外に 
その人の想念の高さにも比例しています

例えば同じ日雇い労働者の二人が同じ現場で働くが
一人は毎日赤提灯の飲み屋で飲み食いしよう!と考え
一人は毎日社長になろうと考える人がいるとして
そのまま 想念の差が人生の差になります

人の運は最初から決まっている部分(宿命)が八十五%
で残り(運命)は十五%だが この十五%の所を高い志
の想念で努力する人には守護神・守護霊が応援され
運命全体が変わる

つまり現在不遇であったり 地位が低い人は前世からの
悪因縁だが 想念の持ち方次第で因縁を切り 運命を
変更することも出来るのであります

(98)後天的に憑依する霊

質問者:ハイル禅師  家系の霊以外の存在では
後天的に憑依するのは浮遊霊と地縛霊だけですか?

私:人はオギャーと生まれた瞬間に自分の家系に
憑依している怨念霊に狙われ 不成仏の先祖霊に
憑かれるが 後天的に憑くのが浮遊霊・地縛霊・
生霊・動物霊などとなります

動物霊は家系の因縁霊として存在している場合も
ありますが 浮遊霊・地縛霊・生霊は完全に後天的に
憑依してくる存在です

しかし厳密には自分と波長が合う他人の地獄霊が
飛んでくるケースも多く 例えば ある青年が悩みの
極致にあり頭を抱えていた時 地獄から波長の合う
自殺霊に背中に憑依され 猛烈に死にたい気持ちに
なったが この青年は霊眼があり この地獄霊の男が
見えたので必死に般若心経や呪文を唱えてみたが
祓えなかった

だが世界人類の幸福を必死に祈ると この地獄霊の男が
下の方へと堕ちていくのが見えたそうである

気持ちが沈むと 第三者の地獄霊が波長のロープを辿り
地獄から這い出て憑依しにくる事が実際にあるのである

これを「波長同通の法則」と言い 我欲やエゴは心を暗くし 
幽界で彷徨う霊や地獄で苦しむ霊を呼び寄せるが 
自分の心が天国界に入ると 波長が合わず 
地獄霊が苦しくなって 外れたのが理由であります

(97)大乗と小乗の違い

質問者:ハイル禅師 宗教に於ける大乗・小乗の違い
とは何ですか?

私:元来仏教は小乗であり キリスト教は大乗であるが 
仏教は「火」であり キリスト教が「水」となります

火は縦に燃え 水は横に流れるが 故に仏教は狭く深く 
孤立的で横の広がりがあまり無い

反対にキリスト教は大乗であるから 水が流れるが如く 
世界の隅々まで教線が広がるのである

しかし厳密には仏教にも大乗・小乗があり
南無阿弥陀仏は大乗であり 陰であるが
南無妙法蓮華経は小乗であり 陽となる

大乗は他力であり 小乗は自力だが 
南無妙法蓮華経の方は 確かに難行苦行も必要だと説く

だから南無阿弥陀仏の方が楽で 大衆に迎合されやすい

大乗・小乗が別々になっていたが
最後は縦と横を結ぶ十字型とならねば完成せず
千変万化・応現自在の活動こそ真理であって 
この十字型の活動が「観音行」の本義となる

因みに阿弥陀如来は法身(ほっしん)弥勒であり
釈迦如来は報身(ほうしん)弥勒となり
観世音菩薩の応身(おうじん)弥勒の
御三体を持って「三尊の弥陀」と呼ぶ

日の弥勒が観音 月の弥勒が阿弥陀
地の弥勒が釈迦であるとも言えます

(96)神仏は同一

質問者:ハイル禅師 神様と仏様は同一であると禅師は
述べられていますが なぜ分けられているのですか?

私:神様が五次元の存在であり仏様は四次元の存在だが 
次元別によって働きが変わるので分かれているのです

基本 神の化身の仏様がほとんどであり 同体異名だが 
人の修行で仏様になる者は限りなく少ない

神の文字は 示偏に「申」と書いてあるが
サルの意味ではなく 田の字の真ん中の縦の棒が
下へ抜けており 田の字は○に十から起こったもので
○は地球であり大地を示す

十の字は縦と横の結んだ形となり
縦が火で 横が水となるので カミとなります

大地は神が主宰し 無始無終であるから
上下の棒となり この意味を人類に示すから示偏が付く

仏は人偏であるから 人間の向上したものが仏であり
仏教とは真如の教えで 即ち 月の教えとなります

仏の言霊は「ホドケ」で 神は「結び」を意味し
仏教は精神主義であるから物質否定となるが 
これが禁欲主義となり山岳修行や禅の修行にも
現れたのであります

(95)頭を良くする方法

質問者:ハイル禅師 頭をよくするには どうすれば
よいのですか?

私:前世からの才徳を抜きに考えれば 一般的に人は
才能も運勢も健康も初めから決まっているわけではなく 
こうなりたいと想念を出し努力して思い続けるとそうなって
いくものであります 

想念は霊界を動かすので実現しやすいし
センスを良くする方法もいっぱい良いものを見て
体験していけばいくらでもよくなり 本当に良いものを
知らないから自分の中で 眠っているのです

抜群に頭の良い人もそうです
「頭が爆発するほど難しい本を毎日読む」のです
頭を良くするには 筋力トレーニングと同様
毎日の訓練の賜物でしかない

具体的には「言霊の宇宙へ」という菅田正昭氏の本が
読めれば賢くなるが 天才的な頭脳の秘密とは
頭が爆発するほど難しい書物を読む訓練をしていくと
頭の回転が常人より 五倍 十倍と速くなり
何でもマスター出来るようになります

このように 自分の限界を超えて努力精進していくと
本来眠っている自分の能力が目覚めるわけです

結果 人は原則的に 皆同じですから
能力も筋力も 努力しただけ身になり
やらぬだけ やせ細るのであります

(94)運の良い人からのプレゼント

質問者:ハイル禅師 運の良い人から持ち物をもらうと
運がよくなりますか?

私:霊格の高い人が ずっと祈っていると霊層が上がった
感覚になり 回りを見ると全部ピカピカの金色に光って
見えますが 本来モノは金色のオーラに包まれている
からであります

自分が最高の境地になると「神気」がわかるが
この金色のオーラこそが 神気の波動です

神気が見えないまでも 霊層が高い人の持ち物には
高い霊界の境地で 運が良い世界からの心で
モノを見ているから 良い霊界の波動が出ており
それをもらった人や 借りた人は高い霊界の波動
(運気)を受け取るので 実際に運がよくなります

逆に低い想念の人の持ち物や身につけていた物を
もらったり 使用すると その低い霊界 即ち
運が悪く 不幸な霊界の気をモロに受けるので
冴えない運気となります

世の中には貰い乞食みたいな人がいるが 
運気の悪い霊層の低い人からモノをもらうと 
かえって霊的に損するわけです

観音様のかかった 岡田茂吉氏の話だが
自分の杖を山登りの際 足の悪い人に貸した所
下山の際 杖を返してもらえなかったという

なぜなら 杖を借りた人の足が治ってしまい
頂上で杖を忘れてしまったからであります

(93)神の功徳は人を通す

質問者:ハイル禅師 現代医学で治らない病気を神が
治療されることがあるのでしょうか?

私: 科学的定義で言うならば 目に見える力ほど弱く
目に見えない力ほど強いと言う原理があります

人の力では 何馬力・何キロと言う限度があるが
神の力は無限である 

即ち 科学で唱える粒子説では 人間の霊は
粗粒子であり 神様の霊は 微粒子だが
勿論神様も 神格が上がるほど微粒子の密度は
高くなり それと共に稀薄にもなります

このように粗粒子ほど弱く 微粒子ほど力が強い事を
知るべきです
 
最高級の神を神道では「幽現微妙」と表現するのも 
この理によります

現代医学で治らない病気の治癒どころか
寿命を延ばす力も神霊にはありますが 
まず条件として 神仏が人を救済するには
「人の手」が間に必要なのです

三次元世界でも「神は絶対的存在」だが 万能ではなく 
必ず人の手を通しますが 正神に金運を祈っても 
人の手を通して功徳が来ます

だから病気を治すには人の縁で「救霊」を受ける 
「因縁を切る」など神仏は人を通して功徳を与えるので
心を素直にして執着を捨てれば 良き神縁ができ 
助かる側になるわけであります

(92)前世からの「徳分」

質問者:ハイル禅師 前世からの「徳分」は基本は現金に
変化するものですか?

私: 前世の「徳分」は 善徳の貯金のことであり
この徳分は 化する働きとして 現世に於いて
地位・名誉・お金・伴侶・良い職業などに変化して
幸運をもたらす元になります

普通に考えれば現金は労働を通して手に入れるが
多くの皆さんは仕事をしたから現金が報酬として手に
入ると考えています
 
だが事実は徳があるので受け取れるのです

会社での仕事は一般的な手段にすぎず
三か月~六か月も給料なしで働いて
仕事を辞めることも許されない社員も居る

このように人が手に入れる現金の額にも
徳分が作用するが その証拠に重労働で
報酬が少ない人から 軽労働で報酬が多い人も
存在しており 成功している有名芸能人の徳分の
大きさも納得出来るでしょう

つまり重労働で給料が安い人などは労働が「刧贖い」
になっており 刧を祓い財徳を積んでいるが 
報酬が少ないので生活苦ではある

例えば三百万を株投資の五年間で三十億にした人には
① 自分の能力 ② 金儲けに集中できる環境や健康 
③ 悪因縁が少ない人と言うように複数の徳があります

(91)往生と往死

質問者:ハイル禅師 人は死ぬと身体のどの部分から
魂が抜けるのですか?

私:仏教に於いては 人の死を「往生」といい
現実界からみれば「往死」であるが 霊界から見れば
誕生なので 即ち往生と言われるのです

死に際し 霊魂が肉体から離脱する際 概ね人体の
三か所から出るが 生前に行いが良かった者は「前額部」 
普通の者は「臍部」 罪が重かった者は「足部」になります

その理由として生前に善を行い徳を積み 霊が浄化された
者は おでこの御魂の位置から出るが 生前に罪穢を
重ねた者は汚濁がきつく 不浄な足部から出るので
相応の理に適っている

西洋の看護婦の手記に「私は今や死に際する病人を
凝視すると額の辺から 一条の白色の霧のようなものが
立ち上り それが空間に緩やかに広がりゆき 徐々に
雲煙の如き一つの大きな塊のようになったかと思うと
間もなく生前そのままの姿になりました
 
霊体は自分の死体と悲嘆にくれる近親者を見下ろし
自分の存在を肉親に知らせたい風であったが
諦めて窓から去って行った」と述べている

他の話にも 数か月以内に父親を亡くした子供が
父親が煙の中から 現れたと目撃しているが
死の直後以外にも雲煙で霊が現れる事が多いのです

(90)供え物を食べても良いのか

質問者:ハイル禅師 仏壇に供えた食べ物は人が食べても
良いのですか?

私:神棚に供えた食べ物には 神気が入り美味しくなり
仏壇に供えた食べ物は「気」が抜けて不味いのだが 
仏壇の霊達に断りを入れて 食べてもよく
供えてから二十分後が最善であります

一般的には お供えする時間は二十分~三十分ですが 
その間に先祖霊が酒や食べ物などの「気」を食べるので
物質は霊的に見ればカス同然になる

実は生きている人間も物質に含まれる食べ物の「気」を
食べているが 物質ごと身体に取り入れています

その証拠に 二週間水断食をした僧侶が お粥を一口
食べた瞬間に100回ほど跳び上がれる元気が出たと
言うが 口に含んだ瞬間ですから身体にまだ栄養分が
吸収されない内だったからです

我々人間も霊界の霊も食べ物に含まれる霊的エネルギー
によってパワーを得ていたのである

だから缶詰などは美味しくとも 気のパワーが無く
新鮮で旬な食べ物には「気」が多いわけで
料理には作り手の「気」や「愛念」も大事であり
同じ材料でも作り手によって味が変わるのはこの為です

特に霊界の霊にとっては愛念の籠った食べ物の気が全て
なのであります

(89)株での生活資金の稼ぎ方

質問者:ハイル禅師 私は五十万円の資金がありますが
株の現物取引で 一か月の生活費が稼げますか?

私:五十万円ではFXでいう所のレバレッジなしの現物取引
では 生活費を生み出せませんが 一か月に1割強は
充分可能です *利益が5万円~7万円程度

株の現物取引で 年十五%平均で利益を上げ続けられる
人は実力者ですが ディトレードで実際に資産を順調に
増やせる人は 二割以下だと言われています

なぜなら投資とディトレードを一緒にしているからであり
損切りが心理的にできない人が圧倒的に多いからです

また私の経験では株式市場が朝九時に始まり
十時までの一時間でその日の株価の底値と天井を付ける
銘柄が八割にも及んでいます

また現在の社会情勢では 中・長期投資は危険であり
日計り商いが主流だが 事実日計りの方が圧倒的に
利益率が高いのは常識です

日計りの現物株で一か月の生活費を出すには 
私は二百万円を準備すべきだと思います 

その資金で一日に二万円の利益を目指せば
二万x二十日=四十万となり 休日が多い日や出来高が
閑散の日のリスクで十万円を差し引いても 三十万円は
確保できます

投資手法は順張りが二割で逆張りが八割ぐらいの比率が
成功者に多いのは逆張りの方が上昇幅と上昇確率が
高いからであります

(88)盛運期と衰運期の意味

質問者:ハイル禅師 盛運期と衰運期の時期の
バイオリズムが なぜ人にはあるのですか?

私:盛運期と衰運期とは人から見た尺度であり 
神の目から見れば内面的なものを磨く時期と
外へ出て活動する時期の陰と陽の違いであり 
どちらも必要な好運気と解釈されています

人は御魂磨きで生まれてきており 内外両面の世界を
磨く必要があるが 盛運期ばかりだと 人は成功で増長し
傲慢になります

また衰運期ばかりだと やる気と自信を無くし
卑屈になり 陰極まると死にたくなるのが常である

だから陰極まると陽に変わり 陽極まると陰となり 
バランスを取るのが自然の摂理となります

衰運と盛運は 陰と陽で解釈すべきで
内面的進歩と外面的進歩と捉えるべきです

荘子の言葉に「盛運期で自分が認められて
社会的に評価されている時も増長魔にならず
淡々と栄光と成功の上を歩いて精進を怠らない
また衰運期で己の実力と技量が認められなくて
普通なら悶々と苦しんでいる時もちっとも腐らないで 
営々と努力を重ねて怠ることが無い」
これ即ち真人なりと

衰運・盛運 関係なく日々平常心で精進努力する
姿勢として至言であります

(87)悪方位ばかりを取る行為

質問者:ハイル禅師 気学で言う悪方位ばかり取ると 
どうなるのですか?

私:悪方位ばかりを取って命がけで実験された人も
存在しましたが 大変危険であり死ぬ事もあるので 
私はお勧め出来ません

悪方位を連続で次々取るとマイナスの気を受け続けるので
自分の持っている前世からの劫・性格の悪い面・家代々の
悪いカルマや霊障が噴き出してくる為 不運の連続となり
苦しみと葛藤と 思い通りにならない日々が続きます

中村文聡と言う人が「七大凶殺」と言う本の中で
五黄殺・暗剣殺の悪方位を取り 死んでもよい覚悟で 
弟子と実験した結果 五黄殺の家の師匠も 暗剣殺の
家の弟子も夫婦喧嘩・事故・骨折・火災の連続でした
 
だが二人とも十一年七カ月目に刧が晴れて見事開運し
気学家として有名になりました

その結果 最凶の悪方位でも 十二年で刧が抹消され
大吉に変わると述べている

徳の高い人は気学でも四柱推命学でも言われるように
悪方位に影響されにくいが 全部 刧が取れてしまった
人でもマイナスのストックがないのでほとんど影響を
受けません 

無論 神を信じればカルマが消えるわけではなく
前世の刧(悪業)が取れた人と言う意味であります

(86)億のお金を稼ぐ方法

質問者:ハイル禅師 億のお金を稼ぐ方法を教えて下さい

私: 現世では経済力が無ければ何もできず
億万長者になりたい人は無数に存在します
しかし起業で成功する確率は0・1%以下なのです

例えば現世で大企業の社長となり 数十億の資産が
ある人がいるが 前世では貿易商人や牧場主など
人や物を動かして お金を稼ぐスキルを身に付け 
寄附などで徳を積み 輪廻転生を通して下の身分から
出世してきた御魂であり 現世の努力だけで成功した
わけではありません

つまり成功者は前世で社会に私財を還元した徳を持ち
金を儲けるスキルを蓄積してきたアビリティーを持つから
ITなどで発明が浮かび大金持ちになるのです

だが私は皆さんに成功法を教えますが 基本的に他人の
三倍頭と体を使う事で刧が減り 財徳が増え 必死の努力
で守護霊が強化されます 

まず「三百万」の種金を作る事が第一条件となります

三百万を貯める事が出来た人は第一段階の達成運と
忍耐力を持ち そこから起業するか投資で儲けるかに
分かれます

どちらの道も険しいものだが才能がある人なら
三百万を数億にする事も可能であります

(85)刧の抹消法

質問者:ハイル禅師 刧(ごう)の抹消には何をすれば
よいのですか?

私:人間は誰しも過去世からの「先天の刧」を持ち越して
いますが 厳密には刧とは先天の悪因縁であり 
悪業とは後天の悪因縁だが どちらも霊的な借金と言える

「刧」ごうの存在に付いては 私のように見識を持つ人が
少ないので運命通りの人生を多くの人が送っているが 
知らず知らずの内に人間は誰しも一生の間に「刧」の
抹消をさせられています

刧の抹消が具体的に どういう形で来るのかと言えば
① 死の苦しみ(事故死・夭折・災害死) ② お金の苦しみ 
③ 病気の苦しみ ④ 人間関係の苦しみ 
⑤ 職業の苦しみ などで来るのです

これを「刧贖いの五段活用」と言うが いわば強制返済とも
言える

つまり 刧のほとんどない人ほど幸福度が高くなり 
五段活用から遠のき 天寿を全う出来る訳です

人によっては刧が晩年に来て 一気に清算を迫られる
場合があるが この際には災害で死んだり 殺害されたり
するケースが多い

消極的な刧の抹消とは ただ苦しむだけですが
積極的な刧の抹消とは 苦に立ち向かって
徳を積んでいく事であり 必ず一生涯掛けて
先天の刧の抹消をさせられるわけですので
積極的に徳を積み 罪因消滅に励むのが良いのです

(84)天中殺や大殺界の過ごし方

質問者:ハイル禅師 天中殺や大殺界のときは
細木氏の言うように 動いてはダメなのですか?

私: 細木氏の六星占術は易学・万象学・算命学をもとに
生み出したとされ 十二の運気の内 健弱が小殺界 
乱気が中殺界 陰影・停止・減退の三つが
「大殺界」とされています

天中殺や大殺界は四柱推命で言う「空亡」のことであり
空亡とは十干十二支の組み合わせの「ズレ」のことである

厳密に四柱推命を観ますと空亡になっていても「解空」
すなわち「空亡解」になることが多く 本当の空亡中の
空亡は四分の一の確率です

だから天中殺や大殺界であっても 四分の三は空亡が
解けており 四分の一が天の空亡期である本当の
天中殺・大殺界なのである

細木氏は四柱推命の本質的な意味を深く学ばれておらず
大殺界の時期は何もするな!と言われるが 
天中殺の空亡期に芸能界の事務所に入り 人間関係の
葛藤や安い給料や裏の金が動く醜さなどドロドロした所を
苦労して体験すると劫が取れて 本当の実力が身に付き 
開運期に別の事務所に移った際 飛躍出来るのが
真相であります

また大殺界で開運して結婚したり 表彰されたり 
優勝する人もいるので大殺界には慎重に動けばよい
のであります

(83)霊界での年齢

質問者:ハイル禅師 例えばお爺さんで亡くなれば
あの世でも お爺さんなのですか?

私:人は死後 しばらくは生前の姿だが 時間が経つに
つれて 自分の心の内面が姿や形となって 顕現化して
きます

例えば天国霊界に上がる人は 一般的に男性は三十歳
女性は二十歳ぐらいで若々しくなっています

もちろん少年や少女の姿でプール遊びをする天国霊も
いますので年齢の希望も通りやすい

また神様でも「童顔」が多く 少名彦之尊も十六歳前後
の童顔姿と言われており 中にはお爺さんの神様も
いますが目が澄んでパッチリと開いています 

* 私は霊格の高いお爺さんの修験者で
目がパッチリを目撃しているので納得です

ところが下層域の霊界に落ちると 好青年が亡くなっても 
醜い老人の容姿となっていく人もいますが その人の
想念が暗く醜い分だけ容姿に反映されるのです

あまりにも執着や残虐性があった人は
死後は動物や人獣のような姿となり
元人間なのか?と思えるような霊も存在します

最後に人が生まれた時 赤ちゃんがシワくちゃの人は 
老人の再生であり 前世の寿命が長かった人であります

逆につるんときれいで 生まれた赤ちゃんは
前世が短命の人の再生なのであります

(82)運の出所

質問者:ハイル禅師 易学などで 先天・後天と言う言葉
がありますが どう違うのですか?

私:易学で言う先天・後天とは「運」の出所を指す言葉
であり 先天運とは先天的に持っている運であるが
母親から「オギャー」と生まれる前が「先天」であります

要するに十月十日間のお腹の中にいる時に先天運が
形成されます

後天運とは生まれ落ちた瞬間以降に形成されて行く運
であり 重要度から言えば 先天八割で後天二割という
比率となり 先天の徳分だけで既に一生の命運が 
ほぼ確定しているからであります

オギャーと生まれた瞬間 その時の木火土金水の星の
位置によって年月日時の四本の柱で人の運勢を見るのが
「四柱推命」です

生まれた日がその人の「人間性」を表わし
月は自分と母親との関係 年は自分と父親との関係
時間は自分の晩年運を示します

これら自分の生まれた命式で重要なのが全体のバランス
であり いくら良い星があってもバランスが悪いと駄目なの
である

四柱推命の的中率は八十%を超えるが 人が生まれた
瞬間に運命の大半が確定するからです

また五柱推命もあり 生まれた瞬間から さらに十月十日
を遡及し胎内で受精した瞬間を見るので 九十%を超える
的中率となります

(81)幽魂からのキャッチ

質問者:ハイル禅師 神とか高級霊の意図をキャッチ
出来る人と出来ない人の違いは何ですか?

私:神や高級霊の意図として霊界から人に使命や危険を
絶えず知らせているが 霊層界には人間一人一人に
「幽魂」が存在しております 

この「幽魂」に命令や危険回避が下るのです つまり人は 
肉体と霊体の多次元構造なのである

神や高級霊から来た情報を幽魂がキャッチして 
人間界の霊体の中府にある自分の「現魂」に向かい 
霊線を通じて伝達します

しかし一般の人間が神の命を直感しうることは至難であり
ある程度 浄化された霊体の保有者にして可能となる

それは大多数の人間は多量の曇り(罪穢れ)に遮られ
感知できないばかりか 其の曇りを利用する 邪神・邪霊
によっても妨害されているからです

もちろん霊層界に存在する幽魂は それ自体の階級に
よって 使命も運命も差別があり即ち上位にある幽魂ほど 
神命も大きく 幸運でキャッチしやすく 下位に降るほど
薄幸となっていきキャッチしにくくなります

ゆえに地上の人は霊層界にある自分の幽魂の位置を
向上させるべく絶えず「徳」を積む努力が必要となります

(80)人間の生誕目的

質問者:ハイル禅師 人間が地上に生誕する目的は
何ですか?

私:人間が現世に生まれるのは 神の「命」によるのだが 
生命の「命」と同一であるのも その理由なのであり 
神の命で生誕するので自分で命を絶つことも重罪と
なるのです

誰しも思うことは人間は 何が故に生まれたかと言うこと
です この事を真に把握しなければ 正しい行動も
安心立命も得られず空虚な酔生夢死的人生に終わる
恐れがあります

神の意図とは何かと言えば この地上に理想社会である
地上天国を建設することであります

現時点に於いても全てのモノが 生成化育進歩発展の
途上であり極まることがないが 現在までの世界の歴史は
地上天国への基礎的工作への布石に過ぎなかったと言える

神は一人一人にそれぞれの使命を与えて 特徴を持たせ 
生き変わり死に変わり 理想社会に向かって前進させて
おり善も悪も 戦争も平和も 破壊も創造も 進化と精神
の昇華向上に必要なる一過程に過ぎなかったのであります

従って全人類は野蛮の衣をかなぐり捨て 病貧争を無くし
神人合一しつつ高度の文化人たる域に 
到達しなければならないのであります

(79)徳分の増減

質問者:ハイル禅師 人は幸福な事が起こると徳分が
減るのですか?

私:人間は生まれた瞬間に陰陽五行により運命や寿命が
大方確定するが 前世からの持ち点である「徳数」は
現世では徳分となり 幸福な事が人生で起こると減って
いくのは確かであります

例えば宝くじで高額当選する人がいるが これは前世の
貯金なので 当たれば「徳分」が大幅に減ります 

厳密に言えば先天世界にある徳数が「化する働き」で
地上に現象化したので消えるのである

また前世の徳分が少ないのに芸能界で売れたりして
人気が出ると怖いのですが 「陽」を受けた反動として
「陰」を呼び込むからです

前世の徳分が少ない人は劫が多く守護霊も弱いので 
極陽を受けると極陰となるのだが 歌が大ヒットすると
肉親が早死にしたり自分が病気や事故で死んだりと
言うことが起こるのです

これは前世からの持ち点が少ないのに極陽を受けた
からだが 私生活に於いても奢侈贅沢ばかりに耽ると
徳分が無くなり 急速に寿命がきます

ですから幸福な事が起こると注意して「徳」を積むように
努力し続ける必要があります
 
芸能人でも陰徳に励み 物施・体施が出来ている人は
「息が長い」のである

(78)神霊能力の習得に必要なもの

質問者:ハイル禅師 神霊能力などの習得に国語力が
必要なのは理解しましたが あと何が必要ですか?

私:霊能力修行には先天の修行と後天の修行があり
先天の修行とは自分を捨てる修行にあり
それが出来た人に備わる能力が神霊能力なのです

一般に霊能者は自信と念力があるので 傲慢な人が
多いのだが 霊能力と言うのは自信を持ち 念をぐーと
張り広げないと霊力が出ないのでやむを得ない面もある

ところが神力とは違うわけです 天地を動かす力とは
「己をどこまで無くせるか」「自分を捨て切るのか」
「捨て続けられるのか」 つまり 開いたり閉じたりが
自在に出来るのが神霊能力なのである

霊力と神力を両方使うためには伸縮自在でなければ
ならず 頭や体質が固い人や行を積んではダメで
行者は固いのでダメなのである

生ける神を使える人とは頭と身体が柔らかくて 行とか
念とか術ではなく 愛と真心一点で日々神の御心に合う
ような生き様をしていると神の方からやって来るのだが 
これが先天の修行であります

結果 霊力は自力であり 神霊能力は神の他力である
ので雲泥の差があるが この二つは相関関係にある
もので自力と他力が十字に組むのが理想と言えます

(77)地獄からの改心

質問者:ハイル禅師 死後に地獄に落ちた場合でも
カムバックできますか?

私:死後に地獄に落ちた人がカムバックするには
最低でも この世にいる時に学問を学び反省すること
を学んだ人となります

反省するとは「改心」することであり 改心するとは
「口」と「心」と「行い」が変わることを言うが 
この三つが出来た者が地獄から這い上がることを 
神に許されるからです

改心とは自分の性格を変えることであり 例えるなら
ローマ時代の貴族の際 コロッセオで奴隷をライオン
に食わせて快感を感じていた者が 逆に自分が身代り
に食われてやるぐらいの心境に変わることなので 
いかに地獄から上がることが至難であるか分かると思うが 
故に自力で地獄から出られない者も極めて多いのである

実は天使でも地獄から復帰した者も多く 本当の「善人」
になるにはピンキリの体験が御魂に必要なので 現世では
あらゆる残虐行為なども存在しているのです

悪を極めた者は善に変わるのが御魂の修行と言え 
神仏でもこのパターンが多い

究極の大魔王は堕天使ルシフェルではなく 創造神で
ありますが ルシフェルも國常立大神の化身なのです 

結論として最下層の地獄からでも改心すれば復帰できる
可能性が誰にもあるが 改心が出来ない霊が多いので 
神が代わりに子孫が徳を積み供養や救霊で恩赦出来る
ようにしたのであります

(76)患者の死亡経緯を霊視できる霊能者

質問者:ハイル禅師 一流の霊能者の場合 ある人が
病気で死亡した際に何が原因でどういう過程で
そうなったのか説明できるのでしょうか?

私:一流の霊能者とは 神の位に達した者であるので
太陽系の星から 犬・猫・草・花や 自分の内臓とも
意識で会話ができる為 具体的に説明ができるのです

例えば ある患者が尿毒症が原因で亡くなったと医師が
判断するが 神位の霊能者は尿毒で亡くなる前に腎臓の
左の上が悪く その前に大腸に疾患があり その前に
肝臓の右半分が悪く その前に心臓の右心房を痛めたが 
その原因が左目の奥の脳に憑依した「怨念霊の三体」で
あると述べていた 

この患者は最初に左目が失明して 次に心臓が肥大して 
肝臓が腫れて 結局 尿毒が回って亡くなったので
プロセスの精緻な合致により 経緯を聞いた親族は
吃驚仰天している

例えば近代の大霊能者エドガーケーシーでも睡眠時に
高次元意識体より霊界通信を受けて当時の医術に無い
治療法で多くの人を助けていますが 病人の根本的な
原因がわかるからであり 霊障の克服法や漢方薬の調合
に精通していたのです

ただしケーシ―の場合は目がさめれば ただの無知な
クリスチャンに戻りましたので自覚は無かったので
あります

(75)生誕できる条件とは

質問者:ハイル禅師 霊界から地上に生まれ変わる際
中有界以上の霊層ランクからでないと生誕できないと
大川隆法氏の書籍で学びましたが 本当ですか?

私:仏教系や神道系の最先端の宗教団体では
霊人はいったん調和のとれた中有界以上からでないと
生誕できないと確かに述べていますが 事実は
どの霊界からも生誕できるのであります

地獄からは生誕できないと言う霊能者や宗教家が多いが 
実際に霊界に行って見て来た深見氏によると 
地獄からでも転生の可能性があると言われています

私の研究でも深見氏の見解が正しいと見ています
なぜなら奇形や不具者で生誕する者がいるからであり 
いったん調和のとれた霊界からの生誕であれば
五体満足で生誕するからである

さらに中有界からの転生者が大地震や大洪水で亡くなる
のもおかしいからです

また私が書いてきた内容などを神に質問しても解答を
得られないのは人が九十九%の努力と研鑽をしていない
からで怠け者にさせない為です

霊界にも教会や科学研究所があり 真理の探究が
行われているが 不思議なことに一定の霊層界で
色んな議論をしている霊人の科学者や神学者よりも
地上にいる私の方が研究が進んでいる内容が多いのは
大きな使命を持つ霊層の人が生誕しているからであります

(74)邪気・邪霊を外す方法

質問者:ハイル禅師 邪気・邪霊は自力で外せる
のですか?

私:先祖代々から家系に憑依し続けている怨念霊や
不成仏の先祖霊は神の許しのある「救霊」でなければ
外れないが 人生の途中で憑依した邪気・邪霊及び
動物霊は自力で外せる余地があります

例えば怠け者で部屋をゴミだらけにして汚くする人は
怠け者で不浄な人霊狸が憑依して眠くさせて無気力に
させたりドジをさせたりしますが 自分の意志力で想念を
転換し 部屋をきれいに清掃すると邪気や人狸霊は
コソコソと逃げ出します

また邪霊は人の間違った観念部分や歪んだ骨の部位や
想念部分に憑依しますが 正しい真理を学び研鑽すると
「見破られたァ」と言ってその人から外れます 

なぜ外れるのかと言えば真理を学ぶと霊層が上がり
御魂が光り出すので眩しくて憑いていられないからである

邪気も風呂場で天然塩を体に磨り込みシャワーで流すと 
ある程度は外れる効果がある

人間の生誕理由が御魂磨きであるので 神は人間の隙や
欠点部分に邪霊等を敢えて憑依させて修行させるのだが 
神に目を付けられた使命を持つ人や素質のある人ほど
「魔や邪霊の打ちこみ」が強くなる傾向があります

(73)瓜二つの他人

質問者:ハイル禅師 私はエステサロンで自分と瓜二つ
の顔の客人と店主の勧めで会いましたが 髪型や前歯
の歪みもソックリで鏡を見ているようでショックでした
また生年月日もまったく同じで驚愕しましたが 
なぜここまで似たのでしょうか?

私:世の中には自分と似た人が三人いる話もあるが
あなたの場合 ソックリさんと生年月日だけではなく
時間と分まで同じだと思います 

人間の容姿は生年月日と時間により 親の遺伝子より
も星の波動により完璧に決まっており 多くのパターン
が存在するのである

美人でも「美人星」と呼ばれる星の波動を受けており
美人の中でも数百種類以上の顔のパターンがあります 

結論を言えば他人でも「生年月日・時間・分」まで
同じであれば「先天運も同じ」であり 顔以外に
髪型・歯型・家族・寿命までソックリになる

店主が紹介した客もあなたと同じエステサロンに通って
いたわけで似た性格と運命だと言える
 
遺伝学的に観れば先祖が同じ出身者であることも多い

現実的には似過ぎると笑えずに驚愕するが 
鏡を観るレベルだと衝撃も大きい

私も瓜二つの他人を数回目撃しているが そのうちの
一人は父親と全く同じで双子かと思うほどでした 

人間は太陽系の星の波動を生誕時に浴びる事により
前世の徳と劫に見合う家系に生まれ 運命も容姿も
決まるわけです

自分と瓜二つの相手を目撃した際は生年月日・姓名・
職業・家族構成等を聞いてみると共通点が多い事が
分かります

(72)死後の体験

質問者:ハイル禅師 人は死後どういう体験を
するのですか?

私:人は死ぬと猛スピードで暗いトンネルを抜けて行き
気が付くと自分の遺体の上方から見下ろし
家族や医者なども見え 会話も聞こえています

四十九日の間は 葬式を見たり 家族と名残を惜しんだり 
職場の引き継ぎを見に行ったりしているが
この間は霊界で死者の書類審査が行われています

四十九日までには 迎えの霊に従って
幽界に行き 野原を歩き続けます

川の手前で脱衣婆に白衣に着せかえられて三途の川を
渡りますが その際 生前の行いによって色が変わる

色分けが選別されたあと 幽界の庁の閻魔大王の判決を
受けますが三十年の執行猶予があり その間 その人の
守護霊だった者や教誨師などが指導をします 

この三十年の間は子孫の供養が届きます
暗い幽界で修業中の霊は 子孫が花を供えると 
パッとその部分だけ明るくなります

改心出来ない者は判決通りの霊層に行き
改心出来た者は少し上げてもらえます

霊達は天国・中有・地獄の大きく分けて
この三段階のいずれかの霊層界に入り
自分にふさわしい修行が始まるのである

(71)神の声が聞こえる霊能者の真偽

質問者:ハイル禅師 私は神の声が聞こえると言う人に
会いましたが 本当なのでしょうか?

私:過去に私自身霊能者を巡り 自分が神だとか神の声
が聞こえるとか @@の尊の降臨御魂だと言う人達を
つぶさに見てきました

まず嘘か本当かを見分ける(審神)<さにわ> する
コツだが その人の人格と品格を観るのが初級レベル
の審神となります

神道には「言霊」があり ① 御魂はミタママ 
② 人格は神格 ③ 姿は素の型となり その人と
霊的にも同じレベルのモノしか感応しないし
話しかけてこない法則があるからです

また素晴らしい人格者でも性格や心の欠点部分や
間違った教理や思想の観念部分には
邪霊が憑いて話しかけてきます

彼ら霊能者に必要な資質とは魔の入る隙のない愛に
帰一して間違った考えを柔軟に謙虚に反省できる至誠と
先賢の生き様や智慧の普遍的な哲理を学び 霊的に少々
狂っても自分で元に戻せる心と知恵のバネ力や 体験から
湧いてくる蘇生力や真の教養を持つことです

邪神が巧妙に話しかけても「そう言われても この考えは 
おかしいのではないか」と盲信せずに自分で審神する習慣
を持つべきであります

現実的には神ではなく 動物霊か僧侶クズレの霊達の場合
がほとんどなのであります
ハイル語録厳選


08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



淡路島渡島船中にて





































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。